67件中 51 - 60件表示
  • ビーチバレー

    ビーチバレーから見たビーチバレーガールしずく

    ビーチバレーガールしずく(ケータイゲーム)ビーチバレー フレッシュアイペディアより)

  • ビーチバレー

    ビーチバレーから見た裸足

    競技のユニフォームは競技会が特にユニフォームを規定しない場合、ショートパンツや水着を着用する。帽子をかぶってもよい。ジャージやタンクトップは任意である。チームの2人は同色で同じ形式のユニフォームを着るものとし、ジャージの胸の部分もしくは水着の前面に、それぞれはっきりとわかるように1と2の番号をつけなければならない。靴は履かず、裸足で競技する。ビーチバレー フレッシュアイペディアより)

  • ビーチバレー

    ビーチバレーから見た

    チョップ(揃えて伸ばした状態の指先で打つコブラショット)、グーの状態(拳骨)や指を曲げた状態(ポーキーショット)、手の甲を使ってのフェイントなどは認められている。ビーチバレー フレッシュアイペディアより)

  • ビーチバレー

    ビーチバレーから見た夏季オリンピック

    1992年のバルセロナオリンピック開催期間中には、スペインのアルメリアで5大陸から100人以上の選手が参加し、公開競技が行なわれた。これらの盛り上がりを受けて、1996年のアトランタオリンピックでは夏季オリンピックの正式種目となった。ビーチバレー フレッシュアイペディアより)

  • ビーチバレー

    ビーチバレーから見たWINDS (ビーチバレー)

    当初は室内の選手がシーズンオフとなる夏場に調整を兼ねて競技に参加していた(川合も当時は富士フイルムの選手だった)が、次第にビーチ専門の選手も増加の一途を辿っている。オリンピックには女子がアトランタ大会以降連続出場しており、アトランタオリンピックでは高橋有紀子・藤田幸子組が5位、シドニーオリンピックでは高橋有紀子・佐伯美香組が4位に入賞している。2002年、西村晃一と浦田聖子は日本初のビーチバレーのプロチーム、ウィンズを設立した。2004年にビーチバレーに転向した浅尾美和は、モデルなどの活動を通してこれまでビーチバレーに関心の低かった層からも大きな注目を集めている。ビーチバレー フレッシュアイペディアより)

  • ビーチバレー

    ビーチバレーから見たラリーポイント制

    1チーム2名の選手で対戦、室内のバレーボールのようなポジションは定められていない。ボールへの接触は3回まで(ブロックも含める)、この回数以内で相手コートにボールを返し、相手がボールを戻せなければ得点となるラリーポイント制をとる。ビーチバレー フレッシュアイペディアより)

  • ビーチバレー

    ビーチバレーから見たジャージー (衣類)

    競技のユニフォームは競技会が特にユニフォームを規定しない場合、ショートパンツや水着を着用する。帽子をかぶってもよい。ジャージやタンクトップは任意である。チームの2人は同色で同じ形式のユニフォームを着るものとし、ジャージの胸の部分もしくは水着の前面に、それぞれはっきりとわかるように1と2の番号をつけなければならない。靴は履かず、裸足で競技する。ビーチバレー フレッシュアイペディアより)

  • ビーチバレー

    ビーチバレーから見たビーチバレージャパン

    日本では川合俊一らが先駆となり、1987年、湘南・鵠沼海岸で第1回ビーチバレージャパンが開催されたのをきっかけに、ビーチバレーが広く認知されるようになった。1989年には、日本バレーボール協会が日本ビーチバレー連盟を発足させている。ビーチバレー フレッシュアイペディアより)

  • ビーチバレー

    ビーチバレーから見た湘南海岸公園 (藤沢市)

    日本国内にも湘南海岸公園をはじめ、ビーチバレー用コートを備えたビーチが増えている。ビーチバレー フレッシュアイペディアより)

  • ビーチバレー

    ビーチバレーから見たアトランタオリンピックにおけるバレーボール競技

    砂浜にネットを張ったコートで、2人1組のチーム同士で対戦する。アメリカ発祥のビーチスポーツで、1996年のアトランタオリンピックよりオリンピックの正式種目となった。ビーチバレー フレッシュアイペディアより)

67件中 51 - 60件表示

「ビーチバレー」のニューストピックワード