前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
102件中 1 - 10件表示
  • WordPerfect

    WordPerfectから見たオフィススイートオフィススイート

    なお、後にコーレルがWordPerfectを取得し、WordPerfect Office の名称をオフィススイートの名称として再利用している。WordPerfect フレッシュアイペディアより)

  • プリインストール

    プリインストールから見たオフィススイートオフィススイート

    広義には工場出荷状態で製品として販売されている状態で、あらかじめ記憶装置に記憶させてあるソフトウェアのすべてが、「プリインストール」と呼ばれうるが、製品の差別化戦略の意味合いでは、他社製品にない利便性を提供するという意味で、カタログなどに掲載され表立って消費者に知らせられるものでは、ワープロソフトや表計算ソフト(オフィススイート)などのアプリケーションソフトウェアを指す傾向がある。プリインストール フレッシュアイペディアより)

  • オープンフォーマット

    オープンフォーマットから見たオフィススイートオフィススイート

    オープンフォーマットとFLOSS(フリー/オープンソース・ソフトウェア)の関係は誤解されていることが多い。多くのプロプライエタリ・ソフトウェアがオープンフォーマットを利用しており、同時にFLOSSであってもプロプライエタリ・フォーマットを使っている。例えば、HTML は World Wide Web で一般に使われているオープンフォーマットのマークアップ言語だが、マイクロソフトの Internet Explorer のようなプロプライエタリなブラウザでも使われているし、Mozilla Firefox のようなフリー/オープンソースのブラウザでも使われている。一方、OpenOffice.org はフリー/オープンソースのオフィススイートだが、OpenDocument などのオープンフォーマットだけでなく、マイクロソフトのプロプライエタリな DOC 形式も扱える。企業によってはファイルフォーマットを公表することでサードパーティやハードウェアベンダーがリーダーやライターを開発できるようにし、そのフォーマットの普及を促進させている。例えば、アドビシステムズのPDFやマイクロソフトのRTFがある。しかし、プロプライエタリ・フォーマットの中には何らかの特許によって保護されているものもあり、(少なくとも、GNU General Public Licenseなどのライセンス条件では)フリー/オープンソースの実装が妨げられている。そのようなフォーマットが競争を妨げているという批判もある。オープンフォーマット フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータ分野における対立

    コンピュータ分野における対立から見たオフィススイートオフィススイート

    これらはオフィスソフトとも呼ばれ、主戦場がWindows用のオフィススイートとなると、「Microsoft Office 対 WordPerfect Office 対 Lotus SmartSuite」(日本では「Microsoft Office 対 Justsystem Office/JUST Suite 対 ロータス・スーパーオフィス」)の構図で激しい競争が展開された。なおスクリプト言語として、Microsoft OfficeではVBAが、Lotus SmartSuite(スーパーオフィス)ではLotus Scriptが搭載された。コンピュータ分野における対立 フレッシュアイペディアより)

  • オンボードグラフィック

    オンボードグラフィックから見たオフィススイートオフィススイート

    状況を大きく変えたのがインテルが1999年に発表した Intel 810 チップセットである。i810 はハブアーキテクチャと呼ばれる設計を採用した、当時としては最新のチップセットであり、Graphics and Memory Controller Hub(GMCH)と呼称されるノースブリッジに、同社製3Dグラフィックスチップ i752 をベースとした Intel Graphics Technology コア(以下IGTコア)を統合していた。ベースとなった i752自体、3Dに関しては描画機能・性能ともにグラフィックスチップとしては当時すでに貧弱な存在であったが、2Dの描画性能は十分な性能を有していたため、IGTコアは大多数のユーザーが主に行うオフィス処理や、ウェブブラウジングなどには十分な性能を有していた。オンボードグラフィック フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows

    Microsoft Windowsから見たオフィスソフトオフィススイート

    Windowsはパーソナルコンピュータ市場では1990年代後半よりデファクトスタンダードの地位を得て、2010年現在は90%前後の市場シェアを持つ。このため対応するコンピュータ(メーカー)、周辺機器、アプリケーションソフトウェアも多く、またユーザー数、操作方法の情報なども多い。Windowsが普及した背景には、マイクロソフト自身は一部の周辺機器を除いてハードウェアを製造せず多数のハードウェアメーカーへのOEM供給路線を続けたこと、ライバルのMacintoshやOS/2の必要とするハードウェアが当時は高価だったこと、Windows専用のオフィスソフトであるMicrosoft Officeが成功しキラーアプリケーションとなったこと、1990年代のダウンサイジングの潮流に乗ったこと、などが挙げられる。Microsoft Windows フレッシュアイペディアより)

  • スタイルシート

    スタイルシートから見たオフィスソフトオフィススイート

    スタイルシート () とは、構造化文書などにおける表示形式を制御するしくみ。見栄えと構造を分離するという目的で提唱された。HTML、XML、SGMLといったマークアップ文書や、オフィスソフトにおいて広く使用されている。スタイルシート フレッシュアイペディアより)

  • KDE

    KDEから見たオフィススイートオフィススイート

    KDEにより提供されるアプリケーションは、GUIツールキットにQtを採用しており、ファイルマネージャ(Dolphin、Konqueror)やウェブブラウザ(Konqueror)、メディアプレーヤ(Kaffeine、Amarok)、メールソフト(KMail)、テキストエディタ(KEdit、KWriteやKate)、オフィススイート(KOffice)などの多くのアプリケーションを含む。また、環境設定はKDE3ではKControlから、KDE4ではKDE システム設定から管理でき、KDE環境の設定に加えて、KDMというログインアプリケーションや、ハードウェアへの設定変更もできるようになっている。KDE フレッシュアイペディアより)

  • 表計算ソフト

    表計算ソフトから見たオフィススイートオフィススイート

    表計算ソフト(ひょうけいさんソフト、スプレッドシート、)は、数値データの集計・分析に用いられるアプリケーションソフトウェアである。ワープロソフト、プレゼンテーションソフトと共にパーソナルコンピュータで最も一般的に使用されるオフィスアプリケーションである。表計算ソフト フレッシュアイペディアより)

  • ロータス (ソフトウェア)

    ロータス (ソフトウェア)から見たオフィススイートオフィススイート

    ロータスデベロップメント社は、IBM PC 用の表計算ソフトウェアである Lotus 1-2-3 が大ヒットし、IBM PC のキラーアプリケーションとして初期の勢力拡大に寄与した事で有名である。その後はオフィススイートのLotus SmartSuite(日本ではロータス・スーパーオフィス)により、マイクロソフトと激しい競争を展開した。ロータス (ソフトウェア) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
102件中 1 - 10件表示