946件中 51 - 60件表示
  • ジョージ・H・W・ブッシュ

    ジョージ・H・W・ブッシュから見たビル・クリントンビル・クリントン

    1991年2月28日に湾岸戦争に勝利し、中東和平会議を開き、1992年からソマリア内戦にも介入し、対外的成果を強調して同年の大統領選挙に挑んだ父ブッシュであったが、湾岸戦争後の緩やかな景気後退や4年前の選挙の「増税はしない」という公約を反故にしていたこと、更に4年前と同様の戦術であるネガティブ・キャンペーンが今度は裏目に出たことなどの条件が重なり、民主党のビル・クリントンに敗北した。ジョージ・H・W・ブッシュ フレッシュアイペディアより)

  • 世界基督教統一神霊協会の年表

    世界基督教統一神霊協会の年表から見たビル・クリントンビル・クリントン

    11月20日 シカゴで「第4回真の家庭の価値バンケット」に1200名の牧師が参加。ビル・クリントン米国大統領が文鮮明に祝賀品を贈呈。世界基督教統一神霊協会の年表 フレッシュアイペディアより)

  • 性依存症

    性依存症から見たビル・クリントンビル・クリントン

    性依存症は1970年代から主にアメリカで研究されてきたが、1998年にクリントン大統領の不倫スキャンダルが性依存症に起因したものであるという説が取り上げられて以来、一般での認知度が急激に高まった。近年ではアルコール依存や薬物依存、ギャンブル依存(賭博依存)と並び代表的な依存症であるという考え方が広まりつつある。性依存症 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本龍太郎

    橋本龍太郎から見たビル・クリントンビル・クリントン

    在任中は、住宅金融専門会社問題(住専問題・第136回国会)や行財政改革に取り組み、外交面ではビル・クリントンアメリカ合衆国大統領や、ボリス・エリツィンロシア連邦大統領と親交を深める。第18回参議院議員通常選挙での自民党惨敗を受け引責辞任した後も、同期当選の小渕恵三首相の下で外交特別顧問に就任し、その後も第2次森改造内閣で行政改革担当大臣や沖縄開発庁長官。また中央省庁再編後には規制改革担当大臣、沖縄及び北方対策担当大臣を歴任。橋本龍太郎 フレッシュアイペディアより)

  • ロズウェル事件

    ロズウェル事件から見たビル・クリントンビル・クリントン

    ビル・クリントン大統領に、ロズウェル事件についてのあらゆる政府の情報を機密解除する大統領命令を発行するよう求める請願を組織したケント・ジェフリーKent Jeffreyも、同様に異星人は関わっていなかったらしいと結論付けた。ロズウェル事件 フレッシュアイペディアより)

  • ポール・ウォルフォウィッツ

    ポール・ウォルフォウィッツから見たビル・クリントンビル・クリントン

    ロナルド・レーガン政権下、国務次官補(東アジア・太平洋担当)を務めた。この際に中華人民共和国への輸出管理を同盟国の日本と同等にまで緩和するも、後にビル・クリントン政権が中国を「戦略的パートナー」と看做すとソ連が解体した今は「戦略的競争相手」であって継続すべきでないとした。ポール・ウォルフォウィッツ フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ソロス

    ジョージ・ソロスから見たビル・クリントンビル・クリントン

    クリントン政権時代にはソロスの著書に共鳴したクリントン大統領によって外交問題評議会 (CFR) に在籍した。ソロスはまた、ビル・ゲイツやウォーレン・バフェットらと共に、(超)富裕層への一層の増税を求める共同声明に名を連ねている一人である。ジョージ・ソロス フレッシュアイペディアより)

  • ラブラドール・レトリバー

    ラブラドール・レトリバーから見たビル・クリントンビル・クリントン

    2000年11月に当時のアメリカ大統領ビル・クリントンが、軍用犬を引退した犬が軍事以外の目的で引き取られることを認める修正法案に署名したことから、今後もヴェトナム戦争が唯一の、アメリカ本国に軍用犬が帰還しなかった戦争になるものと考えられている。ラブラドール・レトリバー フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ボルトン

    ジョン・ボルトンから見たビル・クリントンビル・クリントン

    先述の通り、高校時代には1964年アメリカ合衆国大統領選挙における共和党バリー・ゴールドウォーターの選挙運動に参加している。ロースクールでは後の最高裁判事のクラレンス・トーマスと同じクラスであり、またビル・クリントン、ヒラリー・クリントンも同時期に在学していた。ワシントンの法律事務所勤務、保守派の大御所的存在ジェシー・ヘルムズ上院議員の補佐官を経て、1981年のレーガン政権の8年間、国際開発庁および司法省に勤務し、エドウィン・ミース司法長官と行動を共にした。1989年から1993年まで、ジョージ・ハーバート・ウォーカー・ブッシュ政権で国務次官補を務め、ジェームズ・ベーカー国務長官の知遇を得た。担当は対国際連合。クリントン政権期は保守系シンクタンクのアメリカン・エンタープライズ公共政策研究所副所長に就任し、クリントン政権の外交政策に対して一貫して批判を続けた。ジョン・ボルトン フレッシュアイペディアより)

  • 新世界秩序

    新世界秩序から見たビル・クリントンビル・クリントン

    ビル・クリントンの大学時代の恩師で、戦略国際問題研究所の拠点・ジョージタウン大学国際学部教授のキャロル・キグリーは1966年に1,300ページにも及ぶ大著『悲劇と希望』(Tragedy and Hope)を出版し、新世界秩序の世界像を書いている。キグリーはこの著書の中で各国の文明史・政治史を詳細に分析し、1648年以降のウェストファリア体制 (独立した主権国家同士による勢力均衡体制) を『悲劇』とし、イギリス・アメリカを拠点とする国際金融資本による世界統治を『希望』として描いた。この著書は出版当初はほとんど反響はなかったが、後に陰謀史観のコミュニティに大きな影響を与えた。新世界秩序 フレッシュアイペディアより)

946件中 51 - 60件表示

「ビル・クリントン」のニューストピックワード