1490件中 91 - 100件表示
  • 北野うし

    北野うしから見たビートたけしビートたけし

    ビートたけしら有名人を輩出した北野家の祖である。北野うし フレッシュアイペディアより)

  • 大泉実成

    大泉実成から見たビートたけしビートたけし

    少年の頃、エホバの証人の信者だった経験を持ち、1985年におきた信者による「輸血拒否」による少年死亡事件に衝撃を受け、関係者に取材して、処女作『説得-エホバの証人と輸血拒否事件』を刊行。1989年、講談社ノンフィクション賞を受賞。同著は後にビートたけし主演でテレビドラマ化された。大泉実成 フレッシュアイペディアより)

  • 血と骨

    血と骨から見たビートたけしビートたけし

    2004年に公開された。ビートたけし主演で話題を呼ぶ。キネマ旬報ベストテン2位、脚本賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞(オダギリジョー)、毎日映画コンクール作品賞、日刊スポーツ映画大賞作品賞。第78回アカデミー外国語映画賞の日本代表に選出され、出品されたが、本選のノミネート5作品に選出されなかった。血と骨 フレッシュアイペディアより)

  • TAKESHIS'

    TAKESHIS'から見たビートたけしビートたけし

    『TAKESHIS'』(タケシズ)は、北野武が監督を務めた12作目の日本映画。TAKESHIS' フレッシュアイペディアより)

  • 瀬川昌治

    瀬川昌治から見たビートたけしビートたけし

    1978年に松竹を離れ、1984年ににっかつ(日活)ロマンポルノ『トルコ行進曲・夢の城』で衝撃的な映画界カムバックを果たす。この頃から、社会の最底辺にいる水商売の女たちや芸人たちのプロフェッショナリズム賛歌を喜劇タッチの中に盛り込むようになり、ビートたけしやタモリなどテレビタレントの意外な一面を引き出すことに成功した。現時点において最後の映画作品となっている1990年の『Mr.レディー 夜明けのシンデレラ』でも、ニューハーフをプロ根性を持つ芸人と見なし、そのプロフェッショナリズム礼賛を喜劇タッチで描いた。瀬川昌治 フレッシュアイペディアより)

  • AカップCカップ

    AカップCカップから見たビートたけしビートたけし

    ランジェリー会社の宣伝マンたちが下着や水着を売り込む模様を描いたコメディドラマ。番組中、ビートたけしが担当するスタジオコント「天才たけちゃんのカルチャーショック」のコーナーがあった。AカップCカップ フレッシュアイペディアより)

  • 監督・ばんざい!

    監督・ばんざい!から見た北野武ビートたけし

    『監督・ばんざい!』(かんとく・ばんざい)は、2007年6月2日に公開された北野武監督の映画。第64回ヴェネツィア国際映画祭特別招待作品。監督・ばんざい! フレッシュアイペディアより)

  • SHOKO-F

    SHOKO-Fから見た北野武ビートたけし

    同年、憧れだった北野武 監督と出会う事ができ北野 監督作品『TAKESHIS&』の映画音楽サントラを担当する事となり「NAGI」とし活動がスタート。SHOKO-F フレッシュアイペディアより)

  • ヴェネツィア国際映画祭

    ヴェネツィア国際映画祭から見たビートたけしビートたけし

    現役で、将来に渡って活躍が期待される映画監督を対象に贈られる。北野武監督の『監督・ばんざい!』に因んでいる。ヴェネツィア国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • みんな〜やってるか!

    みんな〜やってるか!から見たビートたけしビートたけし

    『みんな〜やってるか!』(英題:Getting Any?)は、ビートたけし監督による日本映画で初コメディ映画監督作品。1995年2月11日公開。みんな〜やってるか! フレッシュアイペディアより)

1490件中 91 - 100件表示

「ビートたけし」のニューストピックワード