190件中 91 - 100件表示
  • シングル・レディース (プット・ア・リング・オン・イット)

    シングル・レディース (プット・ア・リング・オン・イット)から見たビヨンセビヨンセ

    「シングル・レディース(プット・ア・リング・オン・イット)」は、アメリカ合衆国のR&B歌手ビヨンセが2008年に発表したソロ3作目のスタジオ・アルバム『アイ・アム... サーシャ・フィアース』のためにトリッキー・スチュワート、ザ・ドリーム、ビヨンセ、クーク・ハレルらによって製作、プロデュースされたダンス・ポップ楽曲。シングル・レディース (プット・ア・リング・オン・イット) フレッシュアイペディアより)

  • テレフォン (曲)

    テレフォン (曲)から見たビヨンセビヨンセ

    「テレフォン」(Telephone)は、アメリカ合衆国のレコーディングアーティストレディー・ガガの2枚目のスタジオ・アルバム『ザ・モンスター』からの楽曲である。アメリカのR&B歌手ビヨンセをフィーチャーしている。当初ガガはこの曲をブリトニー・スピアーズの為に書いたが、その企画は流れた。その後ビヨンセをヴォーカリストとして迎え、自身も録音に参加した。音楽的には誇張されたブリッジ、韻文ラップとエピローグを特徴とする。テレフォン (曲) フレッシュアイペディアより)

  • プラウド・メアリー

    プラウド・メアリーから見たビヨンセビヨンセ

    「プラウド・メアリー」は長年にわたって多くのアーティストにカバーされている。1969年の時点で、ソロモン・バークがこの曲のカバーをシングルとして発表し、エド・エイムズ(Ed Ames)もアルバム『Windmills of Your Mind』に収録した。より良く知られたカバーとしては1970年代前半に発表されたステイタス・クオーによるものがある。1971年には、アイク&ティナ・ターナーによるカバーバージョンが発表された。このバージョンは原曲とは構成が大幅に異なるものであったが、原曲同様に知名度を上げ、ティナ・ターナーの代表曲の一つとなった。アイク&ティナ・ターナーによるバージョンは、ほぼソコ・リチャードソン(Soko Richardson)とアイク・ターナーによって編曲がなされており、官能的でスローテンポなオープニングとティナ・ターナーの語りによるイントロが含まれている。アイク&ティナ・ターナーによる「プラウド・メアリー」は、1971年のポップ・チャートで第4位を記録した。ティナ・ターナーとビヨンセは、第50回グラミー賞の際にこの曲のカバーを披露している。プラウド・メアリー フレッシュアイペディアより)

  • パパラッチ (レディー・ガガの曲)

    パパラッチ (レディー・ガガの曲)から見たビヨンセビヨンセ

    次の場面でガガと眼帯を着用したボーイフレンドは趣のある喫茶室のソファーの上で雑誌を読んでいる。ガガは円形のグラスと円形のショルダーパッドによる黄色の派手なジャンプスーツ一式を着ている。『ガーディアン』はこれをミニーマウスのそれと比較した。ガガは自分の指輪に白い粉(毒)を隠して、控えめに彼の飲み物にそれを入れることによって最終的にボーイフレンドに復讐を果たす。彼女は911に通報し、ボーイフレンドを殺したと断言し駆けつけた警察に逮捕される。高い螺旋状のブロンドのかつらをつけたガガをパパラッチとパトカーが囲う。新聞社は彼女の無実を宣言する。ガガはスポットライトに戻り、名声を回復する。ビデオはシングル・カバーで身に着けている金属的なドレスを身に着けたガガが顔写真の為にポーズをとるシーンで終わる。『デーリー・メール』はこのドレスがビヨンセがライブツアーI Am… Tourで着たドレス一式と比較した。パパラッチ (レディー・ガガの曲) フレッシュアイペディアより)

  • パウラ・セリング

    パウラ・セリングから見たビヨンセビヨンセ

    これまでにアル・バノ(Al Bano)とのデュエットや、マイケル・ボルトン、ビヨンセ等の前座も経験している。パウラ・セリング フレッシュアイペディアより)

  • 林 真里花

    林真里花から見たビヨンセビヨンセ

    オブセッション 歪んだ愛の果て(シャロン〈ビヨンセ・ノウルズ〉)林真里花 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ベネチアン・マカオ

    ザ・ベネチアン・マカオから見たビヨンセビヨンセ

    ビヨンセ(2007年11月3日)ザ・ベネチアン・マカオ フレッシュアイペディアより)

  • カニエ・ウェスト

    カニエ・ウェストから見たビヨンセビヨンセ

    2009年9月13日に行われたMTV Video Music Awards 2009では、最優秀女性アーティスト・ヴィデオ賞を受賞したテイラー・スウィフトのスピーチ中に泥酔して乱入、彼女のスピーチを妨害しマイクを奪い、「君の受賞は本当に良かったけど、ビヨンセが史上最高のビデオを作ったアーティストの1人だ」と発言、場内からブーイングを浴びた。その後最高賞である最優秀ビデオ賞を受賞したビヨンセがスウィフトを壇上に招き入れ、スピーチの続きを促す気遣いを見せている。この行為は波紋を呼び、カニエは自身のブログや翌14日に出演したNBC「ジェイ・レノ・ショー」で謝罪、スウィフト本人にも電話で謝罪したが、音楽ファンや著名人から非難の声が上がり、バラク・オバマ大統領もCNBC主導による記者会見中のオフレコ発言で、カニエに対し「Jackass(ばか者)」と呼ぶ騒ぎにまで発展した。なおこのオバマの発言は、ABC「ナイトライン」のキャスター、テリー・モーランがTwitter上で暴露した物で、この事を意図的に報じなかったCNBCがABCを非難、モーランは発言内容を削除し、ABCは謝罪に追われる事態となった。カニエ・ウェスト フレッシュアイペディアより)

  • シェリル・リー・ラルフ

    シェリル・リー・ラルフから見たビヨンセ・ノウルズビヨンセ

    女優、歌手として活動するラルフは、1956年にコネチカット州に生まれる。ジャマイカとニューヨークで育ち、半分ジャマイカ系の血を引いている。1973年にミス・ブラック・ティーンエイジに輝いたこともある。19という若さで大学を卒業し、大学雑誌の“top 10 collage woman”にその名が載せられた。女優を目指して1982年頃から舞台女優としてキャリアをスタート。ミュージカル舞台版の『ドリームガールズ』において、映画版でビヨンセ・ノウルズが演じていた“ディーナ・ジョーンズ”を演じてトニー賞にもノミネートされた。その後、映画やテレビなどにも出演し始めて、順調にキャリアを重ねていく。1990年にダニー・グローヴァー主演の『To Sleep with Anger』でインデペンデント・スピリット賞を受賞。アフリカ系アフリカ人女優としては、その功績を称えられ全米黒人地位向上協会に5度ノミネートされている。1998年の映画『シークレッツ』では、出演の他、監督と脚本も務めた。現在は映画よりテレビドラマへの出演が増えている。シェリル・リー・ラルフ フレッシュアイペディアより)

  • 県敏哉

    県敏哉から見たBeyonceビヨンセ

    Beyonce Beyond the Ballad (Japanese Narration)県敏哉 フレッシュアイペディアより)

190件中 91 - 100件表示

「ビヨンセ」のニューストピックワード