4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次へ
129件中 121 - 129件表示
  • ビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツから見たシアトル

    ゲイツは、1955年10月28日にシアトルでウィリアム・ヘンリー・ゲイツ・シニア(1925年 - )とマリー・マクスウェル・ゲイツとの間に生まれた。ゲイツ家は裕福な家庭だったが、自分のことには一切お金を使おうとしなかったとのこと。会衆派教会の日曜学校に通い、聖歌隊で歌い、ボーイスカウトにも入っていた。また、エドガー・ライス・バローズのターザン物や火星人物を読みあさる一方、フランクリン・D・ルーズベルトやナポレオン、偉大な発明家などの伝記を耽読した。彼は小学校を優秀な成績で卒業した。IQは160。ビル・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツから見たGAVIアライアンス

    ビル・ゲイツが彼の妻メリンダ・ゲイツ、父親のウィリアム(ビル)・ゲイツ・シニアとともに作った慈善団体。2005年には国際団体「ワクチンと予防接種のための世界同盟」に、民間としては最大規模の7億5000万ドルの寄付を発表した。ビル・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツから見た活版印刷

    世界初の印刷聖書であるグーテンベルク聖書を個人で所有している。自著『ビル・ゲイツ未来を語る』などでは、オペレーティングシステム・インターネット・携帯電話・テレビ電話・セットトップボックスの普及による社会的な影響力をの大きさをグーテンベルクの活版印刷になぞらえるなど、グーテンベルクの研究にも熱心である。ビル・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツから見たレオナルド・ダ・ヴィンチ手稿

    レスター手稿」(レオナルド・ダ・ヴィンチの手稿)72枚をオークションで30億円で購入した。世界で唯一の、個人としての「レスター手稿」の保有者である。2005年に日本で行われた「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」に、この「レスター手稿」が提供されたため、日本に初上陸となった。手稿は世界の美術館を巡回して展示されており、これにより、一般市民でも「レスター手稿」を閲覧する事が可能になった。ビル・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツから見たニューメキシコ

    8週間後、ゲイツとアレンの寝食を忘れたプログラミングの結果、BASICインタプリタが完成した。1975年3月、デモのため、アレンがニューメキシコのアルバカーキにあるMITSへ向かった。この際、アレンがBASICのブートローダの開発を忘れていたことに気がつき、移動中の飛行機中で完成させた。こうして作られたBASICはMITSでのデモに成功し動作した。(このときゲイツはボストンの大学寮でアレンの帰りを待っており、同席はしていない。)ビル・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツから見たテレビ電話

    世界初の印刷聖書であるグーテンベルク聖書を個人で所有している。自著『ビル・ゲイツ未来を語る』などでは、オペレーティングシステム・インターネット・携帯電話・テレビ電話・セットトップボックスの普及による社会的な影響力をの大きさをグーテンベルクの活版印刷になぞらえるなど、グーテンベルクの研究にも熱心である。ビル・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツから見た日曜学校

    ゲイツは、1955年10月28日にシアトルでウィリアム・ヘンリー・ゲイツ・シニア(1925年 - )とマリー・マクスウェル・ゲイツとの間に生まれた。ゲイツ家は裕福な家庭だったが、自分のことには一切お金を使おうとしなかったとのこと。会衆派教会の日曜学校に通い、聖歌隊で歌い、ボーイスカウトにも入っていた。また、エドガー・ライス・バローズのターザン物や火星人物を読みあさる一方、フランクリン・D・ルーズベルトやナポレオン、偉大な発明家などの伝記を耽読した。彼は小学校を優秀な成績で卒業した。IQは160。ビル・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツから見たCOBOL

    CCCは、1970年2月に不渡手形を出し、実質的に倒産する。これにより、ゲイツはコンピュータに触れる機会を失う。1970年11月オレゴン州ポートランドにあったインフォメーション・サイエンス・インク(ISI)という会社から、COBOLでの給与計算システムの作成を請け負い、開発費の代わりとして無料でPDP-10を使う権利を手に入れた。ゲイツらはCOBOLに習熟しておらず、この作成は難航した。ビル・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツから見た世界長者番付

    アメリカの雑誌フォーブスの世界長者番付で、1994年から2006年まで13年連続の世界一となった。2006年の個人資産は推定530億ドル(日本円で約6兆2000億円)で、2007年、ビル・ゲイツの資産は、さらに50億ドル膨らんで資産総額580億ドルとなったが、推定資産620億ドルの著名投資家のウォーレン・バフェット、推定資産600億ドルの中南米の携帯電話会社América Móvilなどを所有するメキシコの「通信王」カルロス・スリム・ヘルの後塵を拝し、ゲイツは3位に転落した。ビル・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次へ
129件中 121 - 129件表示

「ビル・ゲイツ」のニューストピックワード