39件中 11 - 20件表示
  • 2007年ウクライナ最高議会選挙

    2007年ウクライナ最高議会選挙から見たヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    前年3月に行われた議会選挙では、ヤヌコーヴィチ元首相が率いる地域党とティモシェンコ前首相が率いる「ティモシェンコ・ブロック」が躍進した。与党連合を結成するための交渉は難航し、選挙から5ヶ月後の8月、ユーシェンコ大統領の支持母体である「我らのウクライナ」と地域党、ウクライナ社会党、ウクライナ共産党の4党による大連立政権が発足し、ヤヌコーヴィチが首相に任命された。しかし大統領と首相の権限を巡ってユーシェンコとヤヌコーヴィチの間で対立が生じ始め、10月には「我らのウクライナ」が連立政権からの離脱を表明し、同会派出身閣僚の多くが12月末までに解任される事態となった。しかも翌2007年3月の与党による野党議員の引き抜きをきっかけに、ユーシェンコ大統領とヤヌコーヴィチ首相間の対立は先鋭化し、政治的危機を迎えた。この事態を収拾するため両派は5月27日、議員任期満了前の解散総選挙を同年の9月30日に行うことで合意し、政治的危機はとりあえず終息できた。このような経緯を経て9月30日に最高議会選挙が行われた。2007年ウクライナ最高議会選挙 フレッシュアイペディアより)

  • ロシア・ウクライナガス紛争

    ロシア・ウクライナガス紛争から見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    2006年3月、ウクライナでは総選挙が実施され、ロシアとの関係強化を主張する野党が大幅に議席を伸ばした。また、ティモシェンコもユシチェンコ政権のロシアに対する弱腰姿勢を批判し、第二党に付けた。ユシチェンコ大統領の与党は第三位党に転落し議会内の多数派工作にも失敗し、8月にヤヌコーヴィチを首班とする内閣が成立した。連合協定の中でヤヌコーヴィチ首相は「NATO加盟は国民投票で決定する」として、ロシアに配慮する姿勢を見せている。ロシア・ウクライナガス紛争 フレッシュアイペディアより)

  • 地域党

    地域党から見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    2006年ウクライナ最高議会選挙:得票率41.33%で186議席を獲得し第1党となる。総裁のヴィクトル・ヤヌコーヴィチが首相に任命され、内閣を組織した。地域党 フレッシュアイペディアより)

  • 色の革命

    色の革命から見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    ウクライナのオレンジ革命は、2004年の大統領選挙の決選投票を巡って争いとなり、その後再び決選投票が実施され、野党の指導者ヴィクトル・ユシチェンコがヴィクトル・ヤヌコーヴィチを破って当選者であるという宣言を受けた。オレンジ革命では青年団体ポラ(ウクライナ語で「今こそ!」の意)が中心となって活動した。しかしこの革命は、ロシアによる過剰な干渉による事や、石油パイプラインなどをめぐるアメリカの力が働いたとする指摘もあり、特にウクライナ東部ではこの革命を歓迎せず、東西部分離をちらつかすなど混乱は残された。その後、オレンジ革命を主導したユシチェンコとユリア・ティモシェンコが対立し、政治が停滞。ユシチェンコ政権は支持率が低迷し、2010年の大統領選挙ではヤヌコーヴィチが当選している。色の革命 フレッシュアイペディアより)

  • FEMEN

    FEMENから見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    ほとんどの場合抗議活動の直後にメンバーは身柄を警察に拘束されている。フェメン側の証言によればベラルーシ国家保安委員会がフェメンの活動家を逮捕し「ナイフで脅して、髪を切る」ことさえあった。また2010年初頭の大統領選挙後にヴィクトル・ヤヌコーヴィチがフェメンの活動家を恫喝しようとしたと主張している。FEMEN フレッシュアイペディアより)

