前へ 1 2 3 4
39件中 1 - 10件表示
  • ウクライナ

    ウクライナから見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    2006年6月22日、ウクライナ最高議会選においてユシチェンコ大統領派の与党「われらのウクライナ」が惨敗。これを受けてティモシェンコ率いる「ティモシェンコ連合」と「われらのウクライナ」およびウクライナ社会党の3政党は議会多数派を組む合意が成立した。しかし、その後は人事をめぐり議論は紛糾、3政党間の亀裂は深まっていた。議会選挙で最大勢力となった地域党が議場を封鎖する間に社会党は連合を離脱した。地域党、ウクライナ共産党の支持を受け、社会党党首モロス氏が最高会議議長に就任した。その後、この3党は議会多数派の合意書に調印し、大統領に対し、地域党党首ヤヌコーヴィチ氏の首相指名を提案。結果、8月にヤヌコーヴィチ内閣が成立した。しかし、大統領との権限争いで議会も分裂し、両派の妥協の産物として最高会議は解散し、2007年9月30日に臨時最高会議選挙が行われた。12月、ティモシェンコ連合とわれらのウクライナが連合する形でティモシェンコ内閣が発足した。ウクライナ フレッシュアイペディアより)

  • ユーリヤ・ティモシェンコ

    ユーリヤ・ティモシェンコから見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    オレンジ革命を共に主導したユシチェンコとはその後政治路線を巡る対立が顕著になり、政界内で孤立していく。2010年には巻き返しを意図して大統領選挙に立候補したが、ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ現大統領に第一回投票、及び第二回投票の双方で落選する。敗北後に投票操作による陰謀論を主張し選挙の無効を訴え、法廷闘争に持ち込む構えを見せていたが「裁判所を信用できない」として、結局訴追を取り下げた。ユーリヤ・ティモシェンコ フレッシュアイペディアより)

  • ミコラ・アザロフ

    ミコラ・アザロフから見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    ミコラ・アザロフ(ウクライナ語:ムィコーラ・ヤーノヴィチ・アザーロウ、1947年12月17日 - )は、ウクライナの政治家。現在、同国首相(第15代)。2002年から2005年まで、また2006年から2007年まで第一副首相と財務相を、また2004年末と2005年初頭の2回にわたって首相代理を務めている。2010年の大統領選挙にてヴィクトル・ヤヌコーヴィチが勝利したことに伴い、彼の後任として地域党党首となり、2010年3月に首相に任命された。ミコラ・アザロフ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の政治

    2010年の政治から見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    ウクライナ大統領選挙は有効投票の過半数を獲得した候補はおらずヴィクトル・ヤヌコーヴィチ元首相とユーリヤ・ティモシェンコ首相の上位2人が2月7日の決選投票へ進出が決定2010年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • ウクライナの首相

    ウクライナの首相から見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    10代:ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ(2002年11月 - 2005年1月)※2004年12月にミコラ・アザロフが一時代行ウクライナの首相 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年ウクライナ大統領選挙

    2010年ウクライナ大統領選挙から見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    2010年ウクライナ大統領選挙とは、2010年にウクライナで施行された大統領選挙である。第1回の投票は2010年1月17日に行われ、前首相で地域党の党首であるヴィクトル・ヤヌコーヴィチが1位、首相のユーリヤ・ティモシェンコが2位となった。同年2月7日に決選投票が行われ、ヤヌコーヴィチがティモシェンコに勝利した。2010年ウクライナ大統領選挙 フレッシュアイペディアより)

  • ユーリー・エハヌロフ

    ユーリー・エハヌロフから見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    2005年9月8日、ユシチェンコ大統領は、ユーリヤ・ティモシェンコ首相以下全閣僚を解任し、エハヌロフを首相代行に任命して、組閣を要請した。この首相人事は、9月20日の議会審議では否決されたが、9月22日の2度目の議会審議でようやく信任を得られた。しかし就任直後にロシア・ウクライナガス紛争が勃発した。2006年1月4日、両国は輸入価格の値上げで合意したものの、エハヌロフ内閣は国内で批判を浴び、2006年1月10日、議会から不信任決議案を突きつけられ総辞職した。しかし、後継首相が指名されなかったため、2006年8月4日にヴィクトル・ヤヌコーヴィチが後継に決定するまで首相代行職に留まっていた。2006年3月の選挙では、我らがウクライナの名簿順位第一位で当選。ユーリー・エハヌロフ フレッシュアイペディアより)

  • ベラルーシ・ロシア連合国家

    ベラルーシ・ロシア連合国家から見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    2010年2月、ウクライナで親ロシア派のヴィクトル・ヤヌコーヴィチ大統領が就任。ロシアのエフゲニー・ヒョードロフ経済・起業担当国会委員会長は、半年以内にロシア、ベラルーシ、ウクライナを構成国とする新たな統一国家のプログラムを正式に発表できるであろうと述べた。ベラルーシ・ロシア連合国家 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトル

    ヴィクトルから見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ - ウクライナの政治家であり、現ウクライナ首相。ヴィクトル フレッシュアイペディアより)

  • 黒海艦隊

    黒海艦隊から見たヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    しかし2010年の選挙で親露派と目されるヤヌコーヴィチ政権が成立したことにより、黒海艦隊の駐留期限をさらに25年延長する協定が結ばれた。これにより、黒海艦隊は少なくとも2042年まではセヴァストポリを母港とすることが可能となる。黒海艦隊 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
39件中 1 - 10件表示

「ビクトル・ヤヌコビッチ」のニューストピックワード