73件中 31 - 40件表示
  • 右派セクター

    右派セクターから見たヤヌコビッチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    2014年ウクライナ騒乱では、反ヤヌコビッチ政権デモを独立広場(ユーロマイダン)および周辺で展開、暴力により警察側と対抗し、騒乱の中心的団体となり。ヤヌコビッチ政権打倒の原動力となった。党首のドミトリー・ヤロシはヤツェニュク暫定政権への入閣、ウクライナ国家安全保障・国防会議の副議長の就任要請はあったものの閣内の反対や本人の固辞もあり、実現しなかった。前身の極右団体トライデントのメンバーでもあるシェルヒー・クビットは教育科学省大臣として入閣している。2014年3月上旬、ヤロシが北カフカスのイスラム系反政府指導者、ドク・ウマロフに対して連携を求める動きを示すと、ロシアは指導者のヤロシに対しテロ実行を呼びかけた罪などで起訴。国際刑事警察機構に対して国際手配をするよう要請したが、ウクライナ側はヤロシを逮捕し、他国に引き渡す根拠は無いとしている。しかし、後述のアレキサンダー・ムズィチコ殺害からも分かるとおり、現在、暫定政権は右派セクターと距離をおき、取り締まる方向にある右派セクター フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・キルコロフ

    フィリップ・キルコロフから見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    2004年のウクライナ大統領選挙では、候補者であったヴィクトル・ヤヌコーヴィチが開催したコンサートに、ブルガリアの有名歌手であったキルコロフの父親のが招待され、ウクライナの人々に対し対立候補であったヴィクトル・ユシチェンコへの投票をするよう間違って呼び掛け、聴衆から喝采を浴びた。フィリップ・キルコロフ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の政治

    2004年の政治から見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    11月22日 - ウクライナ大統領選挙で、現職首相のヤヌコーヴィチ候補が当選したが、大規模な不正が発覚し、野党による抗議運動が勃発。(「オレンジ革命」)2004年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・ヒッチェンズ

    ピーター・ヒッチェンズから見たヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    民主的に設立されたウクライナのヤヌコーヴィチ政権に対するクーデターに西側諸国は抗議するどころが積極的に支援した。ピーター・ヒッチェンズ フレッシュアイペディアより)

  • クリミア独立宣言

    クリミア独立宣言から見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    2013年11月よりウクライナ国内で発生した反政府運動は2014年2月にヴィクトル・ヤヌコーヴィチ政権の崩壊を招き、ウクライナ議会はオレクサンドル・トゥルチノフを大統領代行とする暫定政権を発足させた。しかし歴史的経緯からロシア系の住民が多いクリミア自治共和国はこの決定を認めず、ウクライナ暫定政権を承認しない立場のロシアは首都キエフを脱出したヤヌコーヴィチからクリミアへの軍の派兵を要請されたとして、クリミア内のロシア人保護を名目に3月1日に上院でウラジーミル・プーチン大統領が提案したクリミアへの軍事介入を承認。数日でクリミアを事実上の支配下に置いた。クリミア独立宣言 フレッシュアイペディアより)

  • ロシアによるクリミア・セヴァストポリの編入

    ロシアによるクリミア・セヴァストポリの編入から見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    2014年のウクライナにおける政変で親ロシアのヤヌコーヴィチ政権が崩壊し親欧米の暫定政権が発足したことにクリミア住民の一部が抗議し、新政権派と衝突。クリミア自治共和国最高会議(議会)をロシア兵が制圧し、内部の様子が不明なまま、クリミア自治共和国は「クリミア共和国」となるとの宣言が採択されたとの発表がなされ、ウクライナ政権の支持を表明した閣僚会議議長(首相に相当)は解任され、クリミア自治共和国議会における小政党「ロシアの統一」党の党首であったが首相に指名され、ウクライナ法に反する形で、アクショーノフ政権が発足したことが発表された。クリミア共和国議会とセヴァストポリ市議会はロシアへの編入を問う住民投票を3月16日に行うことを決定したが、領土変更は国民投票によってのみ議決することができるとウクライナ憲法第73条で定められており、このためキエフの暫定政権や国際連合や日米欧G7をはじめとする国々・組織は住民投票の中止を訴え、結果を受け入れないと表明する一方、ロシアは結果を尊重するとした。投票5日前の3月11日にクリミアとセヴァストポリはウクライナからの独立宣言を行い、住民投票でロシア編入が賛成多数となれば即時に独立、ロシアへの編入を求めるとの内容を決議した。これは、国際法上、当該国同士の合意なしに領土の帰属変更を行うことは認められない懸念があるため、独立宣言を行うことでウクライナからの分離を既成事実化し、独立国家としてロシアに編入されるための体裁を整えるためのものとされた。ロシアによるクリミア・セヴァストポリの編入 フレッシュアイペディアより)

  • クリミア自治共和国

    クリミア自治共和国から見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    2013年から2014年にかけてウクライナ経済の低迷をきっかけにウクライナ国内で親露派と親欧米派の対立が激化し、2014年2月24日、ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ政権が崩壊する。ヤヌコーヴィチ政権が崩壊し、暫定政権が発足するが、クリミア自治共和国では、暫定政権への移行に反対する親ロシア派のデモが拡大し、反ロシア派住民との間に衝突が発生した。2月27日、武装勢力が地方政府庁舎と議会を占拠。翌日には首都シンフェロポリの空港が占拠される。ロシアは否定しているが、この武装勢力はロシア軍である可能性が高いとみられた。ロシア系武装勢力が占拠する中でクリミア議会はウクライナの暫定政権を承認した当時の自治共和国首相を解任し、親露派のを新首相に任命した。3月1日、ロシアが自国民保護を名目に本格的に軍事介入を開始し、以降ロシアが半島を支配している。クリミア自治共和国 フレッシュアイペディアより)

  • ゲオルギ・ベレゴヴォイ

    ゲオルギ・ベレゴヴォイから見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    引退後、ベレゴヴォイはドンバス地域選出のソビエト連邦議会議員になった。彼はヴィクトル・ヤヌコーヴィチが新しい生活を始めるのを手助けしたと言われている。2000年代には、ヤヌコーヴィチは新しく独立したウクライナの首相となった。ゲオルギ・ベレゴヴォイ フレッシュアイペディアより)

  • 黒海艦隊

    黒海艦隊から見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    しかし2010年の選挙で親露派と目されるヴィクトル・ヤヌコーヴィチ政権が成立したことにより、黒海艦隊の駐留期限をさらに25年延長する協定が結ばれた。これにより、黒海艦隊は少なくとも2042年まではセヴァストポリを母港とすることが可能となったが、そのヤヌコーヴィチ政権が崩壊した2014年にロシアはクリミア半島全域を支配下に置き、編入を宣言した。黒海艦隊 フレッシュアイペディアより)

  • 新冷戦

    新冷戦から見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    2014年2月にウクライナで反政府運動(ユーロマイダン)によって親露派のヤヌコーヴィチ政権が事実上崩壊して親欧米派による暫定政権及び大統領選挙の繰り上げ実施が発表されたが、ロシアがウクライナ南部クリミア自治共和国に軍隊を進駐してロシア領に編入したり、ウクライナ東部のドンバス地区で結成されたノヴォロシア人民共和国連邦(ドネツク人民共和国・ルガンスク人民共和国)で軍事衝突が起こっており、欧米は金融面での制裁でロシアへ対抗しており、欧米とロシアとの間の緊張が一気に高まってきている。新冷戦 フレッシュアイペディアより)

73件中 31 - 40件表示