232件中 91 - 100件表示
  • ビル・クリントン

    ビル・クリントンから見たボストン (マサチューセッツ州)

    2004年7月にボストン市で行なわれた民主党全国大会の演説で登壇した際には、満場の拍手と喝采で迎えられた。数々のスキャンダルを巻き起こしたものの、2012年7月にギャラップが行った世論調査では、クリントンに好感を持っていると答えた人は回答者の66%に上り、共和党の支持者でも50%が好ましいと答えている。ビル・クリントン フレッシュアイペディアより)

  • ビル・クリントン

    ビル・クリントンから見た多民族国家

    下院による訴追で行われた上院での弾劾裁判では、50:50、45:55と有罪評決に必要な2/3には達せず、かろうじて大統領罷免は免れた。しかし、アメリカ大統領は多民族国家であるアメリカ合衆国を束ねる大司祭という面があるとされ、このスキャンダルの過程で、聖域であるはずの大統領執務室に隣接した書斎で、クリントンが研修生のルインスキーとオーラルセックスに及んだこと、その際に大統領執務室に常備されていた葉巻を持ち込んで、性器に挿入するなど「不適切」に使ったこと、彼女の衣服を汚したことなどがマスコミに暴露され、「大統領職としての権威を大きく失墜させた」と非難された。ビル・クリントン フレッシュアイペディアより)

  • ビル・クリントン

    ビル・クリントンから見た大統領図書館

    2004年11月18日には、地元アーカンソー州のリトルロックに「ウィリアム・J・クリントン大統領センター(大統領図書館)」がオープンした。ビル・クリントン フレッシュアイペディアより)

  • ビル・クリントン

    ビル・クリントンから見た反日

    1998年の中華人民共和国訪問時には、江沢民国家主席(当時)との会談で「台湾の独立不支持、二つの中国及び一中一台の不支持、台湾(中華民国)の国連等国際機関への加盟不支持」(三つのノー)を表明したが、帰国後しばらくして対台湾問題についてはアメリカ国内法である台湾関係法を優先するとし、第三次台湾海峡危機でもそれに準じた対応を行った。この訪中では、クリントンが日本に立ち寄ることなく9日間にわたって中華人民共和国に滞在したため、日本からは「ジャパン・パッシング」(日本無視政策)と非難され、日本の政財界に戦後共有されていた「民主党=反日・親中」という事実を改めて再確認させることとなった。ビル・クリントン フレッシュアイペディアより)

  • ビル・クリントン

    ビル・クリントンから見た中華人民共和国副主席

    ヨーロッパ地域では、ロシアとの融和や西欧諸国の協調などをベースに行動し、旧ユーゴスラヴィアで発生したボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の和平調停に乗り出して、和平協定締結に成功した。だが、コソボ紛争に対するNATO軍単独での武力介入(1999年)は、ロシアや中国との協調関係に亀裂を生じさせた。特に中国は大使館が誤爆されたことに当時の胡錦濤中国国家副主席がテレビ演説で抗議する事態となり、ホワイトハウスなど米国政府のウェブサイトは中国からサイバー攻撃を受けた。また、このユーゴ空爆は、「人道のためには国連決議無しで武力行使しても良い」とする「前例」を産み出した。ただし、介入それ自体は未だに賛否両論である。ビル・クリントン フレッシュアイペディアより)

  • ビル・クリントン

    ビル・クリントンから見たスーダン

    また、1998年には、アルカーイダの関与したアメリカ大使館爆破事件への報復を名目として、アフガニスタンとともにスーダンをミサイル攻撃した。この際、スーダンの医薬品の5割以上を供給していた工場が、「化学兵器工場」であるとして破壊された。ビル・クリントン フレッシュアイペディアより)

  • ビル・クリントン

    ビル・クリントンから見たコンピュータ

    なお、クリントン政権のスタッフは、ブッシュ前大統領からホワイトハウスを引き渡された際に、コンピュータのハードディスクを全て取り外されるといういやがらせを受けており、その息子であるジョージ・W・ブッシュのスタッフと交代するときに、キーボードから“W”のキーだけを抜き取るという意趣返しをした。ビル・クリントン フレッシュアイペディアより)

  • ビル・クリントン

    ビル・クリントンから見たボスニア・ヘルツェゴビナ

    ヨーロッパ地域では、ロシアとの融和や西欧諸国の協調などをベースに行動し、旧ユーゴスラヴィアで発生したボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の和平調停に乗り出して、和平協定締結に成功した。だが、コソボ紛争に対するNATO軍単独での武力介入(1999年)は、ロシアや中国との協調関係に亀裂を生じさせた。特に中国は大使館が誤爆されたことに当時の胡錦濤中国国家副主席がテレビ演説で抗議する事態となり、ホワイトハウスなど米国政府のウェブサイトは中国からサイバー攻撃を受けた。また、このユーゴ空爆は、「人道のためには国連決議無しで武力行使しても良い」とする「前例」を産み出した。ただし、介入それ自体は未だに賛否両論である。ビル・クリントン フレッシュアイペディアより)

  • ビル・クリントン

    ビル・クリントンから見た国連平和維持活動

    アフリカ地域では、1993年に、第二次国際連合ソマリア活動の一員としてソマリア内戦に介入した。これは、前任者のブッシュが第一次国際連合ソマリア活動で人道支援(人道的介入)を掲げたのに対して無政府状態を解消する国家建設(Nation-building、State-building)を目的とした平和強制の最初の例である。これにより、一時的に援助物資の輸送路が確保され、1日平均の餓死者を以下に激減させる効果を上げた。だが、モガディシュの戦闘では多数の死傷者を出したため、世論の反発から、アメリカ軍はソマリアから撤退することとなった。そして結局、アメリカ軍主導であった国連ソマリア活動そのものも失敗に終わった。この事件は、アメリカが国連平和維持活動に消極的となった一因とされる。その結果、ルワンダ虐殺などの非人道的行為に関してクリントン政権は傍観したと批判されるようになった。ビル・クリントン フレッシュアイペディアより)

  • ビル・クリントン

    ビル・クリントンから見た罷免

    下院による訴追で行われた上院での弾劾裁判では、50:50、45:55と有罪評決に必要な2/3には達せず、かろうじて大統領罷免は免れた。しかし、アメリカ大統領は多民族国家であるアメリカ合衆国を束ねる大司祭という面があるとされ、このスキャンダルの過程で、聖域であるはずの大統領執務室に隣接した書斎で、クリントンが研修生のルインスキーとオーラルセックスに及んだこと、その際に大統領執務室に常備されていた葉巻を持ち込んで、性器に挿入するなど「不適切」に使ったこと、彼女の衣服を汚したことなどがマスコミに暴露され、「大統領職としての権威を大きく失墜させた」と非難された。ビル・クリントン フレッシュアイペディアより)

232件中 91 - 100件表示

「ビル・クリントン」のニューストピックワード