  • ホロドモール

    ホロドモールから見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    2010年4月27日、ユシチェンコの後継で親露派であるヴィクトル・ヤヌコーヴィチ大統領は、「1930年代の大飢饉をウクライナ人に対するジェノサイドと見なすことはできない。この大飢饉はソ連に含まれていた諸民族共通の悲劇であった」と述べ、事実上前政権の路線を転換した。ホロドモール フレッシュアイペディアより)

  • 2012年ウクライナ最高議会選挙

    2012年ウクライナ最高議会選挙から見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    親ロシアのヴィクトル・ヤヌコーヴィチ政権下、2004年の所謂「オレンジ革命」の主役で著名な野党政治家であるユーリア・ティモシェンコ元首相が収監されて以降、初となる議会選挙である。地政学的要衝に位置しているウクライナが欧州連合とロシアのどちらに接近するのか、占う意味合いも強い選挙となった。2012年ウクライナ最高議会選挙 フレッシュアイペディアより)

  • ロシアの新興財閥

    ロシアの新興財閥から見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    2004年11月26日のウォールストリート・ジャーナルによれば、与党の大統領候補で前首相のヴィクトル・ヤヌコーヴィチは、リナト・アフメトフのような多くのウクライナの寡頭資本家との関係が指摘されている。レオニード・クチマ前大統領の義理の息子に当たる、ヴィクトル・ピンチュークは、ウクライナで二番目の富豪であり、ウクライナのメディアの多くを支配下に置いている。ユーリヤ・ティモシェンコ元首相もウクライナの新興財閥の一人である。ティモシェンコは、1995年から1997年まで、ウクライナ統一エネルギーシステムの社長を務め、1996年には、ロシアからの天然ガスの主要な輸入業者になり「ガスの女王」と呼ばれた。ロシアの新興財閥 フレッシュアイペディアより)

  • ザポリージャ (潜水艦)

    ザポリージャ (潜水艦)から見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    2010年1月には蓄電池が搭載され、ソナーとレーダー装置、通信装置の修復が行われた。2月4日には、セヴァストーポリにおいて繋留試験および航行試験のための準備指示が、海軍司令官 海軍大将から出された。3月20日には、ラジオのインタビューで、ロシア連邦海軍総参謀長第一代理である O・V・ブールツェフ海軍中将が、ウクライナの新大統領( V・F・ヤヌコーヴィチ)とのとの関係改善により、潜水艦の作業についてロシア政府はウクライナに積極的に協力することにした、と宣言した。4月初頭には航行試験についての協議がウクライナ海軍と協力関係にあるトルコ海軍とのあいだでなされ、航行試験までの実務的協力が得られることになった。2010年10月には、「ザポリージャ」の乗員グループから選ばれた士官 4 名が研修を受けるためにロシア連邦海軍黒海艦隊の大型潜水艦「アルローサ」に出向した。彼らは難破した潜水艦からの脱出の際の手順を訓練し、出航の際の艦の点検を「アルローサ」の乗員とともに行った。10月6日には、海上での実務遂行に加わった。研修は10月15日に完了した。テレビ・ラジオ会社「ブルィーズ」のインタビューに答えた Yu・イリイーン海軍少将によれば、乗員は「アルローサ」が黒海艦隊の水上艦隊と行った合同演習にも参加する機会もあった。2010年12月に潜水艦は修理を終える予定とアナウンスされている。 Yu・イリイーン海軍少将はテレビ・ラジオ会社「ブルィーズ」のインタビューの中で、「ザポリージャ」は2010年12月に繋留試験、2011年5月に航行試験を開始し、そののちウクライナ海軍へ就役すると説明した。ザポリージャ (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • オレクサンドル・トゥルチノフ

    オレクサンドル・トゥルチノフから見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    2009年12月、2010年ウクライナ大統領選挙においてヴィクトル・ユシチェンコ 大統領と野党・地域党党首のヴィクトル・ヤヌコーヴィチが共同で第2期ティモシェンコ政府を倒そうと連携し行動しているとして非難した。オレクサンドル・トゥルチノフ フレッシュアイペディアより)

39件中 11 - 20件表示

「ビクトル・ヤヌコビッチ」のニューストピックワード