91件中 41 - 50件表示
  • ビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツから見たサードパーティ

    しかし、パロアルト研究所でAltoを見ていずれMS-DOSでは将来的に通用しなくなる事も理解していたため、Windowsの開発に乗り出した。断られたりはしたが、Mac OSのライセンス契約をしようとしたり、Macの最初のサードパーティとしてMac OS用のWordやExcelの制作も、そういった動きの一環だと見る向きもある。そして、Macintoshの発表前に、アジア圏を中心にWindowsを発表。同社の開発したオペレーティングシステムのMicrosoft Windowsは1990年代後半には世界1位の市場占有率となり、彼の名は世界に知れ渡った。ビル・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツから見たMicrosoft Windows 3.1

    結果的にApple社を出し抜いた形になったため、ここからスティーブ・ジョブズと彼との、または、Macを愛用する者とWindowsを愛用する者との確執は始まったとも言われているが間違いである。当時の、タイリングしか出来ないDOSのシェルであったWindows 1.0は初期のMacに比べても非常に貧弱でソフトもほとんどなく、米国ではWindows 3.1、日本ではWindows 95が出るまではライバルと成り得なかった。AppleとMicrosoftの訴訟合戦はジョブズがAppleを去った後のことであり、ジョブズが1997年にAppleに戻ってから全ての訴訟で和解している。ビル・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツから見たMS-DOS

    そこで、IBMはマイクロソフト社にOSの開発を要請した。その際に、当時OSの開発を行なっていなかったマイクロソフト社は、Seattle Computer Products社から$56,000で手に入れたCP/M互換OS、86-DOS(QDOS)をIBM PC用に改良、PC-DOS として納入、このPC-DOSをさらにMS-DOSという名前で他のパーソナルコンピュータにもライセンスで供給することにより、現在の基礎を作った。$56,000の価格については、破格の条件でありタダ同然の価格でだまし討ちであったと言われ、後に100万ドルを支払っている。ビル・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツから見た会長

    2000年1月にCEO職をバルマーに譲り、現在はマイクロソフト社の会長ビル・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツから見たMicrosoft Windows 95

    結果的にApple社を出し抜いた形になったため、ここからスティーブ・ジョブズと彼との、または、Macを愛用する者とWindowsを愛用する者との確執は始まったとも言われているが間違いである。当時の、タイリングしか出来ないDOSのシェルであったWindows 1.0は初期のMacに比べても非常に貧弱でソフトもほとんどなく、米国ではWindows 3.1、日本ではWindows 95が出るまではライバルと成り得なかった。AppleとMicrosoftの訴訟合戦はジョブズがAppleを去った後のことであり、ジョブズが1997年にAppleに戻ってから全ての訴訟で和解している。ビル・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツから見たパイ投げスナイパー

    ベルギーを拠点に活動している「パイ投げスナイパー」と呼ばれる集団にパイを顔面にぶつけられたことがある(1998年2月)。ビル・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツから見た聖書

    世界初の印刷聖書であるグーテンベルク聖書を個人で所有している。自著『ビル・ゲイツ未来を語る』などでは、インターネットの普及による社会的な影響力をの大きさをグーテンベルクの活版印刷になぞらえるなど、グーテンベルクの研究にも熱心である。ビル・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツから見たQDOS

    そこで、IBMはマイクロソフト社にOSの開発を要請した。その際に、当時OSの開発を行なっていなかったマイクロソフト社は、Seattle Computer Products社から$56,000で手に入れたCP/M互換OS、86-DOS(QDOS)をIBM PC用に改良、PC-DOS として納入、このPC-DOSをさらにMS-DOSという名前で他のパーソナルコンピュータにもライセンスで供給することにより、現在の基礎を作った。$56,000の価格については、破格の条件でありタダ同然の価格でだまし討ちであったと言われ、後に100万ドルを支払っている。ビル・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツから見たMicrosoft Windows

    しかし、パロアルト研究所でAltoを見ていずれMS-DOSでは将来的に通用しなくなる事も理解していたため、Windowsの開発に乗り出した。断られたりはしたが、Mac OSのライセンス契約をしようとしたり、Macの最初のサードパーティとしてMac OS用のWordやExcelの制作も、そういった動きの一環だと見る向きもある。そして、Macintoshの発表前に、アジア圏を中心にWindowsを発表。同社の開発したオペレーティングシステムのMicrosoft Windowsは1990年代後半には世界1位の市場占有率となり、彼の名は世界に知れ渡った。ビル・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツから見たディジタル・イクイップメント・コーポレーション

    その後、シアトルの私立レイクサイド中学・高校に入学した。レイクサイド校は、1967年当時シアトルで授業料が最も高い学校だった。レイクサイド校ではDEC社のPDP-10を生徒に貸しており、そこでコンピュータに興味を持つようになった。高校生のとき、友人のポール・アレンとともにトラフォデータ社を創業し、州政府に交通量計測システムを納入したり、オレゴン州ポートランドの会社の、COBOLでの給与計算システムの作成を手伝ったりしていた。1973年に、ゲイツはハーバード大学に入学。そこで後にゲイツの後任としてマイクロソフト社CEOとなるスティーブ・バルマーと同じ寮に住むことになる。ビル・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

91件中 41 - 50件表示

「ビル・ゲイツ」のニューストピックワード