946件中 71 - 80件表示
  • サッダーム・フセイン

    サッダーム・フセインから見たビル・クリントンビル・クリントン

    1993年1月、サッダームは南部の飛行禁止空域に地対空ミサイルを設置し、再び国際社会を挑発する行動に出た。この時期、アメリカでは前年の大統領選挙の結果、ジョージ・H・W・ブッシュを破って当選したビル・クリントンのアメリカ合衆国大統領就任式の数日前という微妙な時期であった。サッダームはこの時期ならばアメリカは軍事行動を起こせないと見込んでいたが、地対空ミサイル設置は国連安保理決議違反であるとして、米英仏による多国籍軍による空爆を招いてしまう。その結果、地対空ミサイルやレーダー施設、核関連施設などが爆撃された。サッダーム・フセイン フレッシュアイペディアより)

  • その女諜報員 アレックス

    その女諜報員 アレックスから見たビル・クリントンビル・クリントン

    襲撃者たちは、リーダーのワシントンはじめ、クリントン、ジェファーソンなどと、歴代大統領の名前などをコードネームに使用していた。アレックスは襲撃者たちの隙をついて逃げるが、姿を見られてしまう。その女諜報員 アレックス フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・デイヴィッド・ホルム

    ジョン・デイヴィッド・ホルムから見たビル・クリントンビル・クリントン

    ジョン・デイヴィッド・ホルム(John David Holum, 1940年12月4日 - )は、アメリカ合衆国の政治家。ビル・クリントン政権で国務次官(軍備管理・国際安全保障担当)を務めた。ジョン・デイヴィッド・ホルム フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・J・クリントン

    ウィリアム・J・クリントンから見たビル・クリントンビル・クリントン

    ウィリアム・J・クリントン フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ジェファーソン・クリントン

    ウィリアム・ジェファーソン・クリントンから見たビル・クリントンビル・クリントン

    ウィリアム・ジェファーソン・クリントン フレッシュアイペディアより)

  • クリントン大統領

    クリントン大統領から見たビル・クリントンビル・クリントン

    クリントン大統領 フレッシュアイペディアより)

  • レッドライニング

    レッドライニングから見たビル・クリントンビル・クリントン

    地域社会再投資法CRAについては、金融の業界団体や経済学者の一部からは、市場の競争によって解決するべきものを法律によって規制することに異論が出された。しかし1990年代に入ってから様々な実証研究が行われ、CRA施行後も融資差別が存在・残存することについては合意が成立するようになった(一部に異論はある)。この議論は1992年のロサンゼルス暴動や大統領選挙をはさんで行われ、まさに政治的な争点になり、大統領選挙を制したビル・クリントンは、解決策として地域社会開発銀行community development banks構想を掲げたが、連邦議会は共和党が優勢でその構想の実現は阻まれた。なお地域社会開発銀行のモデルとしては、国内ではシカゴのサウスショア銀行などの事例が、海外についてはバングラデシュのグラミン銀行が挙げられている。レッドライニング フレッシュアイペディアより)

  • カレン・パーフィット・ヒューズ

    カレン・パーフィット・ヒューズから見たビル・クリントンビル・クリントン

    カレン・パーフィット・ヒューズ(Karen Parfitt Hughes, 1956年12月27日 - )は、アメリカ合衆国の政治家、外交官。ビル・クリントン政権でアメリカ合衆国国務次官(公共外交・広報担当)。カレン・パーフィット・ヒューズ フレッシュアイペディアより)

  • 日本の核武装論

    日本の核武装論から見たビル・クリントンビル・クリントン

    クリントン、ブッシュ、オバマと政権が変わっても計画が中止されることはなかった。むしろ継続して予算が投下されたことによって、現実的な弾道弾対処能力が確保されつつある。一方の北朝鮮は六者協議の枠組みのなかに押さえ込まれ、核保有国としての認知をいまだ受けることはできず、また経済制裁によって弾道弾の開発や配備のペースは当初予想より低い水準に留まっている。むしろ多弾頭化やデコイなどへの対策として構想されたMKVが計画延期となっている。欧州へのMD配備がアメリカにとっての同盟国への責任となっている現状においては、かつて危惧された「計画中止」はありえず、仮想敵の弾道弾勢力の伸張のペースが遅い状況においては相対的な優位を期待できる。日本の核武装論 フレッシュアイペディアより)

  • アーンド・バリュー・マネジメント

    アーンド・バリュー・マネジメントから見たビル・クリントンビル・クリントン

    アーンド・バリュー・マネジメント(英: Earned Value Management, EVM)とは、予算および予定の観点からプロジェクトがどのように遂行されつつあるかを定量的に評価するプロジェクト管理の技法である。1967年に米国防総省の調達規則の一部として制定された C/SCSC (Cost/Schedule Control System Criteria) が元となっている。1990年代、クリントン大統領政権下における国家的プロジェクトのパフォーマンス改善を通じて見直され、発展してきた。プロジェクトマネジメント知識体系ガイド (PMBOK) の2000年版では、コスト・マネジメントの技法として言及されて (7.4.2.3) いる。進捗の進み/遅れのような指標(スケジュール差異)も日数/時間という単位ではなくコストを単位として求められる点に特色がある。アーンド・バリュー・マネジメント フレッシュアイペディアより)

946件中 71 - 80件表示

「ビル・クリントン」のニューストピックワード