73件中 11 - 20件表示
  • 2014年の政治

    2014年の政治から見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    21日 - ウクライナのヤヌコビッチ大統領は、事態収束のため野党との合意書に署名。また議会で2004年憲法を復活させる案、および刑法の改正案が可決。2014年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年クリミア危機

    2014年クリミア危機から見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    2014年クリミア危機(2014ねんクリミアきき、、、)とは、クリミア半島の帰属を巡ってロシアとウクライナの間に生じた政治危機である。この政治危機は、ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ政権を崩壊させた2014年ウクライナ騒乱の後に生じたものでクリミア共和国とセヴァストポリ特別市の一方的な独立宣言(クリミア共和国の成立)、それらのロシアへの編入の宣言に至った。2014年クリミア危機 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年ウクライナ最高議会選挙

    2007年ウクライナ最高議会選挙から見たヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    前年3月に行われた議会選挙では、ヤヌコーヴィチ元首相が率いる地域党とティモシェンコ前首相が率いる「ティモシェンコ・ブロック」が躍進した。与党連合を結成するための交渉は難航し、選挙から5ヶ月後の8月、ユーシェンコ大統領の支持母体である「我らのウクライナ」と地域党、ウクライナ社会党、ウクライナ共産党の4党による大連立政権が発足し、ヤヌコーヴィチが首相に任命された。しかし大統領と首相の権限を巡ってユーシェンコとヤヌコーヴィチの間で対立が生じ始め、10月には「我らのウクライナ」が連立政権からの離脱を表明し、同会派出身閣僚の多くが12月末までに解任される事態となった。しかも翌2007年3月の与党による野党議員の引き抜きをきっかけに、ユーシェンコ大統領とヤヌコーヴィチ首相間の対立は先鋭化し、政治的危機を迎えた。この事態を収拾するため両派は5月27日、議員任期満了前の解散総選挙を同年の9月30日に行うことで合意し、政治的危機はとりあえず終息できた。このような経緯を経て9月30日に最高議会選挙が行われた。2007年ウクライナ最高議会選挙 フレッシュアイペディアより)

  • ユーリィ・イーリン

    ユーリィ・イーリンから見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    2008年8月以降、海軍総司令部に戻り主席参謀副長()や副司令官を兼ねる海軍参謀長()などを務めた。2010年、卒業。2012年7月27日、国軍最高司令官たるヴィクトル・ヤヌコーヴィチ大統領により海軍総司令官に指名される。2013年8月24日、大将に昇進。ユーリィ・イーリン フレッシュアイペディアより)

  • レオニード・クチマ

    レオニード・クチマから見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    2004年10月に任期満了に伴い実施された大統領選挙では、11月の決選投票で与党陣営の推すヴィクトル・ヤヌコーヴィチ首相が最初当選とされた。しかし、ヴィクトル・ユシチェンコ前首相の野党陣営は与党陣営による不正があったとして、野党支持者によるデモや政府施設への包囲が続き、ウクライナ国内は混乱状態に陥った。ヤヌコーヴィチとユシチェンコが欧州首脳の仲介で対話による解決で一致したのを受けて、12月2日、クチマは訪露し、ウラジーミル・プーチンロシア大統領と会談。12月26日再選挙が行われ、ユシチェンコが勝利。現在は政界を引退し年金生活に入っている。また自ら立ち上げた財団の運営にも関わっている。国外逃亡を余儀なくされたアスカル・アカエフと比べると遥かに穏便な老後であり、このことがオレンジ革命の性格を物語っている。レオニード・クチマ フレッシュアイペディアより)

  • ボグダナ・マツォツカ

    ボグダナ・マツォツカから見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    2014年ソチオリンピックではスーパー大回転27位、大回転43位となったが2月19日、ウクライナの首都キエフで発生した暴力行為に抗議するためにソチオリンピックで以降出場する予定だった競技を棄権する旨を表明した。マツォツカと父親はFacebookで「マイダンでバリケードを作って団結している反政権デモ隊に対する刑事訴訟や大統領との無責任な姿勢に抗議するためソチオリンピックで今後出場する予定だった競技を棄権する。」と投稿した。ボグダナ・マツォツカ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年ウクライナ最高議会選挙

    2012年ウクライナ最高議会選挙から見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    親ロシアのヴィクトル・ヤヌコーヴィチ政権下、2004年の所謂「オレンジ革命」の主役で著名な野党政治家であるユーリア・ティモシェンコ元首相が収監されて以降、初となる議会選挙である。地政学的要衝に位置しているウクライナが欧州連合とロシアのどちらに接近するのか、占う意味合いも強い選挙となった。2012年ウクライナ最高議会選挙 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトル・ユシチェンコ

    ヴィクトル・ユシチェンコから見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    11月21日、与党の推す親露派のヴィクトル・ヤヌコーヴィチ首相との決選投票が行われた。しかし、ヤヌコーヴィチ首相が勝利したという投票結果を巡り、ウクライナを東西に二分する大混乱(オレンジ革命)を引き起こし、最高裁判所の裁定により再選挙を実施することになった。ヴィクトル・ユシチェンコ フレッシュアイペディアより)

  • 2014年ウクライナ大統領選挙

    2014年ウクライナ大統領選挙から見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    2014年ウクライナ大統領選挙(英語:Ukrainian presidential election, 2014)は、2014年5月25日にウクライナで行われた大統領選挙である。今回の大統領選挙は、元々は2015年3月29日に行われる予定であったが、2014年ウクライナ騒乱によりヴィクトル・ヤヌコーヴィチ政権が崩壊したため、前倒しで行われることとなった。決選投票を待たずして過半数の票を得たペトロ・ポロシェンコが大統領に当選した。2014年ウクライナ大統領選挙 フレッシュアイペディアより)

  • ウクライナの宇宙開発

    ウクライナの宇宙開発から見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    2003年にはブラジルと宇宙開発で協力することに合意して2006年には50対50の出資比率での合弁事業としてアルカンタラ射場からツィクロン-4を打ち上げるためにを設立した。ウクライナは独立後には国内に発射場を持たずに他国へ依存しており、赤道直下にアルカンタラ射場を保有するブラジルとの思惑が一致して合弁事業の設立に至った。当初の予定では2010年に最初の打ち上げの予定だったが、2010年のウクライナの政権交代により、親ロシア派のヤヌコーヴィチ政権の樹立、資金難、ロシアからの知的財産の問題の未解決により遅延した。10億R$投資したが投資額に見合った成果が得られず、2015年7月に中止した。ツィクロン-4のエンジンはロシアのエネゴマシュ製でウクライナからブラジルへの輸出にはロシアの輸出承認が必要だった。ウクライナはツィクロン-4の設計の95%を所有し、ロシアは5%の所有とされ、ロシア製の部品に依存せずに製造する事は可能だったとされる。しかし、地理的、歴史的にウクライナにとってロシアは最も重要なパートナーであり、ツィクロン-4のような単一の計画のためにこれまで築き上げてきたでロシアとの協力関係を損ねる事は避けなければならない状況だった。ブラジルとの協力に合意した当時、ロシア、ウクライナ、アメリカの合弁事業のシーロンチは一定の成功を収めていた。ロシアとしてはウクライナが宇宙開発の活動において"自立"する事は望ましくなく、自国側の陣営に留めて置く意図があったとされる。ウクライナの宇宙開発 フレッシュアイペディアより)

73件中 11 - 20件表示