1490件中 21 - 30件表示
  • 所さんの世田谷ベース

    所さんの世田谷ベースから見たビートたけしビートたけし

    ビートたけし(毎週日曜日には「世田谷ベース」へ遊びに来る。たけしは「所」、所は「北野さん」と呼ぶ。)所さんの世田谷ベース フレッシュアイペディアより)

  • 浦上雄次

    浦上雄次から見た北野武ビートたけし

    2001年、HIDEBOH主宰のリズムパフォーマンスグループ「THE STRiPES」のメンバーとなり、2003年には北野武監督作品「座頭市」に出演、タップダンサーとしての活動が主体となっていく。浦上雄次 フレッシュアイペディアより)

  • 監督・ばんざい!

    監督・ばんざい!から見たビートたけしビートたけし

    本作で13作目となるこの監督作品は、北野の映画に対する思い入れを込めたコメディ映画となっている。主演はビートたけし。松本人志の初監督作品である『大日本人』と同日公開となったことでも話題を集めた。監督・ばんざい! フレッシュアイペディアより)

  • たかじんnoばぁ〜

    たかじんnoばぁ〜から見たビートたけしビートたけし

    最終回ではビートたけしが出演し、たけしが「最終回やめようよ、俺もやるから」と言い、出演者がこれまでの番組の歴史を振り返りながらしみじみ語った。たかじんが「東京」を歌うと、たけしが徳永英明の「壊れかけのRadio」を歌った。最後は当時たかじんの新曲であった「もしも夢が叶うならば」のプロモーションビデオが流れ番組の幕を閉じた。たかじんnoばぁ〜 フレッシュアイペディアより)

  • 龍三と七人の子分たち

    龍三と七人の子分たちから見たビートたけしビートたけし

    『龍三と七人の子分たち』(りゅうぞうとしちにんのこぶんたち) は、2015年の日本映画。北野武監督の17作目であり、『アウトレイジ ビヨンド』(2012年)以来、およそ3年ぶりの作品となる。2015年4月25日に公開された。龍三と七人の子分たち フレッシュアイペディアより)

  • したまちコメディ映画祭in台東

    したまちコメディ映画祭in台東から見たビートたけしビートたけし

    コメディ栄誉賞はビートたけししたまちコメディ映画祭in台東 フレッシュアイペディアより)

  • 熱血!平成教育学院

    熱血!平成教育学院から見たビートたけしビートたけし

    特別講師:マス北野(ビートたけし) ※VTR出演熱血!平成教育学院 フレッシュアイペディアより)

  • 巨泉のワールドスタークイズ

    巨泉のワールドスタークイズから見たビートたけしビートたけし

    それまで長時間かけて争ってきた努力がすべてふいになると云う、従来のクイズ番組のあり方を基本から覆すような手法を導入したクイズ番組である。なお、逆転クイズの最初の被害者はビートたけしであり、たけし出演回では最終問題のルール説明に対し「じゃ今までやって来た苦労は一体何だったんですか!」とたけしが巨泉につっこむのが恒例となっていた。巨泉のワールドスタークイズ フレッシュアイペディアより)

  • 島田洋七

    島田洋七から見たビートたけしビートたけし

    1980年代、漫才ブームのパイオニアとなり、月収1億円の時代から、人気急降下、そして2000年代のベストセラー作家と、ジェットコースターの様な激動の人生を歩むお笑い芸人である。その上がり下がりの人生を「シーソーか」と茶化したビートたけしの親友としても知られる。下の名前の読みは「ようひち」との表記説が多く言われているが、本人にいわく「どっちでもいいが分かりやすい『ようしち』が良い」との事(大阪弁では質や七を「しち」ではなく、「ひち」と読むためである。逆にビートたけしが使用する江戸言葉では、「おひたし」を「おしたし」というように、「ひ」を「し」と呼ぶ傾向がある)。2017年12月15日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)に出演した際、京浜急行電鉄の品川駅ホームで面識のない一般社会人に暴行したことを告白した島田洋七 フレッシュアイペディアより)

  • 奥山和由

    奥山和由から見た北野武ビートたけし

    1990年代前半は北野武『その男、凶暴につき』・竹中直人『無能の人』・坂東玉三郎『外科医』、また秋元康『グッバイママ』などを新人映画監督として多くデビューさせる等、映画界の寵児としてもてはやされた。奥山和由 フレッシュアイペディアより)

1490件中 21 - 30件表示

「ビートたけし」のニューストピックワード