129件中 71 - 80件表示
  • ビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツから見たデジタル・イクイップメント・コーポレーション

    1967年、シアトルの私立レイクサイド中学・高校に入学した。1968年秋、レイクサイド校はゼネラル・エレクトリック社のGE-635に接続されたテレタイプ端末を導入した。ゲイツはこれを通じてコンピュータに興味を持つようになった。このころ、ワシントン大学の近くにコンピュータ・センター・コーポレーション(CCC)という会社が設立され、DECのPDP-10への接続サービスを開始する予定であった。正式運用の前に負荷耐性テストを行う必要があったCCCは、1968年11月にゲイツらに夜間と週末にコンピュータを無料で使用させた。この経験を通じてゲイツはDECのPDP-10に詳しくなった。ビル・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツから見た発明家

    ゲイツは、1955年10月28日にシアトルでウィリアム・ヘンリー・ゲイツ・シニア(1925年 - )とマリー・マクスウェル・ゲイツとの間に生まれた。ゲイツ家は裕福な家庭だったが、自分のことには一切お金を使おうとしなかったとのこと。会衆派教会の日曜学校に通い、聖歌隊で歌い、ボーイスカウトにも入っていた。また、エドガー・ライス・バローズのターザン物や火星人物を読みあさる一方、フランクリン・D・ルーズベルトやナポレオン、偉大な発明家などの伝記を耽読した。彼は小学校を優秀な成績で卒業した。IQは160。ビル・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツから見たテキサス州

    テキサス州ダラス市生まれのメリンダ・アン・フレンチ(旧姓)と1994年1月1日に結婚し、子供3人ビル・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツから見たMacintosh

    結局、紆余曲折を経たうえでWindowsという名称に変更されて最初の製品が発売されたときには1985年になっていた。この時期には、既にGUIを有するMacintoshが販売されており、機能的にWindowsはMacintoshに大きく見劣りするものであった。ビル・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツから見たボストン

    8週間後、ゲイツとアレンの寝食を忘れたプログラミングの結果、BASICインタプリタが完成した。1975年3月、デモのため、アレンがニューメキシコのアルバカーキにあるMITSへ向かった。この際、アレンがBASICのブートローダの開発を忘れていたことに気がつき、移動中の飛行機中で完成させた。こうして作られたBASICはMITSでのデモに成功し動作した。(このときゲイツはボストンの大学寮でアレンの帰りを待っており、同席はしていない。)ビル・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツから見たCP/M

    1980年、IBMは、Apple IIの成功を見て、パーソナルコンピュータ市場への本格参入をはかることにし、IBM PCの開発に乗り出した。短期に開発することを目指していたため、OSについては自社開発をあきらめ、既存のOSを採用・改良することにした。当時、多くのパーソナルコンピュータのOSとして普及していたのは、ゲイリー・キルドールによって創業されたデジタルリサーチ (Digital Research) が開発したCP/Mだったが、OS採用をめぐるIBMとデジタルリサーチとの交渉は不調に終わった。ビル・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツから見たパーソナルコンピュータ

    1980年、IBMは、Apple IIの成功を見て、パーソナルコンピュータ市場への本格参入をはかることにし、IBM PCの開発に乗り出した。短期に開発することを目指していたため、OSについては自社開発をあきらめ、既存のOSを採用・改良することにした。当時、多くのパーソナルコンピュータのOSとして普及していたのは、ゲイリー・キルドールによって創業されたデジタルリサーチ (Digital Research) が開発したCP/Mだったが、OS採用をめぐるIBMとデジタルリサーチとの交渉は不調に終わった。ビル・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツから見たGUI

    MS-DOSの普及に尽力する一方、GUIを導入する必要性も理解していた。1982年の秋、COMDEXでビジコープ社のVisiOnがMS-DOS上でGUIを実現するデモを見て焦りを感じたゲイツは、インタフェース・マネジャーという名称で、同様の機能を持つソフトウェアを発売する予定であると発表した。しかし、実際には何も開発しておらず、その後の開発も難航し、製品発売予定は守られずに何度も延期された。ビル・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツから見たApple II

    1980年、IBMは、Apple IIの成功を見て、パーソナルコンピュータ市場への本格参入をはかることにし、IBM PCの開発に乗り出した。短期に開発することを目指していたため、OSについては自社開発をあきらめ、既存のOSを採用・改良することにした。当時、多くのパーソナルコンピュータのOSとして普及していたのは、ゲイリー・キルドールによって創業されたデジタルリサーチ (Digital Research) が開発したCP/Mだったが、OS採用をめぐるIBMとデジタルリサーチとの交渉は不調に終わった。ビル・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツから見た金融危機

    2008年、推定資産400億ドルと世界的な金融危機で各々の総資産が減少する中、ゲイツの資産総額も前年度より180億ドル減少したが、結果的に再び第1位に返り咲いた。2014年現在の推定資産810億ドルで、世界1位である。長らくマイクロソフトの個人筆頭株主でありかつては資産の大半を同社株が占めていたが、定期的に売却を続けた影響で2014年には保有株数でスティーブ・バルマーに抜かれることとなった。ビル・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

129件中 71 - 80件表示

「ビル・ゲイツ」のニューストピックワード