245件中 81 - 90件表示
  • Halo 2

    Halo 2から見たビル・ゲイツビル・ゲイツ

    2004年12月2日には全世界での販売本数が発売から3週で500万本を突破したことがアナウンスされ、翌年1月7日にはCESの基調講演にてビル・ゲイツより630万本を売り上げたことが発表された。発売より丁度一年が経過した2005年11月9日、バンジースタジオは全世界での販売本数が700万本を越えたことをアナウンスした。Halo 2 フレッシュアイペディアより)

  • 低俗霊DAYDREAM 深小姫のMIDNIGHT DREAM

    低俗霊DAYDREAM 深小姫のMIDNIGHT DREAMから見たビル・ゲイツビル・ゲイツ

    日頃リスナーが悩んでいることを、パーソナリティの浅野が口寄せで解決しようというコーナーで、死者(実際は現存の人間もOK)を浅野真澄の体に降霊させて伝える。加藤鷹、田村ゆかり、風見みずほ、ビル・ゲイツなどか降霊した。低俗霊DAYDREAM 深小姫のMIDNIGHT DREAM フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・スカリー

    ジョン・スカリーから見たビル・ゲイツビル・ゲイツ

    ジョブズがアップルを去ったのに前後して、1985年6月25日にスカリーとハード担当責任者であったガセー宛に、マイクロソフトのビル・ゲイツからAT&Tやヒューレット・パッカード、ソニーなど有力メーカにマッキントッシュのOSをライセンスするべきで、ゲイツ自身もその手助けを惜しまないという内容のメールが送られた。ゲイツは自社でのOS開発凍結も考えていたほど本気だったようだ。スカリーはOSライセンスの可能性の調査を指示したが、ガセーを筆頭に技術陣から猛反対を受けてこの提案は闇に葬られた。この判断は後々、スカリー最大の失策とも言われた。ジョン・スカリー フレッシュアイペディアより)

  • DESQview

    DESQviewから見たビル・ゲイツビル・ゲイツ

    DESQview は一部で人気となったが、Quarterdeck の努力にも関わらず、大人気とはならなかった。ビル・ゲイツを含めたマイクロソフトの人々は、DESQview や他の初期のGUI環境である VisiOn、GEM に多大な関心を寄せていたと言われている。DESQview フレッシュアイペディアより)

  • カンサスシティスタンダード

    カンサスシティスタンダードから見たビル・ゲイツビル・ゲイツ

    米BYTE誌が1975年11月7日?8日にカンザスシティでシンポジウムを開催し策定されたことからこの名がある(現在の日本では「カンザス」と濁らせるのが一般的だが、当時の文献では「カンサス」と清音での表記が見うけられる)。BYTE誌の6号(1976年2月号)pp. 72?73のBYTE's Audio Cassette Standards Symposiumというレポート記事で報告・告知された。記事にはシンポジウムの参加者は18名とあり、表1の参加者リストにはビル・ゲイツ(所属はMITSとなっている)の名前も見える。カンサスシティスタンダード フレッシュアイペディアより)

  • ラリー・エリソン

    ラリー・エリソンから見たビル・ゲイツビル・ゲイツ

    ローレンス・ジョセフ・エリソン(Lawrence Joseph Ellison、1944年8月17日 - )は、データベースソフトをはじめとする大手ビジネスソフトウェア企業オラクル・コーポレーションの共同設立者であり、元CEO、会長、CTOである。4度の離婚歴を含む私生活や、幾多の訴訟や買収、ビル・ゲイツとの関係など、様々な話題に事欠かない。また、自宅を和風建築にするほどの親日家としても知られている。近年では、中堅中小規模向けSaaS型ビジネスアプリケーション企業のNetSuite社設立メンバーの一人としても知られる。2014年現在の総資産は500億ドルで、世界で5番目の富豪である。フィランソロピー活動でも有名である。ラリー・エリソン フレッシュアイペディアより)

