186件中 91 - 100件表示
  • ニコラス・G・カー

    ニコラス・G・カーから見たビル・ゲイツビル・ゲイツ

    自身のブログ「Rough Type」では楽観的なテクノロジー思想に対する批判を行っており、とりわけインターネット上のソーシャル・プロダクション(国家や企業ではなく社会集団による無料の財の生産行為。具体例としてウィキペディアなど)を持ち上げる論理に批判的である。2005年には「Web 2.0の非道徳性」("The Amorality of Web 2.0")と題したエッセイを発表し、ウィキペディアやブロゴスフィアなど、ボランティアによるWeb 2.0的プロジェクトについて、これらは経済的に不利な立場におかれるプロフェッショナルの仕事を駆逐し、最終的に社会に害をもたらすと批判している。批判に対し、ウィキペディアの共同設立者のひとりで現在は事実上の代表者であるジミー・ウェールズは、例として引かれたウィキペディアの記事(ジェーン・フォンダとビル・ゲイツの伝記事項。いわゆる「集合知」による5年間近い作業の成果とされる)を「ほとんど読むに耐えないクソだ」と認め、“どうすればいいのだろうか”とウィキペディアの質を改善するためのアドバイスを求めた。ニコラス・G・カー フレッシュアイペディアより)

  • カービュー

    カービューから見たビル・ゲイツビル・ゲイツ

    世界的なインターネット新車見積り事業の構築を企図していた米国・マイクロソフト社が、ソフトバンクを日本での合弁相手として設立した。実際の事業は1999年10月5日、両社のビル・ゲイツと孫正義を発起人とし、セブン-イレブン・ジャパンやYahoo! JAPANも関係して開始された。当初の社名とサービス名はともに「カーポイント (CarPoint)」であったが、2001年1月10日から名称変更され「carview」となった。カービュー フレッシュアイペディアより)

  • 宮本茂

    宮本茂から見たビル・ゲイツビル・ゲイツ

    2008年 - 「Your Time 100」(『Time』誌の読者が選ぶ「影響力がある100人」)においてトップとなった。最終獲得票数は197万4651票に及んだ(ゲーム産業界から他にリスト入りしたのはマイクロソフトのビル・ゲイツと、マイクロソフトの最高経営責任者(CEO)スティーブ・バルマー)。宮本茂 フレッシュアイペディアより)

  • 日向大介

    日向大介から見たビル・ゲイツビル・ゲイツ

    1993年 TED 4 Kobe 「ビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブズ、盛田昭雄、ハービー・ハンコック」 (ミュージックプロデュース)日向大介 フレッシュアイペディアより)

  • 正義の味方 (漫画)

    正義の味方 (漫画)から見たビル・ゲイツビル・ゲイツ

    旧姓:中田。容子の姉。物語開始時、24歳。有名私立大学を首席卒業後、政務省に通うエリート官僚。「一日一悪」がモットーで人を虐める事が大好き。更に極めて欲深く腹黒、狡猾かつ自己中心的な、まるで悪魔の様な性格。しかし、悪運が強く、そんな悪事が何故か周囲に幸せをもたらしている(本人に善意は無い)事から「正義の味方」と呼ばれており、彼女の本性を知る者は少ない。後に、直紀と結婚して純を授かる。頭を下げるのは、孫正義(ドラマでは、ビル・ゲイツ)だけと言っている。正義の味方 (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • A・Iが止まらない!

    A・Iが止まらない!から見たビル・ゲイツビル・ゲイツ

    名前の由来はビル・ゲイツのもじり。A・Iが止まらない! フレッシュアイペディアより)

  • セグウェイ

    セグウェイから見たビル・ゲイツビル・ゲイツ

    2001年12月の発表以前は、その実体は極秘とされていた。その上で実物を見たビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブズ、ジェフ・ベゾスといったIT界の著名人達が「人間の移動形態を変える革命的な製品」と絶賛したため、正体不明の「ジンジャー」に対する米マスコミの期待は過熱し、ケーメンの持つ特許から実態も浮かんでいながらも、「空中に浮かぶスケートボード」「タイムマシン」といった過大な予想まで生まれていた。セグウェイ フレッシュアイペディアより)

  • デビルサマナー ソウルハッカーズ

    デビルサマナー ソウルハッカーズから見たビル・ゲイツビル・ゲイツ

    名前はビル・ゲイツのゲイツ(門)から取られている。デビルサマナー ソウルハッカーズ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ロックフェラー

    ジョン・ロックフェラーから見たビル・ゲイツビル・ゲイツ

    ロックフェラーは単にその蓄えた資産の大きさでも記憶されている。1902年のアメリカのGDPは240億ドルだったが、同年のロックフェラーの資産は約2億ドルに達していた。第一次世界大戦直前にはガソリンの年間販売額が9億ドルに達し、金融・運輸・鉱業などの産業にも投資し、アメリカの経済成長と共に彼の資産も増え続けた。ニューヨーク・タイムズ紙の死亡記事には「ロックフェラー氏が引退した時点でスタンダード・オイルや他の投資から蓄積した資産は15億ドルと推定されていた。これは個人が自身の努力で蓄積したものとしては史上最大の富であった」とある。1937年に亡くなった時点で、当時のアメリカのGDPが920億ドルだったのに対し、ロックフェラーが家族への信託資金として残した遺産は14億ドルと見積もられた。計算方法によっては、ロックフェラーは近現代史上最も裕福な人物とされる。アメリカのGDPへの割合で見た場合、ビル・ゲイツもサム・ウォルトンも遠く及ばない。ジョン・ロックフェラー フレッシュアイペディアより)

  • クリフ・ブレジンスキー

    クリフ・ブレジンスキーから見たビル・ゲイツビル・ゲイツ

    そこでクリフはGears of Warに『カバー・ポジション』と呼ばれるシステムを採用した。これは文字通り物陰などに隠れる(カバーする)アクションであり、している間は敵の銃撃から身を隠せる上に周囲を簡単に見回すことが出来るというアドバンテージが得られる。というよりは、このゲームは「立ち止まっての銃撃」を基本としているので、敵と戦う際は必ずカバーをしなければ「蜂の巣」にされるのである。よって必然的にGears of Warの銃撃戦はスピーディーかつリアルなものとなった。Gears of Warはこのカバー・ポジションとリアルなグラフィック、洗練されたデザインのおかげで開発側の予測を遥かに超えるメガヒットを記録した。(ちなみにE3で公開された際はビル・ゲイツ本人から激励を受けた)このゲームはオンライン対戦も大変好評で、当時王者だったHalo 2をも上回ったという。クリフ・ブレジンスキー フレッシュアイペディアより)

186件中 91 - 100件表示