1 2 3 4 5 6 次へ
57件中 51 - 57件表示
  • ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    ヴィクトル・ヤヌコーヴィチから見たウクライナ・ソビエト社会主義共和国

    1950年7月9日、ソビエト連邦の一部だったウクライナ共和国ドネツィク州イエナーキエヴェ市に生まれた。父はポーランド人かタタール人。母はロシア人。2歳の時に母を亡くし、経済的にも非常に貧しい環境で暮らした。義母との関係はうまくいかなかったため、家を出た。ビリニュス出身の祖母によって育てられた。ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    ヴィクトル・ヤヌコーヴィチから見たソビエト連邦

    1950年7月9日、ソビエト連邦の一部だったウクライナ共和国ドネツィク州イエナーキエヴェ市に生まれた。父はポーランド人かタタール人。母はロシア人。2歳の時に母を亡くし、経済的にも非常に貧しい環境で暮らした。義母との関係はうまくいかなかったため、家を出た。ビリニュス出身の祖母によって育てられた。ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    ヴィクトル・ヤヌコーヴィチから見たウクライナの首相

    ヴィークトル・フェードロヴィチ・ヤヌコーヴィチ( ローマ字表記は、Viktor Fedorovych Yanukovych、1950年7月9日 - )は、ウクライナの政治家。ヤヌコヴィチ、ヤヌコヴィッチ、ヤヌコビッチ、ヤヌコービッチ、ヤヌコーヴィッチとも表記される。大統領(第4代)、元首相(第9・12代)を歴任した。経済科学博士、教授。ウクライナ功労運輸労働者。ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    ヴィクトル・ヤヌコーヴィチから見たウクライナ共産党

    1969年に中等教育(高等学校相当)を終えると生計を立てるべく働き始める。1972年に地域の輸送部門において電気技師として働きながら、ドネツィク工業大学で学ぶなど苦学を続けた。労働者としては1974年に輸送部門の主任に昇進し、機械工学の学位を授与された1980年には輸送部門全体の総責任者に昇進する。同年にウクライナ共産党に入党。以降、20年間に亘って同地域の輸送部門責任者として地域の経済・政治活動に関わり続ける。教育面では後に博士号を授与されている。ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    ヴィクトル・ヤヌコーヴィチから見た親露

    ウクライナは2013年に欧州連合(EU)との政治・貿易協定の仮調印を済ませたが、親露派であるヤヌコーヴィチはロシアからの圧力もあり調印を見送る。これに対しEU寄りの野党勢力から強い反発が起こり、ウクライナ国内は大規模な反政府デモが発生するなど騒乱状態に陥った(2014年ウクライナ騒乱)。事態収拾のため2014年2月21日には挙国一致内閣の樹立や大統領選挙繰り上げなどの譲歩を示したがデモ隊の動きを止めることはできず、22日に首都キエフを脱出。ウクライナ議会は同日ヤヌコーヴィチの大統領解任を決議し、25日に大統領選挙を行うことを決定したが、ヤヌコーヴィチはクーデターであるとして辞任に同意していない。ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    ヴィクトル・ヤヌコーヴィチから見た2014年ウクライナ騒乱

    ウクライナは2013年に欧州連合(EU)との政治・貿易協定の仮調印を済ませたが、親露派であるヤヌコーヴィチはロシアからの圧力もあり調印を見送る。これに対しEU寄りの野党勢力から強い反発が起こり、ウクライナ国内は大規模な反政府デモが発生するなど騒乱状態に陥った(2014年ウクライナ騒乱)。事態収拾のため2014年2月21日には挙国一致内閣の樹立や大統領選挙繰り上げなどの譲歩を示したがデモ隊の動きを止めることはできず、22日に首都キエフを脱出。ウクライナ議会は同日ヤヌコーヴィチの大統領解任を決議し、25日に大統領選挙を行うことを決定したが、ヤヌコーヴィチはクーデターであるとして辞任に同意していない。ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    ヴィクトル・ヤヌコーヴィチから見たドンバス

    1996年8月、政府からドネツィク州国家行政府副長官に任命された事から政治活動を本格化させ、1996年9月から1997年5月まで同州第一副長官、1997年5月から2002年11月まで長官を歴任する。1998年9月から内政問題調整会議のメンバー。2002年11月21日、レオニード・クチマ大統領に首相に任命され、2004年12月までとどまる。2003年から地域党の党首。2004年、クチマ大統領の任期切れに伴うウクライナ大統領選挙に親クチマ勢力の統一候補として立候補する。ヤヌコーヴィチは、ドンバスを地盤とし、クチマ政権の内外政策の継続を主張した。ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
57件中 51 - 57件表示