116件中 61 - 70件表示
  • Microsoft Windows NT 3.1

    Microsoft Windows NT 3.1から見たオフィススイートオフィススイート

    Windows NT 3.1は初年度に30万本を売り上げた。486プロセッサと16MBのメモリを要求するハードウェア要件は当時の平均的なコンピュータのスペックを上回っており、ハードルが非常に高かったことに加え、実使用にはとても遅すぎた。NT 3.1の能力を活かせる32ビットアプリケーションは数が乏しく、ユーザーは古い16ビットアプリケーションに頼らざるを得なかったが、それはWindows 3.1よりも動作が遅かった。1993年11月時点で150のWindows NTアプリケーションが存在したとされており、オフィススイートなどの著名なソフトウェアはNT 3.1では利用できなかった。NT 3.1の開発段階でAPI呼び出し規約が変更され、NT 3.1のプレリリース版向けに開発された32ビットアプリケーションは最終版では動作しなかった。これはMicrosoft Visual C++のような商用ソフトにも影響した。Microsoft Windows NT 3.1 フレッシュアイペディアより)

  • コンピューティング

    コンピューティングから見たオフィススイートオフィススイート

    アプリケーションソフトウェアはユーザーの特定の仕事を支援するよう設計されたソフトウェアである。例えば、企業アプリケーション、会計ソフトウェア、オフィススイート、グラフィックソフトウェア、メディアプレーヤーなどがある。多くのアプリケーションは主に文書を扱う。近年ではコンピュータにシステムソフトウェアだけでなく、アプリケーションソフトウェアもプレイントールされていることも多い。単独でも販売される。コンピューティング フレッシュアイペディアより)

  • オフィス・オートメーション

    オフィス・オートメーションから見たオフィススイートオフィススイート

    現在、事務所での作業はパソコンを用いて書類を作成したり、または電子メールで情報をやり取りしたり、データベースを使って情報管理を行う形態が普通である。この中では、扱いやすいパッケージソフトウェア(オフィススイートなど)の普及にもより、業態によってはホワイトカラー労働者一人一人にパソコンが用いられている所も一般的である。書類も社内では電子データの形で回す所も多い。オフィス・オートメーション フレッシュアイペディアより)

  • Extensible Markup Language

    Extensible Markup Languageから見たオフィススイートオフィススイート

    従前、オフィススイートには各ソフトの特有のバイナリ形式としてデータが保存されていた。しかしながらこれでは互換性が低く、様々な情報をデータベースとして利用するオフィススイートでは不都合が生じていた。Extensible Markup Language フレッシュアイペディアより)

  • ディスクマガジン

    ディスクマガジンから見たオフィススイートオフィススイート

    HALNOTEの登録会員に季刊で出された。そのため、内容は同製品に関する記事や、同製品の使用を前提としたソフトウェアのバージョンアップや使用法などオフィススイート関連が大半を占める。また、それを活かした小説なども掲載されていた。ディスクマガジン フレッシュアイペディアより)

  • WordStar

    WordStarから見たオフィススイートオフィススイート

    SpellStar はスペルチェックを行うアドオンプログラムである。後のバージョンではWordStar本体に組み込まれた。DataStar はMailMerge用のデータファイルを編集するアドオンプログラムである。これらの機能は1980年代中盤までのユーザにとっては極めて革新的なことであった。WordStar風のインタフェースを採用した表計算ソフト CalcStar も開発された。これらを組合わせて初期のオフィススイートを構成している。WordStar 5 では他社製のアウトラインプロセッサ PC-Outline をスイートに加えている。ただしファイルフォーマットはWordStar互換ではないので、インポート/エクスポート処理が必要だった。WordStar フレッシュアイペディアより)

  • 文書管理システム

    文書管理システムから見たオフィススイートオフィススイート

    多くの文書管理システムは、他のアプリケーションとの連携が可能であり、アプリケーションを通して文書を検索して取り出し、修正を加えた文書を文書管理システムに戻すといったことが可能である。連携が可能なアプリケーションとしては、オフィススイートや電子メールやグループウェアなどが一般的である。文書管理システム フレッシュアイペディアより)

  • Geode

    Geodeから見たオフィススイートオフィススイート

    OSは、MS-DOS,Windows,Linuxなどが動作する。Windows XP上ではウェブブラウズ、オフィスアプリケーションなどの通常用途では快適に利用できる。しかし、超低消費電力を重視したCPU性能が理由で3Dゲーム、動画閲覧などCPUパワーが必要な用途にて使うと処理落ちなどが発生する為、その利用には支障が出やすい。また、Windows Vistaでは内蔵GPUの能力不足のため利用不可といわれる。Geode フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータ分野における対立

    コンピュータ分野における対立から見たオフィスソフトオフィススイート

    これらはオフィスソフトとも呼ばれ、主戦場がWindows用のオフィススイートとなると、「Microsoft Office 対 WordPerfect Office 対 Lotus SmartSuite」(日本では「Microsoft Office 対 Justsystem Office/JUST Suite 対 ロータス・スーパーオフィス」)の構図で激しい競争が展開された。なおスクリプト言語として、Microsoft OfficeではVBAが、Lotus SmartSuite(スーパーオフィス)ではLotus Scriptが搭載された。コンピュータ分野における対立 フレッシュアイペディアより)

  • POP広告

    POP広告から見たオフィススイートオフィススイート

    パソコンにあらかじめセットされたり、ワードプロセッサ(ワープロソフト)やオフィススイートなど各種アプリケーションソフトウェアなどに同梱されたり、あるいはそれ単体で販売されるフォントの内には、いわゆるポップ体(ポップ書体)と呼ばれるフォントセットが存在する。この一例としてHG創英角ポップ体が挙げられる。POP広告 フレッシュアイペディアより)

116件中 61 - 70件表示

「ビジネスソフト」のニューストピックワード