946件中 31 - 40件表示
  • スーザン・ライス

    スーザン・ライスから見たビル・クリントンビル・クリントン

    クリントン政権2期目には、国家安全保障会議スタッフ、アフリカ担当国務次官補を務め、オバマ政権では、2009年1月22日の上院議会で全会一致で国連大使に指名された。女性としてはジーン・カークパトリック、マデレーン・オルブライトに続きアメリカ合衆国史上3人目、アフリカ系アメリカ人女性としては初の国連大使である。国連大使退任後は同政権で国家安全保障問題担当大統領補佐官に任命され、政権交代まで務めた。なお同じアフリカ系アメリカ人女性だが、ジョージ・W・ブッシュ政権の国務長官を務めたコンドリーザ・ライスとの血縁関係はない。スーザン・ライス フレッシュアイペディアより)

  • 第三次台湾海峡危機

    第三次台湾海峡危機から見たビル・クリントンビル・クリントン

    南アメリカへの旅行の後に、テクニカルランディングのため、李登輝の乗った飛行機がホノルルに立ち寄った1994年初頭、アメリカ合衆国大統領ビル・クリントンのアメリカ合衆国連邦政府は、査証を求める李登輝の要請を拒否した。李登輝はヒッカム空軍基地に足止めされ、飛行機に一晩中留まることを余儀なくされた。アメリカ合衆国国務省当局者はこれを「厄介な状況」とし、李登輝は二流指導者の扱いを受けたと抗議した。第三次台湾海峡危機 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の歴史

    アメリカ合衆国の歴史から見たビル・クリントンビル・クリントン

    ブッシュの後に登場したビル・クリントン(民主党)はこうした経済的不況を解消することに努力し、クリントンが大統領職を去るときにはこの状況は完全に解消され、アメリカはこれまでに無い好景気を謳歌することができた。これには副大統領のアルバート・ゴアが主張する情報スーパーハイウェイ構想など、IT産業を積極的に後押しした事もその助けとなっている。アメリカは1980年代から軍事目的として電話回線を使用した情報網の整備を行っており、1990年代にパソコン通信やインターネットが民間によって急速に広がる下地となった。マイクロソフトやアップルコンピュータといった米国企業が急成長し、ハイテク技術の独占が進んだ。アメリカ合衆国の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 1996年アメリカ合衆国大統領選挙

    1996年アメリカ合衆国大統領選挙から見たビル・クリントンビル・クリントン

    1996年アメリカ合衆国大統領選挙(1996ねんアメリカがっしゅうこくだいとうりょうせんきょ、)は、1996年11月5日に行われたアメリカ合衆国大統領選挙。現職の民主党ビル・クリントン大統領が、共和党候補のロバート・ドールを破って再選を果たした。1996年アメリカ合衆国大統領選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年アメリカ合衆国大統領選挙

    2000年アメリカ合衆国大統領選挙から見たビル・クリントンビル・クリントン

    2000年アメリカ合衆国大統領選挙(にせんねんアメリカがっしゅうこくだいとうりょうせんきょ、)は、2000年11月7日に行われたアメリカ合衆国大統領選挙。民主党のビル・クリントン大統領の2期の任期満了後のアメリカ合衆国大統領を選ぶ選挙となり、共和党のジョージ・W・ブッシュが、民主党の現職副大統領アル・ゴアを破って当選した。2000年アメリカ合衆国大統領選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年バラク・オバマ大統領就任式

    2009年バラク・オバマ大統領就任式から見たビル・クリントンビル・クリントン

    2009年1月 21日午前10時(東部時間)、オバマ大統領、ファーストレディーのミシェル・オバマ、バイデン副大統領とジル・バイデンは、ワシントン大聖堂での就任礼拝行事に出席した。オバマ、バイデン両夫妻に加え、元大統領ビル・クリントンとその妻ヒラリー・クリントンも、前方の座席に座って参加した。礼拝には、そのほか、連邦議会の議員、外交官、その他の有力者約3200人が招待され、参加した。2009年バラク・オバマ大統領就任式 フレッシュアイペディアより)

  • コソボ紛争

    コソボ紛争から見たビル・クリントンビル・クリントン

    多くのアルバニア人たちは、コソボ解放軍を正当な解放闘争者とみていたが、ユーゴスラビア政府からは政府や市民を攻撃するテロリストと呼ばれた。1998年、アメリカ合衆国の国務省はコソボ解放軍をテロリストに指定した。1999年、アメリカ合衆国上院の共和党政策委員会は、ビル・クリントン大統領の政治がコソボ解放軍と「実質的に同盟関係にある」ことを指摘した。コソボ紛争 フレッシュアイペディアより)

  • シャーリー・テンプル

    シャーリー・テンプルから見たビル・クリントンビル・クリントン

    政権が民主党のクリントン大統領(1993年-2001年)に移ると財界に転じ、1998年の引退まで実業家として活躍する。もちまえの完璧主義は財界でも発揮した。シャーリー・テンプル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ空軍IFO-21便墜落事故

    アメリカ空軍IFO-21便墜落事故から見たビル・クリントンビル・クリントン

    アメリカ空軍IFO-21便墜落事故とは、1996年4月3日にクロアチアのドゥブロヴニクに向かっていたアメリカ空軍のCT-43(B737-200改造型)がに着陸進入中に墜落した航空事故である。この事故で、当時ビル・クリントン政権でアメリカ合衆国商務長官を勤めていたらを初めとする貿易使節団ら35名全員が死亡した。アメリカ空軍IFO-21便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年アメリカ合衆国大統領選挙

    2008年アメリカ合衆国大統領選挙から見たビル・クリントンビル・クリントン

    イリノイ州出身。1993年から2001年までファーストレディー(ビル・クリントン前大統領夫人)その後2001年より上院議員。高い知名度とリベラルな政策による支持者を持つとされて早くから有力候補として取り沙汰される一方、過去の資金スキャンダルや元大統領の夫の「七光り」などの理由で強い不支持者も抱えると言われる。2006年上院議員選挙では他候補を圧倒する選挙資金を集めるなど強い基盤を有する。2007年1月20日に自身のウェブサイトで立候補を表明。高齢の女性層、及びヒスパニック、労働組合が主な支持基盤である。2007年11月では世論調査で民主党大統領候補の首位を占め、民主党大統領候補の本命と目されていたが、2008年2月にオバマに逆転を許し、選挙参謀を代える等の巻き返しに懸命であるが、選挙資金でもかなりの差を開けられている現状にあった。そして2008年6月3日の予備選終了の時点でオバマが獲得代議員数の過半数に達したため、6月7日に正式に撤退を表明した。2008年アメリカ合衆国大統領選挙 フレッシュアイペディアより)

946件中 31 - 40件表示

「ビル・クリントン」のニューストピックワード