1262件中 41 - 50件表示
  • とんねるず

    とんねるずから見たビートたけしビートたけし

    BIG3(タモリ・ビートたけし・明石家さんま)や笑福亭鶴瓶、所ジョージ、関根勤といったお笑い第二世代との共演はあるが、島田紳助との共演が一度もないとされており、このことは紳助が『26時間テレビ』内で放送された『笑っていいとも!増刊号』の『テレフォンショッキング』にゲスト出演した際に語っている。しかし実際には、歌のトップテンなどで共演している。とんねるず フレッシュアイペディアより)

  • 仁義なき戦い

    仁義なき戦いから見た北野武ビートたけし

    北野武、井筒和幸、大森一樹、長崎俊一、黒沢清、林海象、三池崇史、高瀬将嗣、平山秀幸、入江悠といった日本の映画監督はもちろん、クエンティン・タランティーノやジョン・ウーなど、日本国外の映画監督にも多大な影響を与えたことでも知られる。また映像関係者、作家、漫画家など著名人にもファンが多い。浅田次郎、新田隆男、中田潤、秋本鉄次、神無月マキナ、大川俊道、パンチ佐藤、仁科貴、橋本一、佐々木亜希子、冷牟田竜之(東京スカパラダイスオーケストラ)、川原テツら。深作を敬慕する萩原健一は、かつて「深作さんの『仁義なき戦い』をみてると、腹立ってくるわけよ。なぜ、オレがここに出ていないかってね」と話した。奥山和由は、本作や「ゴッドファーザー」を観て映画が好きになり、自身が実話ばかりを映画化するのは、事実に食い込んでいったこれらの映画に凄い迫力を感じ、その時代に育ったせいと思うと話している。きうちかずひろもこの映画に強い影響を受けたとインタビューで述べており、「頂上作戦」の山場で梅宮辰夫扮する岩井信一が放つ「おんどれらも、吐いた唾飲まんとけよ!」は「ビー・バップ・ハイスクール」にも語り継がれた名ゼリフ。映画が大好きだという安倍晋三は、政界を引退したら映画監督に転身したいと話し、「自分で撮るとしたらヤクザ映画ですかね。『仁義なき戦い』をさらにドキュメンタリータッチにして、 それと『ゴッドファーザー』を足して2で割ったものとかね」とラジオで話した。仁義なき戦い フレッシュアイペディアより)

  • 明治大学

    明治大学から見た北野武ビートたけし

    中曽根康弘、海部俊樹、村山富市、福田康夫、麻生太郎、鳩山由紀夫、安倍晋三(以上、元首相)、谷垣禎一、与謝野馨、鳩山邦夫、前原誠司、岡田克也、枝野幸男、武村正義等(以上、党代表・主要閣僚)、海外の国家元首(ミハイル・ゴルバチョフ元ソ連大統領の他、ポーランド、フィリピン、マレーシア等の各大統領・首相)、ジャック・アタリ(欧州復興開発銀行初代総裁・思想家)、白川方明(日本銀行総裁)、緒方貞子(JICA理事長)、松浦晃一郎(元ユネスコ事務局長)、主要国駐日大使(アメリカ、EU代表部、フランス、ドイツ、カナダ、オランダ等)、主要高等教育機関トップ(世界学長会議議長、フランス国立行政学院(ENA)学院長、北京大学学長、高麗大学学長等)、内外の主要企業首脳、小柴昌俊、益川敏英、日野原重明、茂木健一郎(以上、学者)、内田祥哉、槇文彦、團紀彦、中村拓志(以上、建築家)、井上ひさし、逢坂剛、平野啓一郎(以上、作家)、観世清和、坂東玉三郎、野村萬斎(以上、伝統芸能関係者)、北野武、蜷川幸雄、黒沢清、是枝裕和、本木克英(以上、映画監督・演出家)、徳川恒孝(徳川宗家第18代当主)、立花隆、松岡正剛(以上、ジャーナリスト)、桂由美、コシノジュンコ(以上、ファッションデザイナー)、ジャン・ジロー、かわぐちかいじ、浦沢直樹(以上、漫画家)、AKB48(タレント) etc明治大学 フレッシュアイペディアより)

