1490件中 41 - 50件表示
  • たけしのコマ大数学科

    たけしのコマ大数学科から見たビートたけしビートたけし

    『たけしのコマ大数学科』(たけしのコマだいすうがくか)は、2006年4月13日から2013年9月23日まで、フジテレビで放送されていた教養・バラエティ番組。ビートたけしの冠番組。フジテレビ系列を中心に全国各地でも放送(後述)。2008年3月(第82回)までは『たけしのコマネチ大学数学科』の番組名で放送された。たけしのコマ大数学科 フレッシュアイペディアより)

  • 爆笑問題

    爆笑問題から見たビートたけしビートたけし

    2000年:笑芸人大賞 銀賞受賞、ちなみに金賞はビートたけし爆笑問題 フレッシュアイペディアより)

  • モロ 師岡

    モロ師岡から見た北野武ビートたけし

    専修大学商学部在学中に劇団現代に入団。アマチュア劇団で活動するかたわら、六本木のショーパブ「バナナパワー」の立ち上げの後、新宿のストリップ劇場、渋谷の「道頓堀劇場」でコントをしていた。1990年以降、コメディアンとしてテレビに出演。1996年の北野武監督映画『キッズ・リターン』では未来ある若手に悪い遊びを教えて堕落させてゆく中年ボクサーを好演し、東京スポーツ映画大賞助演男優賞を受賞。プライムワン(現プライム)を経て、現在オレガの所属となる。血液型はO型。テレビ、映画でさりげない存在感を示す役をこなす傍ら、近年は浅草東洋館を中心にコント、一人芝居を開催している。モロ師岡 フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけしのお笑いウルトラクイズ

    ビートたけしのお笑いウルトラクイズから見たビートたけしビートたけし

    『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ!!』(ビートたけしのおわらいウルトラクイズ)は、1989年1月2日から1996年4月6日にかけて日本テレビ系列で放送された特別番組で、ビートたけしの冠番組。2007年1月1日の20:30から、3時間の正月特番として11年ぶりに復活した。ビートたけしのお笑いウルトラクイズ フレッシュアイペディアより)

  • 奇跡体験!アンビリバボー

    奇跡体験!アンビリバボーから見たビートたけしビートたけし

    『奇跡体験!アンビリバボー』(きせきたいけん!アンビリバボー)は、フジテレビ系列でイースト・エンタテインメントと共同制作され、1997年10月25日から放送されているドキュメンタリー系バラエティ番組(詳細は放送時間を参照)。字幕放送、ハイビジョン制作が実施されている。ストーリーテラーを務めるビートたけしの冠番組。2001年4月5日からは、毎週木曜日 19:57 - 20:54(JST)に放送されている。奇跡体験!アンビリバボー フレッシュアイペディアより)

  • 河合 龍之介

    河合龍之介から見たビートたけしビートたけし

    高校2年の時に北野武監督の映画「キッズ・リターン」を観て映画界に興味を持つようになる。役者としてではなくスタッフとして携わりたいと思った。河合龍之介 フレッシュアイペディアより)

  • 北野ファンクラブ

    北野ファンクラブから見たビートたけしビートたけし

    番組は『オールナイトニッポン』同様ビートたけしと高田文夫をパーソナリティに迎え、最近の時事問題から深夜放送ならではの下ネタまで幅広いジャンルから毎回話題を取り上げて爆笑トークを展開した。セットも予算の関係から「北野」の印判をイメージしたパネルとテーブル。その上に東京スポーツや週刊誌(たけしがネタにされているものが多い)、黒板数枚(グレート義太夫・ダンカンがイラストデザインやレイアウトをし、毎回チョークで書き込んだ)だけという地味なものであった。初期の放送では、床面にミステリー・サークルが大きく描かれたパネルが敷かれていた。北野ファンクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 所 ジョージ

    所ジョージから見たビートたけしビートたけし

    芸名の「所ジョージ」の由来は、出身地の所沢市と柳ジョージをモチーフに宇崎竜童によって「所沢の柳ジョージ」という意味で命名された。東京スポーツでの宇崎竜童の連載では「外国でも通用するような名前がいいだろう。オレの本名はシュージ(修史)で外国でも通用しそうだから..そうだ、『ジョージ』でどうだろう。そう、この瞬間に『所ジョージ』が誕生したんだ」と宇崎自身が述べており、「柳ジョージ」は名前の由来には関係ないようである。タモリは「所」「とっころさん」、ビートたけし、坂崎幸之助からは「所」、伊東四朗は「ジョージ」「とこちゃん」、明石家さんまは「所さん」や「所ジョージ」とフルネームで呼ぶこともある。所ジョージ フレッシュアイペディアより)

  • 1986年の日本

    1986年の日本から見たビートたけしビートたけし

    12月9日 - ビートたけしが彼の写真記事をめぐり、弟子(たけし軍団)らを連れて講談社本社のフライデー編集部に乱入、同誌記者らに暴行を加えて逮捕される(フライデー襲撃事件)。1986年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 大杉 漣

    大杉漣から見たビートたけしビートたけし

    40歳代に入り、種々のステップアップを図る一環として北野武監督による『ソナチネ』(1993年)のオーディションを受け、遅刻したにも関わらず合格。とはいえ当初与えられたのは単なるやくざ事務所の電話番という、台本に台詞のない端役だったが、たけしの「全部アドリブでやって」という指示に対し、大杉が演じたヤミ金の取り立ての演技にたけしが「うめえな、この人」と感心、脚本を書き換えて役を大きくしたところ、「最後までうまくやっちゃった」という。この作品での演技が転機となり、映画界において演技派の一人として知名度を得ていく。SABU監督の『弾丸ランナー』出演の翌1997年には、同監督の『ポストマン・ブルース』でおおさか映画祭・報知映画賞を受賞。1998年-1999年にかけては、北野武監督の『HANA-BI』や、大谷健太郎監督の『アベックモンマリ』、崔洋一監督の『犬、走る DOG RACE』などにおいて実力を発揮し、1999年度の国内各映画賞の助演男優賞を多数受賞して、映画以外にもテレビドラマへの主役・主要キャストとしての出演が増加すると、その名は広く一般に認知されるようになった。大杉漣 フレッシュアイペディアより)

1490件中 41 - 50件表示

「ビートたけし」のニューストピックワード