190件中 41 - 50件表示
  • ヨハン・レンク

    ヨハン・レンクから見たビヨンセビヨンセ

    多くの音楽家のミュージック・ビデオを監督しており、これまでにマドンナの「ハング・アップ」と「」、カイリー・ミノーグの「ラヴ・アット・ファースト・サイト」、オール・セインツの「」、ロビー・ウィリアムズの「」と「」、ザ・リバティーンズの「ホワット・ビケイム・オブ・ザ・ライクリー・ラッズ」、スウェードの「」、ニュー・オーダーの「」と「」、ビヨンセの「」などを手掛けている。ヨハン・レンク フレッシュアイペディアより)

  • ヴォーギング

    ヴォーギングから見たビヨンセビヨンセ

    ビヨンセ 『ゲット・ミー・ブディード』ヴォーギング フレッシュアイペディアより)

  • ゲイ・アンセム

    ゲイ・アンセムから見たビヨンセビヨンセ

    大きな支持を受けたディーヴァ: 個別の歌の特徴というよりも、女性のゲイ・アイコンでディーヴァスタイルのポップ・ミュージックの歌手に対して多くのゲイ男性が崇拝的とも言えるような支持をしている。現代におけるこの例にはシェール、マドンナ、マライア・キャリー、ピンク、ビヨンセなどがある。ゲイ・アンセム フレッシュアイペディアより)

  • エマ・バントン

    エマ・バントンから見たビヨンセビヨンセ

    2005年にボリウッド映画、" Pyaar Mein Twist and Chocolate"に出演。これはビヨンセの代役だと噂が流れた。(ちょうどこのとき、ビヨンセはピンクパンサーの映画の撮影をしていた。)エマ・バントン フレッシュアイペディアより)

  • ベイビー・ボーイ

    ベイビー・ボーイから見たビヨンセビヨンセ

    「ベイビー・ボーイ (Baby Boy)」は、アメリカ合衆国の歌手、ビヨンセのソロ・デビュー・アルバム『デンジャラスリィ・イン・ラヴ』から2作目のリカット・シングル。ジャマイカの歌手ショーン・ポールによるレゲエ・トースティングを採用したこの楽曲のジャンルは、R&B、レゲエに該当する。プロデューサーは、ビヨンセ自身とスコット・ストーチ (:en:Scott Storch) が行い、作曲作詞には彼女とストーチのほかに、ロバート・ウォラー、ジェイ・Z、ショーン・ポールが携わった。ベイビー・ボーイ フレッシュアイペディアより)

  • SunMin

    SunMinから見たビヨンセビヨンセ

    好きなアーティストにクリスティーナ・アギレラ、アリシア・キーズ、ビヨンセ、火曜飛(ファヨビ)、久保田利伸、Crystal Kayなどを挙げている。SunMin フレッシュアイペディアより)

  • ミッシー・エリオット

    ミッシー・エリオットから見たビヨンセビヨンセ

    彼女は、『レイン』『ホット・ボーイズ』『ワン・ミニット・マン』『ワーク・イット』『パス・ザット・ダッチ』『ルーズ・コントロール』などの一連のヒットと多様なミュージック・ビデオで知られる。盟友であるティンバランドと同様に広範囲に他のアーティストの為に働いた。ティンバランドとはR&B歌手ジニュワインのアルバム『Ginuwine...the Bachelor』の制作で協力した。プロデュースを手がけたアリーヤの1996年のアルバム『ワン・イン・ア・ミリオン』の成功の後、マイア、リル・キム、マライア・キャリー、キーシャ・コール、リル・モー、メアリー・J. ブライジ、ビヨンセ、ファンタジア・バリノ、ニコル・レイ、ジャズミン・サリヴァン、ブラック、ジャネット・ジャクソン、トゥイート、マグー、モニカ、MCライト、マドンナら多くのアーティストに楽曲を提供している 。ミッシー・エリオット フレッシュアイペディアより)

  • ミュージックステーション1000回記念スペシャル

    ミュージックステーション1000回記念スペシャルから見たビヨンセビヨンセ

    733. ビヨンセ「If Were A Boy」2008年10月31日放送ミュージックステーション1000回記念スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 辻利恵

    辻利恵から見たビヨンセビヨンセ

    2006年6月、ビヨンセのライブツアーのバックバンドを応募する女性限定のオーディションに友人の勧めで軽い気持ちで参加する。アメリカ5都市であった1次予選を通過し、ニューヨークで行われた最終予選に進み、ビヨンセの前で演奏した。この時のファイナリストは約30人でそのうち日本人は辻だけだった。元々、耳の良さには自信があったそうで、聴いた曲を即座に弾ける点が評価され、1万人の応募者の中から選ばれた。辻利恵 フレッシュアイペディアより)

  • ジャスト・ダンス

    ジャスト・ダンスから見たビヨンセビヨンセ

    この楽曲は、全米総合シングル・チャートビルボードHot 100には2008年8月16日付のチャートにて76位で初登場している。この楽曲はまず全米中のダンス・クラブにてヒットし、Hot Dance AirplayとHot Dance Club Playの両チャートでは2008年夏頃に最高位2位を記録した。その後、2009年1月10日付のビルボードHot 100チャートでは1週間のダウンロード数としては歴代2位のダウンロード数419,000ユニットを記録し、第2位まで浮上した。同週付のPop 100チャートでは、エアプレイとダウンロード・セールスを稼ぎ、トップに躍り出ている。同じく、同週付のHot Digital Tracksチャートでも首位を記録した。翌週2009年1月17日付のHot 100チャートでは、ビヨンセの「シングル・レディース(プット・ア・リング・オン・イット)」を見事に蹴落とし、第1位を獲得している。22週目での首位獲得は、クリードによる「ウィズ・アームス・ワイド・オープン」が27週目で達成して以来の最長記録となった。その後、2月7日付のチャートにてケリー・クラークソンの「ウィズアウト・ユー」に首位を奪われるまでのあいだ、合計3週にわたって首位を記録した。ジャスト・ダンス フレッシュアイペディアより)

190件中 41 - 50件表示

「ビヨンセ」のニューストピックワード