  • 所 ジョージ

    所ジョージから見たビートたけしビートたけし

    芸名の「所ジョージ」の由来は、出身地の所沢市と柳ジョージをモチーフに宇崎竜童によって「所沢の柳ジョージ」という意味で命名された。タモリは「所」「とっころさん」、ビートたけし、坂崎幸之助からは「所」、伊東四朗は「ジョージ」「とこちゃん」、明石家さんまは「所さん」や「所ジョージ」とフルネームで呼ぶこともある。所ジョージ フレッシュアイペディアより)

  • コマーシャルメッセージ

    コマーシャルメッセージから見たビートたけしビートたけし

    2011年10月15日にはトヨタ自動車が、木村拓哉(織田信長役)とビートたけし(豊臣秀吉役)を起用した企業イメージCM「FUN TO DRIVE,AGAIN.」シリーズの第1弾「ReBORN・プロローグ編」の60秒(1分)バージョンを、同日20時59分に全国一斉に放映した(一部の局を除く)。コマーシャルメッセージ フレッシュアイペディアより)

  • クイズダービー

    クイズダービーから見たビートたけしビートたけし

    TBSで春と秋に放送されていたスペシャル番組『クイズまるごと大集合』(1987年-1991年)では、関口宏やビートたけしが司会をしていた。なお、この2人は本放送時にゲスト解答者として出演した経験がある。クイズダービー フレッシュアイペディアより)

  • 奇跡体験!アンビリバボー

    奇跡体験!アンビリバボーから見たビートたけしビートたけし

    『奇跡体験!アンビリバボー』(きせきたいけん!アンビリバボー)は、フジテレビ系列でイースト・エンタテインメントと共同制作され、1997年10月25日から毎週木曜日 の19:57 - 20:54(JST)に放送されているドキュメンタリー系・バラエティ番組(詳細は放送時間を参照)。字幕放送、ハイビジョン制作が実施されている。ビートたけしの冠番組。奇跡体験!アンビリバボー フレッシュアイペディアより)

  • バトル・ロワイアル (映画)

    バトル・ロワイアル (映画)から見たビートたけしビートたけし

    監督に深作欣二、出演に藤原竜也、前田亜季、山本太郎、安藤政信、ビートたけしらを迎えて制作された。第43回ブルーリボン賞作品賞を受賞し、同新人賞を藤原が受賞した。バトル・ロワイアル (映画) フレッシュアイペディアより)

  • コント55号

    コント55号から見たビートたけしビートたけし

    コントの筋は、坂上扮する善良な普通の一市民が、萩本扮する異常な人物に振り回されるのが多く、所々オーバーな動きがコントに抑揚を付けていた。特に日劇出演を契機に、動きが大きくなり特徴の一つとなった。とりわけ、萩本のツッコミは執拗で、かつ想定外のものが多かった。萩本が演じる狂気の世界が日常とのギャップもあり、坂上が狼狽もしくは苦笑する事で、十分笑いは取れていた。しかし、これに坂上が倍返しともいえるナンセンスなボケで対処し、笑いを増幅させた。(なお、本筋では坂上がツッコミで萩本がボケである。)ビートたけしは55号の笑いについて「萩本さんのセンスと坂上さんの芸に尽きる」と分析している。コント55号 フレッシュアイペディアより)

  • 北野うし

    北野うしから見たビートたけしビートたけし

    北野 うし(きたの うし、1877年(明治10年) - 1962年(昭和37年))は、女義太夫の太夫(語り手)である。ビートたけしら有名人を輩出した北野家の祖である。北野うし フレッシュアイペディアより)

1262件中 41 - 50件表示

「ビートたけし」のニューストピックワード