1262件中 21 - 30件表示
  • 東京ダイナマイト

    東京ダイナマイトから見たビートたけしビートたけし

    結成3年目の2004年、M-1グランプリで決勝に進出(後述)し、全国区の知名度を獲得した。以後ゴールデンタイムのお笑い番組などにも出演して活躍を続け、当時の事務所の大先輩であり大師匠(師匠の師匠)に当たるビートたけしからは「ようやくウチから商品になる奴が出てきた」と高い評価を受けていた。東京ダイナマイト フレッシュアイペディアより)

  • たかじんnoばぁ〜

    たかじんnoばぁ〜から見たビートたけしビートたけし

    最終回ではビートたけしが出演し、たけしが「最終回やめようよ、俺もやるから」と言い、出演者がこれまでの番組の歴史を振り返りながらしみじみ語った。たかじんが「東京」を歌うと、たけしが「壊れかけのRadio」を歌った(ただし、サビ以外はオンエアされていない)。最後は当時たかじんの新曲であった「もしも夢が叶うならば」のプロモーションビデオが流れ番組の幕を閉じた。たかじんnoばぁ〜 フレッシュアイペディアより)

  • たけしのコマ大数学科

    たけしのコマ大数学科から見たビートたけしビートたけし

    『たけしのコマ大数学科』(たけしのコマだいすうがくか)は、2006年4月13日からフジテレビで放送されている教養・バラエティ番組。ビートたけしの冠番組。フジテレビ系列を中心に全国各地でも放送(後述)。2008年4月までは『たけしのコマネチ大学数学科』。たけしのコマ大数学科 フレッシュアイペディアより)

  • ふく まつみ

    ふくまつみから見た北野武ビートたけし

    「キッズ・リターン」(1996年7月27日、北野武監督) - もぎりのおばさんふくまつみ フレッシュアイペディアより)

  • ゾマホン・ルフィン

    ゾマホン・ルフィンから見たビートたけしビートたけし

    タレント業の傍ら映画監督・俳優のビートたけしの付き人を務めている他、NPO法人の設立運営、ベナン共和国第4代大統領ヤイ・ボニのアジア・オセアニア関連大統領特別顧問、駐日特命全権大使も務めるなど公的活動も行なっている。ゾマホン・ルフィン フレッシュアイペディアより)

  • 熱血!平成教育学院

    熱血!平成教育学院から見たビートたけしビートたけし

    特別講師:マス北野(ビートたけし) ※VTR出演熱血!平成教育学院 フレッシュアイペディアより)

  • アウトレイジ (2010年の映画)

    アウトレイジ (2010年の映画)から見たビートたけしビートたけし

    『アウトレイジ』(OUTRAGE)は、2010年6月12日に公開された日本映画。北野武の15本目の監督作品。丸の内ルーブル、渋谷東急ほか全国東急系にて公開された。アウトレイジ (2010年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 宮沢りえ

    宮沢りえから見たビートたけしビートたけし

    桑田真澄やビートたけしなど、大物との交流でも話題となった。大の巨人ファンであり、特に犠打職人、川相昌弘のファンだった。宮沢りえ フレッシュアイペディアより)

  • 高田文夫

    高田文夫から見たビートたけしビートたけし

    テレビ番組の構成作家をしていた1975年ごろ、ポール牧、青空球児・好児らの薦めによりビートたけしと対面、意気投合し親密になった。たけしを後押しして、番組に起用するようになる。その結果として、それまでたけしのブレインだった高信太郎の座を奪った。高田文夫 フレッシュアイペディアより)

  • 大島渚

    大島渚から見たビートたけしビートたけし

    1996年(平成8年)1月下旬に約10年ぶりの映画製作発表をしてまもなく、翌2月下旬渡航先のロンドンのヒースロー空港で脳出血に見舞われた。その後、3年にわたるリハビリが功を奏し復帰作『御法度』(1999年)の公開を果たすが、カンヌ映画祭では賞を得ることは出来なかった。『御法度』にはビートたけしと崔洋一、2人の映画監督が俳優として出演しており、2人に撮影現場でのサポート役を託していたとされる。大島渚 フレッシュアイペディアより)

1262件中 21 - 30件表示