190件中 111 - 120件表示
  • ジェイ・Z

    ジェイ・Zから見たビヨンセビヨンセ

    ミュージック・ビデオで共演したビヨンセと親密な交際を始め、2008年4月4日、米ピープル誌が2人の結婚を大々的に報じた。本人達は、結婚についてはほとんど言及していない。ジェイ・Z フレッシュアイペディアより)

  • ヒップホップ系ファッション

    ヒップホップ系ファッションから見たビヨンセ・ノーウェルズビヨンセ

    今日、ヒップホップ系ファッションは、世界中でかなりの割合の若者たちに親しまれている。ヒップホップのアーティストやレコード会社の重役たちの中には、ブランドやクロージング・ラインを立ち上げる者も少なくない。ラッセルシモンズがファット・ファームを、キモラ・リー・シモンズがべビーファットを、デイモン・ダッシュとジェイZがロカウエアを、50セントがGユニット・クロージングを、エミネムがシェイディLtdを、アウトキャストがアウトキャスト・クロージングを、ビヨンセ・ノーウェルズがハウスオブデレオンを、それぞれ立ち上げた。さらにヒップホップ系ブランドとして、前述のカール・カナイ、フーブに加え、エコーアンリミテッド、マリテ+フランソワ・ジルボー、エニーチェ、A BATHING APE、LRG、ティンバーランド、アカデミクスなどが挙げられる。ドクタージェイズのように、ヒップホップに影響を受けた洋服を展開している小売業者も多い。業界は大きな成長を遂げている。ヒップホップ系ファッション フレッシュアイペディアより)

  • Yutta Charme

    Yutta Charmeから見たビヨンセビヨンセ

    音楽はケイティ・ペリー(Katy Perry)、テイラー・スウィフト(Taylor Swift)、ケシャ(Ke$ha)、バックストリート・ボーイズ(Backstreet Boys)、ビートルズ(The Beatles)、ニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)、ビヨンセ(Beyoncé )など幅広く好んで聞いている。Yutta Charme フレッシュアイペディアより)

  • トム・ブレイディ

    トム・ブレイディから見たビヨンセビヨンセ

    端正なルックスでも人気を誇り、ファッション誌などの表紙を飾ることもある。2002年にはPeople誌から「世界で最も美しい50人」"50 Most Beautiful People"の一人に選出された。USA TODAYからは「最も紳士的な服装が似合う男性」に選ばれており、また何度か表紙を飾ったこともあるGQ誌からは「世界で最もスタイリッシュな男性25人」に選ばれている。なおこれにはイチローも選出されている。フォーブス誌の「世界のセレブリティ・ランキング トップ100」にもたびたび選ばれている(妻のジゼル・ブンチェンも選ばれている)。またブンチェンとブレイディはアメリカで最もホットなカップルのうち一組と言われている。2011年にはフォーブス誌が、ブレイディとブンチェンはジェイ・Zとビヨンセ、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーらを抑え、世界で最も裕福なセレブリティ・カップルであると報じた。二人の収入は2010年度で計7500万ドルだったとされている。トム・ブレイディ フレッシュアイペディアより)

  • ジェニファー・ハドソン

    ジェニファー・ハドソンから見たビヨンセ・ノウルズビヨンセ

    2005年11月、名作ミュージカルを映画化した『ドリームガールズ』(2006年公開。日本では2007年2月17日公開)のオーディションで782名の参加者の中から審査員の満場一致で選ばれ、エフィー・ホワイト役を獲得した。同作ではビヨンセ・ノウルズやジェイミー・フォックスと共演した。その演技は「主演のビヨンセを食った」と絶賛され、第64回ゴールデングローブ賞 助演女優賞を受賞。他、アカデミー賞の前哨戦といわれる映画賞を総なめにし、大方の予想通り、第79回アカデミー賞の助演女優賞を受賞した。ジェニファー・ハドソン フレッシュアイペディアより)

  • 第47回スーパーボウル

    第47回スーパーボウルから見たビヨンセビヨンセ

    ハーフタイムショーは、グラミー賞歌手のビヨンセが出演することが2012年10月16日に発表された。第47回スーパーボウル フレッシュアイペディアより)

  • 1981年の音楽

    1981年の音楽から見たビヨンセビヨンセ

    9月4日 - ビヨンセ(、シンガーソングライター、元デスティニーズ・チャイルド)1981年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • はるな 愛

    はるな愛から見たビヨンセビヨンセ

    2007年、陣内智則・藤原紀香夫妻の結婚披露宴の2次会でを披露、その場に居合わせた業界人の注目を集め、モノマネ芸人(あてぶり芸人)として活動するようになる。持ちネタは、松田聖子・松浦亜弥・島谷ひとみ・ビヨンセ・藤本美貴・ホイットニー・ヒューストンなどのモノマネと、横向けにしたVサインを目頭から目じりに移動させて「よろしくピース」などのギャグ。口癖は「言うよね〜」。最近はそれを始めとして、いろいろな「○○よね〜」を言うようになっている。はるな愛 フレッシュアイペディアより)

  • アリーナ・ザグレブ

    アリーナ・ザグレブから見たビヨンセビヨンセ

    また、コンサートの開催も多く、ビヨンセ、デペッシュ・モード、レパ・ブレナ、トム・ジョーンズ、エロス・ラマゾッティらがライブを行った。アリーナ・ザグレブ フレッシュアイペディアより)

  • クレイジー・イン・ラブ

    クレイジー・イン・ラブから見たビヨンセビヨンセ

    クレイジー・イン・ラブ (Crazy in Love) は、アメリカ合衆国のR&B歌手ビヨンセとヒップホップ・ラッパージェイ・Zとの共演作である。クレイジー・イン・ラブ フレッシュアイペディアより)

190件中 111 - 120件表示

「ビヨンセ」のニューストピックワード