1262件中 91 - 100件表示
  • 笑ってる場合ですよ!

    笑ってる場合ですよ!から見たビートたけしビートたけし

    フジテレビ全体やランチタイム番組の改革を図るべく企画されたのが、当時人気の漫才のタレントを多数出演メンバーに起用したバラエティ番組であった。漫才ブームの仕掛け人・横澤彪がプロデュースし、スタジオアルタからの公開生放送であり、司会のB&B(島田洋七・洋八)、レギュラーのツービート(ビートたけし・きよし)や紳助・竜介(島田紳助・松本竜介)ら(いずれも後に土曜20時の『オレたちひょうきん族』に出演)、当時の若年層に人気のあった漫才・コントタレントが続々と登場し、フジテレビの看板ランチタイム番組に育てあげた。笑ってる場合ですよ! フレッシュアイペディアより)

  • 監督・ばんざい!

    監督・ばんざい!から見たビートたけしビートたけし

    本作で13作目となるこの作品は、北野の映画に対する思い入れを込めたコメディ映画となっている。主演はビートたけし監督・ばんざい! フレッシュアイペディアより)

  • 監督・ばんざい!

    監督・ばんざい!から見た北野武ビートたけし

    『監督・ばんざい!』(かんとく・ばんざい)は、2007年6月2日に公開された北野武監督の映画。第64回ヴェネツィア国際映画祭特別招待作品。監督・ばんざい! フレッシュアイペディアより)

  • 深田恭子

    深田恭子から見た北野武ビートたけし

    2002年(平成14年)、放送史上初の日韓合同制作・同時放送となったスペシャルドラマ『フレンズ』に出演し、韓国の俳優・ウォンビンと共演。更に北野武監督作品『Dolls』でアイドル・山口春菜役を演じる。劇中、自身の曲「キミノヒトミニコイシテル」を披露するも、同年より歌手活動は事実上休業(但し、市販ではないが麒麟麦酒の「キリンチューハイ・氷結」のCMソングを担当している)。以降、女優、タレント活動に専念。深田恭子 フレッシュアイペディアより)

  • 血と骨

    血と骨から見たビートたけしビートたけし

    2004年に公開された。ビートたけし主演で話題を呼ぶ。キネマ旬報ベストテン2位、脚本賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞(オダギリジョー)、毎日映画コンクール作品賞、日刊スポーツ映画大賞作品賞。第78回アカデミー外国語映画賞の日本代表に選出され、出品されたが、本選のノミネート5作品に選出されなかった。血と骨 フレッシュアイペディアより)

  • だいもん孝之

    だいもん孝之から見たビートたけしビートたけし

    ビートたけしこと北野武の義弟、松田秀士率いる「たけしプロジェクト」で修行後、業界入りを果たした遅咲きの放送作家。シン西川(妻はトップコート代表の渡辺万由美)やだいもん孝之 フレッシュアイペディアより)

  • 最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学

    最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学から見たビートたけしビートたけし

    『最終警告! たけしの本当は怖い家庭の医学』(さいしゅうけいこく!たけしのほんとうはこわいかていのいがく、英称:Medical Horror Check Show)とは2004年4月13日から2009年12月15日まで、ABCテレビ(朝日放送)を制作局として、テレビ朝日系列で毎週火曜日20:00 - 20:54(JST)に放送されていたメディカル・ホラー・シミュレーションバラエティ番組(字幕放送、ハイビジョン制作)である。ビートたけしの冠番組。新聞のテレビ欄では「たけしの家庭の医学」と表記されている。通称は「家庭の医学」。最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学 フレッシュアイペディアより)

  • 火口秀幸

    火口秀幸から見た北野武ビートたけし

    1994年、諸星和己ソロツアー「一匹狼」に振付出演で参加。1998年に「Funk a Step」という新しいタップパフォーマンス形態を提唱して「THE STRiPES」を結成、2003年には北野武監督「座頭市」での振付、出演で注目を浴びる。2009年新グループ「LiBLAZE」を結成、音楽との融合を目指した新しいタップパフォーマンスを行っている。火口秀幸 フレッシュアイペディアより)

  • 山田 邦子

    山田邦子から見たビートたけしビートたけし

    1982年には、漫才師ツーツーレロレロ時代の大森うたえもんと交際し、マネージャーやビートたけしとも噂になるなど、恋愛関係でも話題を提供した。田原俊彦の大ファンであることも公言し、番組でも何度か共演した。山田邦子 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草演芸ホール

    浅草演芸ホールから見たビートたけしビートたけし

    松倉も元々はストリップより演劇をやりたかったので、企画替えとして「フランス座」を閉鎖・改装し、1964年(昭和39年)、演劇の新しい劇場「東洋劇場」を開業した。渥美清、萩本欽一、ビートたけしらを輩出した。浅草演芸ホール フレッシュアイペディアより)

1262件中 91 - 100件表示

「ビートたけし」のニューストピックワード