269件中 51 - 60件表示
  • 鬼束大我

    鬼束大我から見たビヨンセビヨンセ

    2008年6月、ニューヨークの名門「クリントンスタジオ」(フランク・シナトラ、トニー・ベネット、ソニー・ロリンズ、ウィントン・マルサリス、プラシド・ドミンゴ、スティング、ビヨンセ等がレコーディングした)にて、ベーシストのバスター・ウィリアムス、ピアニストのベニー・グリーンとともに、3rdアルバム「A Time In New York」を収録。2009年2月には同メンバーで全国ツアーを敢行。人種や言葉を超えた三世代トリオによる濃厚なジャズの対話は、大きな感動とともに高い評価を受けるツアーとなった。鬼束大我 フレッシュアイペディアより)

  • ユリサ

    ユリサから見たビヨンセビヨンセ

    キャッチコピーは「京都のビヨンセ」(自称)。ユリサ フレッシュアイペディアより)

  • イヴィ・アダムー

    イヴィ・アダムーから見たビヨンセビヨンセ

    2009年から2010年にかけて、第2回のギリシャ版Xファクターに参加し、最終的に6位にまで上り詰めた。番組中で、影響を受けたアーティストとしてビヨンセやクリスティーナ・アギレラ、ホイットニー・ヒューストンの名を挙げている。イヴィ・アダムー フレッシュアイペディアより)

  • ショーン・ポール

    ショーン・ポールから見たビヨンセビヨンセ

    ファーストアルバムの『ステージ・ワン』は、新人アーティストとしてはヒップホップ雑誌のソース誌でも高い評価を得ていたが、インターナショナルではセカンドアルバム『ダッティ・ロック』でブレイクした。また『ダッティ・ロック』からシングルカットされた『Get Busy』もヒットした。バスタ・ライムス、ビヨンセ、リアーナ、サンタナ等の作品でも活躍している。ショーン・ポール フレッシュアイペディアより)

  • ONE (JASMINEの曲)

    ONE (JASMINEの曲)から見たビヨンセビヨンセ

    本作は2010年11月頃にニューヨーク市で制作された。過去にニーヨ、リアーナ、ビヨンセなどを手がけたスターゲイトがプロデュースしている。彼らによるプロデュースはJASMINEが過去にニーヨの日本公演のオープニングアクトを務めた事で実現した。彼女は最初に曲を聴いた時に、ある少女の目線になっている画を見たと語っている。それは、その子が渋谷のスクランブル交差点など人の多い場所にいるのに刺激がない為、そこから抜け出して夜中のショーウィンドウに自分を映して自分を解き放って踊っているという内容だった。その子が何を考えて踊っているのか、何の為にそんな事をしているのかと考えた。その子は自分になれない空間が嫌で「私はこうやって踊りたいんだ」という意志があり、その子の「強さ」が曲になって、聴いた人に乗り移られたら良いという思いが込められている。JASMINE自身はこの曲を「ファイトミュージック」であると述べている。ONE (JASMINEの曲) フレッシュアイペディアより)

  • ジャスト・ダンス

    ジャスト・ダンスから見たビヨンセビヨンセ

    この楽曲は、全米総合シングル・チャートビルボードHot 100には2008年8月16日付のチャートにて76位で初登場している。この楽曲はまず全米中のダンス・クラブにてヒットし、Hot Dance AirplayとHot Dance Club Playの両チャートでは2008年夏頃に最高位2位を記録した。その後、2009年1月10日付のビルボードHot 100チャートでは1週間のダウンロード数としては歴代2位のダウンロード数419,000ユニットを記録し、第2位まで浮上した。同週付のPop 100チャートでは、エアプレイとダウンロード・セールスを稼ぎ、トップに躍り出ている。同じく、同週付のHot Digital Tracksチャートでも首位を記録した。翌週2009年1月17日付のHot 100チャートでは、ビヨンセの「シングル・レディース(プット・ア・リング・オン・イット)」を見事に蹴落とし、第1位を獲得している。22週目での首位獲得は、クリードによる「ウィズ・アームス・ワイド・オープン」が27週目で達成して以来の最長記録となった。その後、2月7日付のチャートにてケリー・クラークソンの「ウィズアウト・ユー」に首位を奪われるまでのあいだ、合計3週にわたって首位を記録した。ジャスト・ダンス フレッシュアイペディアより)

  • The Best Now & Then 〜10th Anniversary〜

    The Best Now & Then 〜10th Anniversary〜から見たビヨンセビヨンセ

    ボーナストラック・ビヨンセのカヴァー。Yuki-K名義でリリース。The Best Now & Then 〜10th Anniversary〜 フレッシュアイペディアより)

  • ウィ・ウィル・ロック・ユー (ミュージカル)

    ウィ・ウィル・ロック・ユー (ミュージカル)から見たビヨンセビヨンセ

    他のボヘミアン - 上演地域や時期によって名が変わる。これまで使用された名称を以下に示す。ポール・マッカートニー、ブルース・スプリングスティーン、ロビー・ウィリアムズ、ビヨンセ、マドンナ、エイミー・ワインハウス、ボブとはたらくブーブーズ、ボーイ・ジョージ、クリフ・リチャード、スパイス・ガールズ、エルトン・ジョン、ジャクソン・ファイブ、プリンス、バートン・カミングス、ジョン・ファーナム、シャーロット・チャーチ、クレイジー・フロッグ、エディ・コクラン、アヴリル・ラヴィーン、シャナイア・トウェイン、リリー・アレン、ケリー・オズボーン、クレイ・エイケン、チーキー・ガールズ、カート・コベイン、マイケル・ジャクソン、ホイットニー・ヒューストン、ゲイリー・バーロウ、レディ・ガガ、ジャスティン・ビーバー、フランキー・ヴァリ。ウィ・ウィル・ロック・ユー (ミュージカル) フレッシュアイペディアより)

  • キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語

    キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語から見たビヨンセビヨンセ

    2008年2月にニュージャージー州、ミシシッピ州で撮影。ビヨンセが製作総指揮を務めた。キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語 フレッシュアイペディアより)

  • スターゲイト (プロダクション・チーム)

    スターゲイト (プロダクション・チーム)から見たビヨンセビヨンセ

    全米/全英音楽界屈指のヒットメーカーであり、これまでに30曲以上ものトップ10シングルを世に送り出している。彼等が最初に送り込んだ全米トップ1シングルは、Ne-Yoの「So Sick」であり、その後ビヨンセの「Irreplaceable」も続けてトップに輝いた。スターゲイト (プロダクション・チーム) フレッシュアイペディアより)

269件中 51 - 60件表示