289件中 71 - 80件表示
  • 東京経営短期大学

    東京経営短期大学から見たビックカメラビックカメラ

    アイフル・青森銀行・朝日生命保険・アドバンス・イトーヨーカ堂・イトキン・茨城銀行・城北信用金庫・オリックス・アルファ・オンワード樫山・柏木工機・関東天然瓦斯開発・清原・クボタ・軽急便・京葉銀行・楽天KC・コジマ・小松川信用金庫・桜井グラフィックスシステムズ・三協アルミニウム工業・システムコンサルタント・新日本建設・ジャックス・新光証券・住信ビジネスサービス・住友不動産販売・セントラル警備保障・みずほ銀行・だいこう証券ビジネス・日本製紙・大日本商事・太平紙業・みずほ情報総研・高島屋クレジット・武富士・メトロコマース・千葉銀行・千葉興業銀行・ダイハツ千葉販売・千代田生命保険・中央三井信託銀行・東急リバブル・めいらくグループ・東京リーガルマインド・東芝機械・東洋冷蔵・トランスコスモス・ドコモエンジニアリング・トヨタレンタリース埼玉・トヨタレンタリース千葉・ナルミヤ・インターナショナル・西川産業・日研工作所・日産自動車・日本航空インターナショナル・日本食研・三菱UFJニコス・日本生命保険・日本通運・日本テクノ開発・橋本総業・白十字・八戸信用金庫・東日本旅客鉄道・ヒゲタ醤油・日立製作所・ビックカメラ・ファイブフォックス・アルフレッサ・富国生命保険・プルデンシャル生命保険・藤倉商事・富士通システムソリューションズ・フレック・平和不動産・丸井・ミツワ電機・NECグループ・モリト・八洲電機・豊商事・ヨネックス・ヨドバシカメラ・淀川製鋼所・菱光産業・菱食・ランドロームジャパンほか多数あり。東京経営短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 土居君雄

    土居君雄から見たビックカメラビックカメラ

    二次卸に留まっていては限界があると1959年、小売部門に進出し社名を「ドイ」と変更。後発のハンデでまたも苦戦するが、九州のラジオの深夜30分番組を買ってCMを流し知名度を上げた。1972年東京に進出しチェーンストア展開を加速させカメラ、写真用品の他、家電製品なども取り扱い1975年には新宿へ出店。ヨドバシカメラら競合店と「新宿カメラ戦争」と呼ばれた安売り合戦で話題をまき知名度を上げた。同姓の土井正三と土井淳らを起用したCMでも知られ、ピーク時には九州、関東、関西地方などに約130店舗を展開。1989年度の売上は346億円に達し、カメラの専門店チェーンとしてはヨドバシカメラ、ビックカメラに次ぎ日本で第3位となった。土居君雄 フレッシュアイペディアより)

  • こまつ

    こまつから見たビックカメラビックカメラ

    007 CM潜入大作戦(ジェームズ・ボンドのテーマ、ドン・キホーテ、ジャパネットたかた、レオパレス21、ビックカメラこまつ フレッシュアイペディアより)

  • SDN48

    SDN48から見たビックカメラビックカメラ

    IS03発売記念セレモニー(2010年11月26日、ヨドバシカメラマルチメディア Akiba、ビックカメラ有楽町店本館) - 大堀・KONAN・加藤・伊藤SDN48 フレッシュアイペディアより)

  • ビックアクションカメラ

    ビックアクションカメラから見たビックカメラビックカメラ

    『ビックアクションカメラ』は、1982年5月25日から1985年3月26日までテレビ東京で毎週火曜23時台(詳細は後述)に放送されていたお色気番組。ビックカメラの一社提供。ビックアクションカメラ フレッシュアイペディアより)

  • 高尾晶子

    高尾晶子から見たビックカメラビックカメラ

    「トゥナイト2」終了後は以前ほど目立たなくなったが、「SG競艇LIVE」の司会兼レポーター、「ジャスト」(TBS系、終了)や「2時っチャオ!」(TBS系)のレポーター、「路上魂」(Bayfm)のDJ(ポカスカジャンと共演)、「ビックカメラTVショッピング」の出演者として活動している。高尾晶子 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜ビブレ

    横浜ビブレから見たビックカメラビックカメラ

    ビックカメラパソコン館(7階)横浜ビブレ フレッシュアイペディアより)

  • 東京都道430号新宿停車場前線

    東京都道430号新宿停車場前線から見たビックカメラビックカメラ

    ビックカメラ(三越新宿店跡、かつてはマルイカレンと紀伊国屋書店に挟まれたペンシルビル内)東京都道430号新宿停車場前線 フレッシュアイペディアより)

  • 楽天地 (大阪)

    楽天地 (大阪)から見たビックカメラビックカメラ

    この頃楽天地も御堂筋沿いのデパートなどさらに新しい名所に押され、また山川吉太郎の映画制作で多額の借金を抱えたことで営業が立ち行かなくなってきた。帝国キネマが1930年(昭和5年)に撮影所を焼失したのと時を同じくして、同年、楽天地もついに閉鎖した。その跡地には1932年(昭和7年)には松竹経営で7階建て、3000名弱収容の南欧風近代建築「大阪歌舞伎座」(御堂筋にある大阪新歌舞伎座(2009年6月30日閉館)の前身)が誕生した。なお1958年(昭和33年)、新歌舞伎座竣工後は、旧歌舞伎座ビルは千日デパートとなったが、1972年(昭和47年)の千日デパート火災で死者多数を出す。その後長らくビルは放置され、1983年(昭和58年)ようやく取り壊されダイエー系のデパート「プランタンなんば」に建て替わり、「カテプリなんば」と改称したのを経て現在はビックカメラなんば店(エスカールなんば)となっている。楽天地 (大阪) フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県道306号藤沢停車場線

    神奈川県道306号藤沢停車場線から見たビックカメラビックカメラ

    藤沢駅北口の東端(ビックカメラ藤沢店脇)を起点に北上し、同市藤沢の遊行ロータリー交差点までを結ぶ全長293メートルの道路で、終点の遊行ロータリー交差点では国道467号に接続する。地域交通の要衝である藤沢橋交差点より国道467号を経て藤沢駅北口までを結ぶ道路であるが、道幅が狭いため遊行ロータリー交差点方向から駅北口へ走る一方通行道路となっている。神奈川県道306号藤沢停車場線 フレッシュアイペディアより)

289件中 71 - 80件表示

「ビックカメラ」のニューストピックワード