106件中 61 - 70件表示
  • ビヨンセ

    ビヨンセから見たアフリカ系アメリカ人

    アフリカ系アメリカ人のマシュー・ノウルズ(Matthew Knowles)とルイジアナ・クレオールの祖先(アメリカインディアン、フランス人の血を引く)を持つティナ(Tina)との間に、長女として生まれた。フランス領ルイジアナとのゆかりからフランス系の名「ビヨンセ」と命名される。Beyonce(発音は異なる)はティナの旧姓でもあった。7歳ごろのビヨンセはダンス・スクールに通い、教会の聖歌隊員だった。ビヨンセ フレッシュアイペディアより)

  • ビヨンセ

    ビヨンセから見たビルボード

    2003年6月、デビュー・ソロ・アルバム『デンジャラスリィ・イン・ラヴ』をリリースした。ジェイ・Zをフィーチャリングしたファースト・シングル「クレージー・イン・ラブ」(Crazy In Love) は、8週連続ビルボード・ホット100シングルチャートで1位を記録し、この夏最大のヒットとなった。『デンジャラスリー・イン・ラヴ』はアメリカ、イギリス、カナダでポップアルバムチャート (ビルボード200)とR&Bアルバムチャートでトップを記録。アルバムはアメリカで400万枚、全世界では800万枚以上のセールスを記録。シングルとアルバムが同時にアメリカとイギリスでポップチャート1位を記録するのは1983年以来、女性では初の功績となった。彼女は、2003年最も商業的に成功を収める女性R&B歌手になるまで成長した。2004年は、アリシア・キーズに押されて女性で2位に転落したものの、アリシアもビヨンセを超えるほどのセールスを記録することはなかった。ビヨンセ フレッシュアイペディアより)

  • ビヨンセ

    ビヨンセから見たフランス領ルイジアナ

    アフリカ系アメリカ人のマシュー・ノウルズ(Matthew Knowles)とルイジアナ・クレオールの祖先(アメリカインディアン、フランス人の血を引く)を持つティナ(Tina)との間に、長女として生まれた。フランス領ルイジアナとのゆかりからフランス系の名「ビヨンセ」と命名される。Beyonce(発音は異なる)はティナの旧姓でもあった。7歳ごろのビヨンセはダンス・スクールに通い、教会の聖歌隊員だった。ビヨンセ フレッシュアイペディアより)

  • ビヨンセ

    ビヨンセから見たコマーシャルメッセージ

    ペプシ:ブリトニー・スピアーズ、ピンクとトリオのグラディエーター役でCMに出演し、クイーンの「ウィ・ウィル・ロック・ユー」をカヴァー。ビヨンセ フレッシュアイペディアより)

  • ビヨンセ

    ビヨンセから見たかつら (装身具)

    ヘアスタイルやヘアカラーを頻繁に変え、ロレアルのヘアカラーリング商品でテレビコマーシャルにも出演したが、本人の地毛は黒人特有のカーリーヘアであり、CM出演時も含めウィッグを愛用している。ビヨンセ フレッシュアイペディアより)

  • ビヨンセ

    ビヨンセから見たチェス・レコード

    2008年12月全米公開のチェス・レコードを題材にした映画『キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語』では、ブルース・シンガー、エタ・ジェイムズの役で出演し、エタの代表曲「At Last」などを歌っている。ビヨンセ フレッシュアイペディアより)

  • ビヨンセ

    ビヨンセから見たミュージカル

    人気コーラス・グループ、シュープリームスをモデルにしたミュージカル『ドリームガールズ』の映画版に主演。ダイアナ・ロスをモデルにしたキャラクター、ディーナ・ジョーンズを演じる。カーティス役にジェイミー・フォックスのほかにエディ・マーフィ、ジェニファー・ハドソンなどが出演。2006年12月にアメリカで公開され、ビヨンセはゴールデングローブ賞主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)にノミネートされた。ビヨンセ フレッシュアイペディアより)

  • ビヨンセ

    ビヨンセから見たフィーチャリング

    2003年6月、デビュー・ソロ・アルバム『デンジャラスリィ・イン・ラヴ』をリリースした。ジェイ・Zをフィーチャリングしたファースト・シングル「クレージー・イン・ラブ」(Crazy In Love) は、8週連続ビルボード・ホット100シングルチャートで1位を記録し、この夏最大のヒットとなった。『デンジャラスリー・イン・ラヴ』はアメリカ、イギリス、カナダでポップアルバムチャート (ビルボード200)とR&Bアルバムチャートでトップを記録。アルバムはアメリカで400万枚、全世界では800万枚以上のセールスを記録。シングルとアルバムが同時にアメリカとイギリスでポップチャート1位を記録するのは1983年以来、女性では初の功績となった。彼女は、2003年最も商業的に成功を収める女性R&B歌手になるまで成長した。2004年は、アリシア・キーズに押されて女性で2位に転落したものの、アリシアもビヨンセを超えるほどのセールスを記録することはなかった。ビヨンセ フレッシュアイペディアより)

  • ビヨンセ

    ビヨンセから見たデンジャラスリィ・イン・ラヴ

    デンジャラスリィ・イン・ラヴ - Dangerously In Love (2003年)※ソロ・デビューアルバムビヨンセ フレッシュアイペディアより)

  • ビヨンセ

    ビヨンセから見たクリスタルガイザー

    2009年2月、次のシングルとして「ヘイロー」「ディーヴァ」をそれぞれ発表。「ヘイロー」は、発表当初は爆発的なヒットに至らなかったが、自身主演の映画『Obsessed』の主題歌となり、ビルボードHot 100にて5位を記録するヒットとなった。6月には、「Ego」「Broken-Hearted Girl」を発表。「Ego」はカニエ・ウェストをフィーチャーしたリミックスも発表されている。8月には、日本でクリスタルガイザーのCMソングになっている「Sweet Dreams」を発表。この楽曲はアルバムリリース前に、自身のウェブサイトにて「Beautiful Nightmare」のタイトルで“新曲”として発表していたトラックだった。ビヨンセ フレッシュアイペディアより)

106件中 61 - 70件表示

「ビヨンセ」のニューストピックワード