232件中 31 - 40件表示
  • ビル・クリントン

    ビル・クリントンから見たジョセフ・ナイ

    しかし、政権の後半にかけては対日関係の修復に動き、とりわけ日米の安全保障問題に関して、概ね伝統的な日米関係を基軸としながら、その深化を図った。1995年に策定された、ジョセフ・ナイ国防次官補らによるいわゆる「ナイ・イニシアティヴ」に基づき冷戦後におけるアジア太平洋への関与を再定義、日米同盟をその機軸と位置づけた。1996年には日米防衛協力のための指針(新ガイドライン)を策定、冷戦後における日米同盟の新たな定義付けを行った。ビル・クリントン フレッシュアイペディアより)

  • ビル・クリントン

    ビル・クリントンから見たマイケル・デュカキス

    大統領選挙戦では、前大統領のネガティブ・キャンペーンに敗れたマイケル・デュカキスの選挙スタッフを重用し、守りを固めた。1992年の大統領選挙で当選し、翌1993年アメリカ合衆国大統領に就任。第二次世界大戦後のベビーブーム世代初の大統領。1996年の大統領選挙で再選を果たし、大統領の職を2期8年間にわたり務めた。ビル・クリントン フレッシュアイペディアより)

  • ビル・クリントン

    ビル・クリントンから見たJ・ウィリアム・フルブライト

    高校在学中の1963年の夏、ボーイズ・ステイトで選出されたアーカンソー州上院議員としてボーイズ・ネイションに参加、ホワイトハウスに招かれてケネディ大統領と握手する機会を得た。1964年ジョージタウン大学外交学部に入学、在学中フルブライト上院議員のもと外交委員会で働いた。大学4年生の時義父が死去している。ビル・クリントン フレッシュアイペディアより)

  • ビル・クリントン

    ビル・クリントンから見たロナルド・レーガン

    ジョージ・H・W・ブッシュ大統領を、大統領選挙で「It's the economy, stupid! (経済こそが問題なのだ、愚か者!)」と揶揄したように経済最優先を掲げたクリントン政権はその当初から経済政策に力を入れる。アメリカ経済の中心を重化学工業からIT・金融に重点を移し、第二次世界大戦後としては2番目に長い好景気をもたらし、インフレなき経済成長を達成したという意見がある。また、1994年のギングリッチ率いる共和党が上下院を奪還すると、共和党のお株を奪うべく、財政赤字削減に動き出す。アラン・グリーンスパンFRB議長の助言の下に、均衡財政をめざし、巨額の財政赤字を解消して、2000年には2300億ドルの財政黒字を達成した。これらの経済政策は、ロナルド・レーガン政権で行われたレーガノミクスに対し、「クリントノミクス」と呼ばれる。ビル・クリントン フレッシュアイペディアより)

  • ビル・クリントン

    ビル・クリントンから見た金泳三

    北朝鮮との間では寧辺核施設の先制攻撃を準備までするも当時の金泳三韓国大統領に制止され、結局核兵器の開発放棄と引き換えにKEDOを発足させたが、監視体制などを厳密に構築せず、結果的に北朝鮮の核武装の防止に失敗した。その後、共和党政権となり、アメリカの北朝鮮政策は転換された。ビル・クリントン フレッシュアイペディアより)

  • ビル・クリントン

    ビル・クリントンから見たノーマン・ミネタ

    政権末期には、『ニューヨーク・タイムズ』や『ワシントン・ポスト』などの左派新聞などによる反捕鯨キャンペーンに応じる形で、「日本が調査捕鯨をやめないのならば、ノーマン・ミネタ商務長官(日系アメリカ人)が大統領に対して行った勧告に従って、日本を世界貿易機関に提訴する」と表明した。しかし、これは政務手続き上あり得ない脅しにすぎないものであり、関税・貿易問題でもないため、日本ではマスコミや政治家が批判的に反応しただけで、日米捕鯨摩擦に発展することなく収束した。ビル・クリントン フレッシュアイペディアより)

  • ビル・クリントン

    ビル・クリントンから見たケント・ナガノ

    2003年にはケント・ナガノ指揮ロシア・ナショナル管弦楽団のプロコフィエフ「ピーターと狼」のCDでミハイル・ゴルバチョフ元ソ連大統領らとともに朗読を担当し(正確にはカップリングされているフランスの作曲家、ジャン=パスカル・バンテュスの「狼のたどる道」の朗読を担当)、グラミー賞の最優秀児童向け朗読アルバム賞を受賞した。ビル・クリントン フレッシュアイペディアより)

  • ビル・クリントン

    ビル・クリントンから見たアルコール依存症

    1950年ニューオーリンズから戻った母が、自動車販売店を営むロジャー・クリントンと再婚し、義父、母と3人で暮らし始めた。1953年一家は同州ホットスプリングスへ移り住む。義父は強度のアルコール中毒であり、自宅内で頻繁に暴力を振るった。ビルが小学生の頃、酒に酔った義父が発砲した弾丸がビルの耳元をかすめる事件がおきるなど不遇の少年時代であった。1956年には異父弟のロジャー・キャシディ・クリントンが誕生する。その後ビルは自ら姓をブライスからクリントンへ正式に改めている。ビル・クリントン フレッシュアイペディアより)

  • ビル・クリントン

    ビル・クリントンから見た公的資金

    自動車を中心とした貿易摩擦を契機として、すでにパパ・ブッシュ政権時代の1989年から日米構造協議がもたれるようになっていたが、クリントン政権では、ロイド・ベンツェン財務長官の主導により円高政策が強力に推し進められ、日本の輸出産業に円高不況と呼ばれる程の深刻な打撃を与えた。日本政府に対しては減税や銀行への公的資金の投入、スーパー301条に基づいた市場開放を高圧的に内政干渉にも近い形で要求した。日米包括経済協議の開催と、アメリカ合衆国連邦政府による日本政府への「日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく要望書(年次改革要望書)」もクリントン政権からである。ビル・クリントン フレッシュアイペディアより)

  • ビル・クリントン

    ビル・クリントンから見た野党

    経済関係においては、親中の傾向が強く、今後の主要な貿易相手国としての重要性を認める一方、日本などの同盟国には貿易問題などで厳しい態度を取った。在任中には「チャイナゲート」と呼ばれるも起き、与党の民主党政権のみならず、野党の共和党も追及される大きな騒動となった。ビル・クリントン フレッシュアイペディアより)

232件中 31 - 40件表示

「ビル・クリントン」のニューストピックワード