269件中 31 - 40件表示
  • Beyonce

    Beyonceから見たビヨンセビヨンセ

    Beyonce フレッシュアイペディアより)

  • ビヨンセ・ノウルズ

    ビヨンセ・ノウルズから見たビヨンセビヨンセ

    ビヨンセ・ノウルズ フレッシュアイペディアより)

  • ビヨンセ・ノーウェルズ

    ビヨンセ・ノーウェルズから見たビヨンセビヨンセ

    ビヨンセ・ノーウェルズ フレッシュアイペディアより)

  • リビング・サウンド・エンターテイメント

    リビング・サウンド・エンターテイメントから見たビヨンセビヨンセ

    プロダクション・チームには、グラミー賞を多数受賞しているアメリカ音楽業界屈指のトッププロデューサー陣、また日本では倉木麻衣をプロデュースしたミグエル・ペッソア、久保田利伸を手がけたゴードン・チャンバースなどの音楽プロデューサー、マイケル・ジャクソン、デスティニーズ・チャイルド、ビヨンセなどを担当しMTV賞を総なめにした振付師ラ・ベール・スミス・Jrなど優れた業績を有するメンバーで構成されており、現在のアメリカ音楽業界においてトップクラスの人材と共に仕事を進めている。リビング・サウンド・エンターテイメント フレッシュアイペディアより)

  • ES POSHH!

    ES POSHH!から見たビヨンセビヨンセ

    読者層は大学生から20代前半が中心。表紙はビヨンセなどの海外セレブの他、専属モデル達が飾っている。ES POSHH! フレッシュアイペディアより)

  • JASMINE (歌手)

    JASMINE (歌手)から見たビヨンセビヨンセ

    影響を受けたアーティストは宇多田ヒカル。前述の通り、比較されることもあるが、本人は昔から宇多田の曲を聴いていて影響を受けたと述べ、敬意を表している。また、彼女の1枚目のスタジオアルバム『First Love』を「日本人(アーティストの中)で1番聴いたアルバム」として挙げている。その他、影響を受けたアルバムとして、クリスティーナ・アギレラの『ストリップト』、ジョーの『シグネチャー』、マイケル・ジャクソンの『キング・オブ・ポップ』、マライヤ・キャリーの『』、メアリー・J. ブライジの『シェア・マイ・ワールド』、アリシア・キーズの『ソングス・イン・Aマイナー』、ジェニファー・ハドソンの『ジェニファー・ハドソン』、ノトーリアス・B.I.G.の『グレイテスト・ヒッツ』、ニーヨの『I LOVE NE-YO NE-YO SONGS2』、2パックの『トゥパック:レザレクション』、ビヨンセの『デンジャラスリィ・イン・ラヴ』、ジェイ・Zの『ザ・ブループリント3』を挙げている。JASMINE (歌手) フレッシュアイペディアより)

  • 2004 A.I.

    2004 A.I.から見たビヨンセビヨンセ

    クレジットには書かれていないが、ビヨンセの「Crazy In Love」がサンプリングされている。2004 A.I. フレッシュアイペディアより)

  • S Club juniors

    S Club juniorsから見たビヨンセビヨンセ

    Musical Juniorというあだ名を持つ、おしゃれ好きな金髪の女の子。ブリトニー・スピアーズにそっくりな声を持つ。S Club 8解散後は、Score Angelというフットボールのチアグループに所属し、From Aboveという女性ボーカルグループにも所属。5度のメンバーチェンジの後、From Aboveはアメリカ進出を目指して、ビヨンセの父と契約した。S Club juniors フレッシュアイペディアより)

  • ミュージック・フロム・バズ・ラーマンズ・華麗なるギャツビー

    ミュージック・フロム・バズ・ラーマンズ・華麗なるギャツビーから見たビヨンセビヨンセ

    『ミュージック・フロム・バズ・ラーマンズ・華麗なるギャツビー』(Music from Baz Luhrmann's Film The Great Gatsby)は、F・スコット・フィッツジェラルドの小説『グレート・ギャツビー』を原作とした2013年の映画『華麗なるギャツビー』のサウンドトラックであり、2013年5月6日にインタースコープ・レコードより発売された。ジェイ・Zがアルバムのエグゼクティブ・プロデューサー、アントン・モンステッドがメイン・プロデューサーを務める。サウンドトラックにはファーギー、ラナ・デル・レイ、フローレンス・アンド・ザ・マシーン、ジェイ・Z、、ザ・エックス・エックス、ウィル・アイ・アムの書き下ろし曲が収録される。また、エイミー・ワインハウスの「」をビヨンセとアンドレ・3000、ロキシー・ミュージックの「」をブライアン・フェリーと、ビヨンセの「クレイジー・イン・ラブ」をエミリー・サンデーとブライアン・フェリー・オーケストラ、U2の「」をジャック・ホワイトがカバーした。ラナ・デル・レイが歌う「ヤング・アンド・ビューティフル」はアルバムのであり、2013年4月23日に発売された。ミュージック・フロム・バズ・ラーマンズ・華麗なるギャツビー フレッシュアイペディアより)

  • ヨハン・レンク

    ヨハン・レンクから見たビヨンセビヨンセ

    多くの音楽家のミュージック・ビデオを監督しており、これまでにマドンナの「ハング・アップ」と「」、カイリー・ミノーグの「ラヴ・アット・ファースト・サイト」、オール・セインツの「」、ロビー・ウィリアムズの「」と「」、ザ・リバティーンズの「ホワット・ビケイム・オブ・ザ・ライクリー・ラッズ」、スウェードの「」、ニュー・オーダーの「」と「」、ビヨンセの「」などを手掛けている。ヨハン・レンク フレッシュアイペディアより)

269件中 31 - 40件表示