62件中 41 - 50件表示
  • ビーチバレー

    ビーチバレーから見たミス・コンテスト

    ビーチバレーは1920年代はじめ、アメリカ、カリフォルニア州サンタモニカのビーチレジャーとして始まったのが発祥とされる。その後、ヨーロッパに伝えられ、1927年にはフランスのヌーディストビーチにおけるレクリエーションとして親しまれた。草創期には6人制で行なわれていたが、1930年にはダブルスで競技した記録が残っている。1950年代のアメリカでは美人コンテストやテレビ番組とタイアップしたショーの一部としてビーチバレーがマスメディアの注目を集めた。ビーチバレー フレッシュアイペディアより)

  • ビーチバレー

    ビーチバレーから見たタイアップ

    ビーチバレーは1920年代はじめ、アメリカ、カリフォルニア州サンタモニカのビーチレジャーとして始まったのが発祥とされる。その後、ヨーロッパに伝えられ、1927年にはフランスのヌーディストビーチにおけるレクリエーションとして親しまれた。草創期には6人制で行なわれていたが、1930年にはダブルスで競技した記録が残っている。1950年代のアメリカでは美人コンテストやテレビ番組とタイアップしたショーの一部としてビーチバレーがマスメディアの注目を集めた。ビーチバレー フレッシュアイペディアより)

  • ビーチバレー

    ビーチバレーから見たブリーフ

    タンクトップとブリーフのセパレート型、もしくはワンピース型(上半身、下半身一体型)のユニフォームを着用する。タンクトップは体にぴったりと密着したもので、袖ぐりは背中に深く、また胸の上部と腹部は大きくカットされたものとする。ブリーフはぴったりとしたもので、裾は左右が上向きにカットされ、サイドは7cm以下とする。ワンピース型もぴったりと体に密着するもので、背中と胸の上部は開いたものとする。トップ、ブリーフ、ワンピース型は明るく鮮やかな色とする。ビーチバレー フレッシュアイペディアより)

  • ビーチバレー

    ビーチバレーから見たビーチバレースタイル

    専門誌としてはかつて「バレーボールマガジン」の増刊号的扱いで「ビーチバレーマガジン」が年2回発行されていたが、2008年を以って休刊。2009年には新たな専門誌「ビーチバレースタイル」が創刊され、年4回発行される。ビーチバレー フレッシュアイペディアより)

  • ビーチバレー

    ビーチバレーから見た

    チョップ(揃えて伸ばした状態の指先で打つコブラショット)、グーの状態(拳骨)や指を曲げた状態(ポーキーショット)、手の甲を使ってのフェイントなどは認められている。ビーチバレー フレッシュアイペディアより)

  • ビーチバレー

    ビーチバレーから見た夏季オリンピック

    1992年のバルセロナオリンピック開催期間中には、スペインのアルメリアで5大陸から100人以上の選手が参加し、公開競技が行なわれた。これらの盛り上がりを受けて、1996年のアトランタオリンピックでは夏季オリンピックの正式種目となった。ビーチバレー フレッシュアイペディアより)

  • ビーチバレー

    ビーチバレーから見たタンクトップ

    競技のユニフォームは競技会が特にユニフォームを規定しない場合、ショートパンツや水着を着用する。帽子をかぶってもよい。ジャージやタンクトップは任意である。チームの2人は同色で同じ形式のユニフォームを着るものとし、ジャージの胸の部分もしくは水着の前面に、それぞれはっきりとわかるように1と2の番号をつけなければならない。靴は履かず、裸足で競技する。ビーチバレー フレッシュアイペディアより)

  • ビーチバレー

    ビーチバレーから見たWINDS (ビーチバレー)

    当初は室内の選手がシーズンオフとなる夏場に調整を兼ねて競技に参加していた(川合も当時は富士フイルムの選手だった)が、次第にビーチ専門の選手も増加の一途を辿っている。オリンピックには女子がアトランタ大会以降連続出場しており、アトランタオリンピックでは高橋有紀子・藤田幸子組が5位、シドニーオリンピックでは高橋有紀子・佐伯美香組が4位に入賞している。2002年、西村晃一と浦田聖子は日本初のビーチバレーのプロチーム、ウィンズを設立した。2004年にビーチバレーに転向した浅尾美和は、モデルなどの活動を通してこれまでビーチバレーに関心の低かった層からも大きな注目を集めている。ビーチバレー フレッシュアイペディアより)

  • ビーチバレー

    ビーチバレーから見たジャージー (衣類)

    競技のユニフォームは競技会が特にユニフォームを規定しない場合、ショートパンツや水着を着用する。帽子をかぶってもよい。ジャージやタンクトップは任意である。チームの2人は同色で同じ形式のユニフォームを着るものとし、ジャージの胸の部分もしくは水着の前面に、それぞれはっきりとわかるように1と2の番号をつけなければならない。靴は履かず、裸足で競技する。ビーチバレー フレッシュアイペディアより)

  • ビーチバレー

    ビーチバレーから見たビーチバレージャパン

    日本では川合俊一らが先駆となり、1987年、湘南・鵠沼海岸で第1回ビーチバレージャパンが開催されたのをきっかけに、ビーチバレーが広く認知されるようになった。1989年には、日本バレーボール協会が日本ビーチバレー連盟を発足させている。ビーチバレー フレッシュアイペディアより)

62件中 41 - 50件表示

「ビーチバレー」のニューストピックワード