前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
73件中 1 - 10件表示
  • ウクライナ

    ウクライナから見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    2006年6月22日、ウクライナ最高議会選においてユシチェンコ大統領派の与党「われらのウクライナ」が惨敗。これを受けてティモシェンコ率いる「ティモシェンコ連合」と「われらのウクライナ」およびウクライナ社会党の3政党は議会多数派を組む合意が成立した。しかし、その後は人事をめぐり議論は紛糾、3政党間の亀裂は深まっていた。議会選挙で最大勢力となった地域党が議場を封鎖する間に社会党は連合を離脱した。地域党、ウクライナ共産党の支持を受け、社会党党首モロスが最高会議議長に就任した。その後、この3党は議会多数派の合意書に調印し、大統領に対し、地域党党首ヤヌコーヴィチの首相指名を提案。結果、8月にヤヌコーヴィチ内閣が成立した。しかし、大統領との権限争いで議会も分裂し、両派の妥協の産物として最高会議は解散し、2007年9月30日に臨時最高会議選挙が行われた。12月、ティモシェンコ連合とわれらのウクライナが連合する形でティモシェンコ内閣が発足した。ウクライナ フレッシュアイペディアより)

  • ロシアの新興財閥

    ロシアの新興財閥から見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    ロシアではプーチン政権の誕生と共に影響力が失ったオリガルヒであるが、ウクライナでは2014年現在においても、オリガルヒが政治、軍事、経済すべてにおいて実権を握り、国内の混乱を招いている。親露派のオリガルヒとしては前大統領のヴィクトル・ヤヌコーヴィチが有名であり、一大グループを形成していたものの、2014年の政変後に、資産が没収されるなど影響力を失ったとされる。また、元首相で親欧米派のユーリヤ・ティモシェンコは新興財閥の一人であり、1995年から1997年まで、ウクライナ統一エネルギーシステムの社長を務め、1996年には、ロシアからの天然ガスの主要な輸入業者になり「ガスの女王」と呼ばれた他、海賊版ビデオ商品の密造・密輸など違法な方法による収益で多額の資金を得たとされる。ロシアの新興財閥 フレッシュアイペディアより)

  • ユーリヤ・ティモシェンコ

    ユーリヤ・ティモシェンコから見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    オレンジ革命を共に主導したユシチェンコとはその後政治路線を巡る対立が顕著になり、政界内で孤立していく。2010年には巻き返しを意図して大統領選挙に立候補したが、ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ前大統領に第一回投票、及び第二回投票の双方で落選する。敗北後に投票操作による陰謀論を主張し選挙の無効を訴え、法廷闘争に持ち込む構えを見せていたが「裁判所を信用できない」として、結局訴追を取り下げた。ユーリヤ・ティモシェンコ フレッシュアイペディアより)

  • ペトロ・ポロシェンコ

    ペトロ・ポロシェンコから見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    人気菓子メーカー「ロシェン」のオーナーであることから「チョコレート王」ともあだ名されるウクライナ有数の富豪で、1998年に政界に進出してからは親露派政党である地域党の結成に関わった後、ユシチェンコ大統領、ヤヌコーヴィチ大統領らの下で国家安全保障・国防会議メンバー、外相、経済発展・貿易相などの要職を歴任、2007年2月から2012年まではウクライナの中央銀行であるウクライナ国立銀行の理事長もつとめた。ペトロ・ポロシェンコ フレッシュアイペディアより)

  • ミコラ・アザロフ

    ミコラ・アザロフから見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    ミコラ・アザロフ(ウクライナ語:ムィコーラ・ヤーノヴィチ・アザーロウ、1947年12月17日 - )は、ウクライナの政治家、第14代首相(2010年?2014年)。2002年から2005年まで、また2006年から2007年まで第一副首相兼財務相を、また2004年末と2005年初頭の2回にわたって首相代理を務めている。2010年の大統領選挙でヴィクトル・ヤヌコーヴィチが勝利したことに伴い、彼の後任として地域党党首となり、2010年3月に首相に任命された。ミコラ・アザロフ フレッシュアイペディアより)

  • 宇露関係

    宇露関係から見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    2004年にオレンジ革命の際、ウクライナ大統領の選挙にロシアが介入したにも拘らず、親露派のヴィクトル・ヤヌコーヴィチ候補が敗北した。以後、5年にわたって両国の間にマスコミにおける情報戦が行われた。また、二つの「ガス紛争」(2005?2006、 2008?2009)があった。宇露関係 フレッシュアイペディアより)

  • ロシア・ウクライナガス紛争

    ロシア・ウクライナガス紛争から見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    2006年3月、ウクライナでは総選挙が実施され、ロシアとの関係強化を主張する野党が大幅に議席を伸ばした。また、ティモシェンコもユシチェンコ政権のロシアに対する弱腰姿勢を批判し、第二党に付けた。ユシチェンコ大統領の与党は第三位党に転落し議会内の多数派工作にも失敗し、8月にヤヌコーヴィチを首班とする内閣が成立した。連合協定の中でヤヌコーヴィチ首相は「NATO加盟は国民投票で決定する」として、ロシアに配慮する姿勢を見せている。ロシア・ウクライナガス紛争 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の政治

    2010年の政治から見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    ウクライナ大統領選挙は有効投票の過半数を獲得した候補はおらずヴィクトル・ヤヌコーヴィチ元首相とユーリヤ・ティモシェンコ首相の上位2人が2月7日の決選投票へ進出が決定2010年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 地域党

    地域党から見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    2014年ウクライナ騒乱では反政権デモの混乱の中で2月22日に地域党からは数十人の国会議員が離党をし、連立を組んでも過半数を維持できない状態に陥り、野党に転落した。2月23日、地域党はウクライナから逃亡したヤヌコーヴィチ元大統領について「卑怯な逃亡」「人命の損失、尽き果てた国庫、莫大な債務、ウクライナ国民と世界から見た恥」と決別を宣言した。地域党 フレッシュアイペディアより)

  • ドネツィク

    ドネツィクから見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    2004年ウクライナ大統領選挙で、ドネツィクでは大部分がが勝者として発表していたヴィクトル・ヤヌコーヴィチ候補に投票していたが、この投票結果は後に裁判により無効とされた。これにより再び選挙が行われ、ヤヌコーヴィッチは決選投票で落選する。ドネツィク フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
73件中 1 - 10件表示