269件中 11 - 20件表示
  • 島津藍

    島津藍から見たビヨンセビヨンセ

    アメリカを拠点に活動し、日本人・アジア人初のビヨンセのダンサーとしてヨーロッパツアーを回り、MTV Video Music Awardsなどアメリカの数々のTVにも出演。その他にも、ブランディ、プリンス、グウェン・ステファニー、カニエ・ウェスト、R・ケリー、キーシャ・コール、ジャネール・モネイ、クリスティーナ・アギレラなど様々な海外アーティストとショーやミュージックビデオで共演している。国内では三浦大知の「Right Now」のMVに本人とのペアダンスの相手役として出演。また、アメリカのテレビドラマシリーズ「glee」にもダンサーとして出演している。2014年にはファレル・ウィリアムズのダンサーとしてワールドツアーを周り、彼のダンサーThe Baesの一員としても活動。島津藍 フレッシュアイペディアより)

  • トリッキー・スチュワート

    トリッキー・スチュワートから見たビヨンセビヨンセ

    2008年、プロデュースしたビヨンセの「シングル・レディース (プット・ア・リング・オン・イット)」、マライア・キャリーの「タッチ・マイ・ボディ」が全米1位を記録する。トリッキー・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • 第79回アカデミー賞

    第79回アカデミー賞から見たビヨンセ・ノウルズビヨンセ

    歌曲賞候補曲のパフォーマンスは、ビヨンセ・ノウルズ、ジェニファー・ハドソン、アニカ・ノニ・ローズ、キース・ロビンソンが『ドリームガールズ』の劇中で自身らが歌った候補曲を披露、その他、ランディ・ニューマンとジェームズ・テイラー、メリッサ・エストリッジもそれぞれ候補曲を披露した。第79回アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 第64回ゴールデングローブ賞

    第64回ゴールデングローブ賞から見たビヨンセ・ノウルズビヨンセ

    個人別ではヘレン・ミレンが候補となった3つの内、2部門で受賞(テレビ部門の同一カテゴリで2つ候補にあがったため、これが限界)。他、アネット・ベニング、エミリー・ブラント、キウェテル・イジョフォー、クリント・イーストウッド(外国語映画賞を含むと3つ)、レオナルド・ディカプリオ、トニ・コレット、ビヨンセ・ノウルズもそれぞれダブル候補となった。うち、ブラントは受賞、イーストウッドは外国語映画賞受賞作の監督としてトロフィーを得ている。第64回ゴールデングローブ賞 フレッシュアイペディアより)

  • グラミー・ノミニーズ

    グラミー・ノミニーズから見たビヨンセビヨンセ

    イレプレイスブル / ビヨンセ(3:47)グラミー・ノミニーズ フレッシュアイペディアより)

  • コールドプレイ

    コールドプレイから見たビヨンセビヨンセ

    2015年11月、前作『ゴースト・ストーリーズ』から僅か1年と7ヶ月ぶりにリリース予定の7thアルバムに向けたリード・シングル「アドヴェンチャー・オブ・ア・ライフタイム(Adventure Of A Lifetime)」を発表し、同年12月4日に7thアルバム『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』(A Head Full of Dreams)を、日本も含めた全世界で同時リリースした。プロデューサーには、前作に引き続き長年コールドプレイの作品に携わっているリック・シンプソンらに加え、ノルウェーのプロダクション・チーム、スターゲイトを迎えている。また、ビヨンセやトーヴ・ロー、ノエル・ギャラガーなど多数のゲスト・ミュージシャンを迎え、さらにはクリスの前妻であるグウィネス・パルトロウ、間接的ではあるが米大統領のバラク・オバマも参加している。コールドプレイ フレッシュアイペディアより)

  • 2NE1

    2NE1から見たビヨンセビヨンセ

    今回の2NE1のグローバルツアーには、故マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」のコンサート振付師だったトラヴィス・ペインが演出家として参加し、ビヨンセのツアーバンドのリーダーだったディビニティ・ロックスが携わっている。また、アメリカの有名ステージデザイナーマイケル・コットンが2NE1のステージのデザインを担当した。2NE1 フレッシュアイペディアより)

  • ルーサー・ヴァンドロス

    ルーサー・ヴァンドロスから見たビヨンセビヨンセ

    2003年に、ヴァンドロスはアルバム『Dance With My Father』を発表した。そのタイトル曲は、亡き父との幼い頃にダンスした思い出がテーマになっているもので、共作者のリチャード・マークスとともに、第46回グラミー賞で最優秀楽曲賞を受賞した。また、この曲は同時に 4回目となる最優秀男性 R&B 歌唱賞を受賞した。アルバムは、Billboard 200(総合アルバムチャート)で初めてとなる 1位を記録した。グラミー賞で初の最優秀R&Bアルバム賞に輝き、またビヨンセとのデュエット「The Closer I Get to You」(ダニー・ハサウェイ&ロバータ・フラックのカバー)も最優秀R&Bデュオ/グループ賞を受賞した。アルバムからの 2nd シングル「Think About You」は、2004年のアーバン・アダルト・コンテンポラリ・ソングで 1位に輝いた。ルーサー・ヴァンドロス フレッシュアイペディアより)

  • 2009年バラク・オバマ大統領就任式

    2009年バラク・オバマ大統領就任式から見たビヨンセビヨンセ

    ネイバーフッド就任祝賀ダンスパーティーで、オバマ夫妻は「大統領夫妻(ファーストカップル)」としての最初の1曲を、ビヨンセが歌うエタ・ジェイムズの"At Last"に合わせて踊った。オバマ大統領が招待客らに対して挨拶をし、ミシェルとともに踊った公式ダンスパーティーは次のとおりである。2009年バラク・オバマ大統領就任式 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイ・Z

    ジェイ・Zから見たビヨンセビヨンセ

    ジェイ・Z(ジェイ・ズィー、英:Jay Z、英旧表記:Jay-Z、男性、1969年12月4日 - )は、アメリカ合衆国のラッパー、作詞家、作曲家、音楽プロデューサー。本名:ショーン・コーリー・カーター (Shawn Corey Carter)。元ロッカフェラ・レコード、ロッカウェア、デフ・ジャム・レコードのCEO。ブルックリン・ネッツの共同オーナー。現在は、ロック・ネイション、ロック・ネイション・スポーツ、スターロック、定額制音楽配信サービス「Tidal」のCEO。ナイトクラブチェーン40/40のオーナー。ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区ベッドフォード・スタイベサント地区出身。グラミー賞受賞者。MTVが選ぶ「世界的にもっとも偉大な輝きが衰えないラッパー」「世界的にもっとも頂点に君臨するラッパー」にも選ばれた。推定資産は500億円。妻は歌手のビヨンセ。2012年に長女のブルー・アイビーが生まれた。ジェイ・Z フレッシュアイペディアより)

269件中 11 - 20件表示