186件中 41 - 50件表示
  • ソフトウェア特許とフリーソフトウェア

    ソフトウェア特許とフリーソフトウェアから見たビル・ゲイツビル・ゲイツ

    特許権者はに、特許で保護される発明を継続して利用できるための許諾(ライセンス)を有償または無償で取得するよう要求する。さもなければ、特許権侵害者は特許侵害を停止しなければならない。その手段としては、可能性によるが、該当製品がこれ以上特許権侵害とならないよう、可能な限り特許を侵害する機能や要素を排除したり特許を侵害しないよう改変を加える、またはたとえ何年かけたとしても、該当特許が過度に広範な請求範囲を持っている(そのような特許の例としては、悪名高きAmazon 1-Click特許がある)としてその有効性に異議を申し立てたり、該当特許の全部ないし一部を却下に追い込むなどの対抗措置をとることになる。コンピュータ・プログラムはしばしば異なる多くの機能を実現可能なので、この不確実性はその他の発明と比較してもソフトウェアに関しては容易に起こり得る。また、ソフトウェアに関しては、特許を利用した発明は、特許権を侵害しない異なる別の手法により実現可能である。そうであるにも関わらず、特許権が主張される要素のないソフトウェアは利用価値が低いともみられる。オープンソースの主だった人物や企業はソフトウェア特許の過度の拡大に不満を持っており、USPTOがそれら大部分に拒絶査定を下すべきであると主張する。マイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツでさえ、1991年にこのような事を述べている。「仮にこんにち、アイディアが生み出された際に多くの人々が特許を得る方法を知り、実際にそれを得た場合、こんにちの産業は完全に立ち行かなくなっただろう。」ソフトウェア特許とフリーソフトウェア フレッシュアイペディアより)

  • 進行波炉

    進行波炉から見たビル・ゲイツビル・ゲイツ

    最初の理論は1958年にソ連のSavelii Moiseevich Feinbergが提唱し、1996年には「水爆の父」エドワード・テラーが論文を発表していたが、実用化に向けた研究は進まなかった。日本でも、東京工業大学原子炉工学研究所の関本博教授が、非常によく似た概念である「CANDLE」と呼ばれる燃焼方式を研究している以外にはほとんど知られていなかった。しかし、2010年3月に、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツが出資するテラパワー社と東芝が共同で技術協力に向けた検討を始めたというニュース以降、日本でも知られるようになった。進行波炉 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のインド

    2009年のインドから見たビル・ゲイツビル・ゲイツ

    7月25日 - インド政府はインディラ・ガンディー賞をビル・ゲイツに授与した。これはビル&メリンダ・ゲイツ財団の活動・功績に対して贈られた。2009年のインド フレッシュアイペディアより)

  • 百年シリーズ

    百年シリーズから見たビル・ゲイツビル・ゲイツ

    進行波炉 - 「女王の百年密室」で利用されていた原発。現実では研究段階にあり、ビル・ゲイツが出資するテラパワー社などが研究開発を行っている。百年シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ドル覇権の崩壊 静かに恐慌化する世界

    ドル覇権の崩壊 静かに恐慌化する世界から見たビル・ゲイツビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツとウォーレン・バフェットが手を組んだことや、人民元の台頭などにも注目。ドル覇権の崩壊 静かに恐慌化する世界 フレッシュアイペディアより)

  • 国際保健

    国際保健から見たビル・ゲイツビル・ゲイツ

    MDGsによりグローバル・ヘルスのプライオリティが非常に高く設定されて以降、様々な分野からグローバル・ヘルスへの資金の流入が起こっている。各国の政府開発援助に占めるグローバル・ヘルス関連の支出も増加しているほか、民間財団による出資も活発化している。グローバルヘルスを中心に資金を拠出している財団としては、マイクロソフト元会長ビル・ゲイツによる世界最大の慈善基金団体ビル&メリンダ・ゲイツ財団(B&MGF)や、元米国大統領ビル・クリントンによるクリントン財団などがある。こうした民間による新たな資金調達方法の出現は、これまでのODAを中心とした枠組から大きなパラダイムシフトを起こしている。国際保健 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年度世界長者番付

    2008年度世界長者番付から見たビル・ゲイツビル・ゲイツ

    003.ビル・ゲイツ (580億ドル マイクロソフト)2008年度世界長者番付 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Multiplan

    Microsoft Multiplanから見たビル・ゲイツビル・ゲイツ

    開発責任者はチャールズ・シモニー。かつてゼロックスのパロアルト研究所で働いていたシモニーは、Altoで採用されていたGUIの使い勝手の良さを知っており、それを取り入れるべくソフトウェアをデザインした。常時表示されるメニューやプロパティシートは、マウスによる操作を想定したものである。Altoの存在を知っていたビル・ゲイツもその思想に賛同していた。Microsoft Multiplan フレッシュアイペディアより)

  • テクノロジーエバンゲリスト

    テクノロジーエバンゲリストから見たビル・ゲイツビル・ゲイツ

    注目すべきテクノロジー・エバンゲリストとして革新的で著名な人たちにアップルのスティーブ・ジョブズ、マイクロソフトのビル・ゲイツ、インターネットを開発した一人のヴィントン・サーフ、ベストセラー作家のガイ・カワサキ等が挙げられる。日本ではマイクロソフトWindows Serverのエバンゲリスト及び認定トレーニングセンターINTEGRA Technical Schoolの代表者WilsonUemuraが挙げられ、日本各地で技術革新の普及セミナーや国際資格取得に向けた講座を開催している。テクノロジーエバンゲリスト フレッシュアイペディアより)

  • ルパン三世Y

    ルパン三世Yから見たビル・ゲイツビル・ゲイツ

    ジム・ゲイツ→ビル・ゲイツルパン三世Y フレッシュアイペディアより)

186件中 41 - 50件表示

「ビル・ゲイツ」のニューストピックワード