116件中 81 - 90件表示
  • Microsoft Excel

    Microsoft Excelから見たオフィススイートオフィススイート

    Microsoft Excel(マイクロソフト・エクセル)は、マイクロソフトがWindows、macOS、iOSおよびAndroid向けに開発・販売している表計算ソフトである。Microsoft Wordとともに、同社のオフィススイート「Microsoft Office」の中核をなすアプリケーションである。Microsoft Excel フレッシュアイペディアより)

  • コモディティ化

    コモディティ化から見たオフィススイートオフィススイート

    例えば、パソコン用ソフトウェア販売会社のソースネクストは、すでにマイクロソフトがデファクトスタンダードを確立しているオフィススイートを始めとするアプリケーションソフトウェア(パッケージソフトウェア)分野の製品市場にスリムパッケージなど簡略化させたパッケージと既にマイクロソフト側に敗退して小さな市場に落ち着いていたメーカーや新興メーカーのソフトウェア製品などを低価格で販売することで切り込みを掛けている。こうしたコモディティ化戦略は、既存市場の高値寡占化傾向が根強いほど、一般大衆は低価格製品という選択肢を求めており、そこに市場開拓の余地があるはずという視点に基いて展開されてゆく。コモディティ化 フレッシュアイペディアより)

  • Google ドキュメント

    Google ドキュメントから見たオフィスソフトオフィススイート

    Google ドキュメント(グーグル ドキュメント)、旧名 Google Docs & Spreadsheets(グーグル ドックス アンド スプレッドシーツ)は、Googleが無料提供する、ウェブブラウザ内で動くオフィスソフト。従来は記憶容量を提供するストレージサービスと一体だったが、ストレージはGoogle ドライブとして分離された。Google ドキュメント フレッシュアイペディアより)

  • Fluxbuntu

    Fluxbuntuから見たオフィススイートオフィススイート

    オフィススイートであるOpenOffice.orgの置き換えFluxbuntu フレッシュアイペディアより)

  • CPU

    CPUから見たオフィススイートオフィススイート

    2012年現在、市販されているPCは64ビットCPUがほとんどであるが、ネットアクセスやオフィススイートなどの用途では64ビットアプリケーションにしてもパフォーマンスはそれほど向上せず、PC上での多くのアプリケーションソフトウェアがいまだに32ビット製品のままである。ただし、巨大な画像処理や動画編集など大量のデータを処理する用途では巨大なメモリを割り当てることができる64ビットアプリケーションのメリットは大きく、これらの応用ソフトウェアの64ビット化が進んでいる。サーバでは大きな主記憶容量が求められたため、1990年代からCPUとOSの64ビット化が進められたが、2010年代には事務や家庭で使われる普通のPCでも4GB以上のRAMを使用できる64ビットのOSが普及しつつある。オフィススイート、例えばMicrosoft Officeにも64ビット版が用意されているが、このような用途には64ビットのメリットが少ないうえ32ビット版のアドオンが使用できなくなるため、普及は進んでいない。CPU フレッシュアイペディアより)

  • 全文検索

    全文検索から見たオフィススイートオフィススイート

    社内ファイルサーバの文書資産を高速全文検索するシステム。WordやExcelといったオフィススイートから、メール、データベースなどの多くのファイル形式に対応し、企業の性格に応じて、多様な検索結果を返す。近年、電子データの企業資産の重要性が増し、非常に発達してきている分野。全文検索 フレッシュアイペディアより)

  • Mathematical Markup Language

    Mathematical Markup Languageから見たオフィススイートオフィススイート

    PubliconなどWolfram Researchの製品でMathMLを取り扱える。また、OpenOffice.orgやKOfficeといった一部のメジャーなオフィススイートの数式エディタでは MathML 出力が可能である。TeXmacsなどのWYSIWYGなエディタでMathML出力をすることができるものや、MathMLをネイティブに読込・保存できるソフトとしてFormulator、Amayaなどがある。Mathematical Markup Language フレッシュアイペディアより)

  • Apache OpenOffice

    Apache OpenOfficeから見たオフィススイートオフィススイート

    Apache OpenOffice(アパッチ オープンオフィス)は、オープンソース方式で開発されているオフィススイートの名称、及びその制作プロジェクトの総称である。省略形としてAOOやApacheOOなどが用いられる。Apache OpenOffice フレッシュアイペディアより)

  • X68000

    X68000から見たオフィススイートオフィススイート

    国内では全くパソコンに採用されなかった68000系列のパソコンであるが故の宿命から、オフィススイート等の実用ソフトを初めとしてパッケージソフトウェアに恵まれず、かつ圧倒的なPC-9801のシェアに押されていたことが、逆に独自の豊かなフリーウェア文化が花開く土壌を形成し、ユーザー有志の手により様々なソフトウェアが作られ、パソコン通信や書籍などを通じて配布された。市場占有率から勘案されるユーザーの絶対数に比して、その数と充実ぶりには目を見張るものがあり、日本のパソコン文化とは異なるヨーロッパのパソコン文化を思わせる流儀と実績を残した。特に主な標準ソフトウェアには、機能を強化した、リバースエンジニアリングによるパッチまたは互換プログラムが存在した。またGNUプロジェクトのツール環境の多くもHuman68K環境に移植された。パソコン市場で主流だったMS-DOS環境から孤立していたX68000の世界では、プロプライエタリなソフトウェアの供給を期待することがほぼ不可能といった事情などを受け、ユーザーの間、および専門誌「Oh!X」誌上では、しばしば「無ければ作る」(欲しいソフトが存在しないならば自分たちの手で作る、の意)という合言葉が使われた。X68000 フレッシュアイペディアより)

  • Graphics Processing Unit

    Graphics Processing Unitから見たオフィススイートオフィススイート

    一般に、チップセットおよびCPU内蔵GPU(統合GPU、iGPU)のグラフィック機能は単体チップ型のGPU(ディスクリートGPU、dGPU)に劣るが、消費電力やコスト面では有利である。このため、オフィススイートやネットアクセスなどを中心とした高性能が必要ない用途が想定され、低価格が求められる業務用端末(クライアント)機向けや、低発熱・低消費電力が求められるノートパソコンなどでは単体チップのGPUではなく、統合GPUが多く搭載されている。比較的高性能なGPUを使用するゲーム機でもコストダウンを目的としてGPUの統合化が進んでいる。Graphics Processing Unit フレッシュアイペディアより)

116件中 81 - 90件表示

「ビジネスソフト」のニューストピックワード