  • ハローキティロボ

    ハローキティロボから見たビル・ゲイツビル・ゲイツ

    ロボット開発メーカーであるビジネスデザイン研究所(BDL)が、NECシステムテクノロジー、フタバ産業との協力のもとで開発を行った。中身はWindows XPで動いている。マイクロソフトのビル・ゲイツ氏が、新しいコンピューターの利用の形として、講演の中でハローキティロボを紹介することもある。また、ハローキティロボを気に入り、帰国時に持ち帰ったエピソードもある。ハローキティロボ フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows NT 3.1

    Microsoft Windows NT 3.1から見たビル・ゲイツビル・ゲイツ

    MS-DOSがPC/AT互換機の標準的なオペレーティングシステムとして使われたことで、マイクロソフトはパーソナルコンピュータ市場に大きな影響力を持っていた中、はマイクロソフトの独走に2つの大きな脅威があると考えていた。1つはMS-DOSが動作するインテルプロセッサ系列より強力であるとされていたRISCアーキテクチャ。もう1つはマルチプロセッサとネットワークをサポートするクロスプラットフォーム・マルチタスクオペレーティングシステムであるUnixである。Unixが各々の独自の派生システムでプログラムを動かすにあたって改修を必要としたため普及が妨げられていた中、ビル・ゲイツはRISCプロセッサとUnix風オペレーティングシステムの組み合わせは市場の脅威であり、マイクロソフトは複数のアーキテクチャで動作するUnixの対抗馬を開発する必要に迫られていると考えていた。Microsoft Windows NT 3.1 フレッシュアイペディアより)

  • エルデシュ数

    エルデシュ数から見たビル・ゲイツビル・ゲイツ

    今日、異分野間の共同研究も盛んに行われているため、数学者でない科学者でエルデシュ数を持つ者も多い。例えば、政治学者ののエルデシュ数は 2 である。同じくエルデシュ数 2 を持つ統計学者のジョン・テューキーを通じて、生物医学の分野もエルデシュとつながっている。多くの共同研究がある遺伝学者のは、数学者のと共著があり、クレイトマンのエルデシュ数は 1 であるため、多くの遺伝学者がエルデシュ数を持つ。また、言語学者のノーム・チョムスキーのエルデシュ数は 4 であるため、言語学の分野もエルデシュとつながっている。研究者というよりは技術者(ないし実業家?)だが、マイクロソフトのビル・ゲイツは数学の論文を一本書いており(w:Pancake sortingを参照)その共著者のクリストス・パパディミトリウのエルデシュ数が 3 のため、ビル・ゲイツのエルデシュ数は 4 である(コンピュータ業界の著名人には研究者も多く、エルデシュ数 2 を持つ者もいるので、業界周辺で最小というわけではない)。アラン・チューリングのエルデシュ数はビル・ゲイツより大きく 5 である。エルデシュ数 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィルトの法則

    ヴィルトの法則から見たビル・ゲイツビル・ゲイツ

    ゲイツの法則はヴィルトの法則からの派生と言える。観測結果にユーモアと皮肉を交えて、商用ソフトウェアが18カ月で50%低速化することでムーアの法則による高速化が相殺されることを意味している(18カ月というのは、俗に信じられている、「ムーアの法則によりハードウェアのスピードが倍になる」のに要する時間、のことである)。それが起きる原因としては様々なものがあるが、機能を詰め込みすぎること、コーディングが稚拙なこと、開発者の怠慢、管理者の交代で設計方針がころころ変わることなどが挙げられる。ジャーゴンファイルにも収録されているが、その項にある語釈によれば、ビル・ゲイツの名はマイクロソフトのことを指しており、同社が、業界におけるそういった行いをする企業の代名詞だからだ、ということである(2015年現在では、そのあたりはだいぶ評価が変わっているかもしれない)。ヴィルトの法則 フレッシュアイペディアより)

245件中 81 - 90件表示

「ビル・ゲイツ」のニューストピックワード