1262件中 51 - 60件表示
  • ビッグスリー

    ビッグスリーから見たビートたけしビートたけし

    日本のお笑いタレントのビッグスリー(1980年代前半〜1985年頃) - 萩本欽一、タモリ、ビートたけしビッグスリー フレッシュアイペディアより)

  • 林由郎

    林由郎から見たビートたけしビートたけし

    1992年の富士電機グランドスラム大会のテレビ解説で、ゲスト解説のビートたけしと共演。実は招待選手のアーノルド・パーマーやリー・トレビノと、たけし・松尾雄治ペアがエキシビションで対戦するはずだった。しかし収録後に松尾がポーカー賭博の不祥事を起こしてしまい、急遽たけしと林のトークコーナーに差し替えになった。たけしは自らの番組『北野ファンクラブ』(フジテレビ)で林について、「下ネタばっかり言ってゲラゲラ笑って豪快なオヤジさんだったが、そのゴルフ理論と教え方は凄かった」と語っている。林の人柄が垣間見えるエピソードである。林由郎 フレッシュアイペディアより)

  • 漫才ブーム

    漫才ブームから見たビートたけしビートたけし

    この漫才ブームの中心的存在だったB&B・ツービート・紳助・竜介の三組に共通する、掛け合いを無視してボケが一方的に喋りまくるという漫才のスタイルを生み出したのは、紳助の解説によれば、松竹芸能の浮世亭ケンケン・てるてるだという。その漫才を見た、B&Bの島田洋七がこの漫才のスタイルを模倣。大須演芸場でB&Bと共演したビートたけしも、B&Bの影響を受け、ツービートは、たけし一人が喋りまくるスタイルへ変更した。またその頃、学生だった島田紳助もB&Bの漫才を見て「今からの漫才はこれだ!」と漫才師になったという。そしてツービートと紳助・竜介が最初に出会い、同じ舞台の立ったのは、1978年に日本放送協会が主催する若手漫才師の賞の「NHK漫才コンクール」及び「NHK上方漫才コンテスト」(NHK大阪放送局主催)の優秀成績者が集まり、東京・上野の本牧亭で公開収録で放送された「東西若手漫才競演」(NHK総合、1978年3月21日放送)に、無名時代のツービートと紳助・竜介の初めての出会いでもあった。漫才ブーム フレッシュアイペディアより)

  • アイドルパンチ

    アイドルパンチから見たビートたけしビートたけし

    通算20年間放送された長寿演芸番組『日曜演芸会→末廣演芸会』に代わって開始した番組で、様々なアイドル歌手の歌、そして中盤から出演したビートたけしの笑いが受け、4年続く人気番組となった。アイドルパンチ フレッシュアイペディアより)

  • 街かどテレビ11:00

    街かどテレビ11:00から見たビートたけしビートたけし

    番組は開始当初からじわじわと視聴率を伸ばし、最盛期には平日午前中にもかかわらず常に2ケタをキープするほどの人気番組になった。さらに、著名人にもこの番組のファンが多かったようで、トーク番組などで街かどテレビや大木凡人の話をする人が多く見られた。ビートたけしも街かどテレビをよくネタにし、遂には『痛快なりゆき番組 風雲!たけし城』に「街かどテレビ」というアトラクションが誕生するに至った(こちらにも大木凡人が出演)。また当初はTBSのみの放送だったが、後に後発局で番組ソフトが乏しかったテレビユー福島やテレビユー山形などにネットされるようになった。テレビユー山形ネット開始1年後は、番組初の地方出張公開放送として山形県県民会館で「TUY開局1周年記念番組」の枠として、水曜日の「カラオケ飛び入り大会」の山形ロケバージョンが放送された。街かどテレビ11:00 フレッシュアイペディアより)

  • 相対幻論

    相対幻論から見たビートたけしビートたけし

    相対幻論(そうたいげんろん)は、思想家・吉本隆明と経済人類学者・栗本慎一郎の対談本。週刊文春のコラムや現代言語セミナーなどを手がけた清野徹という編集者によって企画された。冒頭は、吉本による栗本への経済人類学への質問という形で始まっている。後半は、ドゥルーズの思想や、RCサクセション、ビートたけし、タモリなどのサブカルチャーなどへと話題が及び、映画「戦場のメリークリスマス」への吉本の辛辣な批評によって幕を閉じる。『鉄の処女』によると、10万部売れたという。相対幻論 フレッシュアイペディアより)

  • キャプテン (音楽グループ)

    キャプテン (音楽グループ)から見たビートたけしビートたけし

    その後、地方のバラエティ番組で司会を務めたのち芸能界を引退することになったが、ビートたけし(北野武)から「やめちゃダメだ…ねえちゃん達はティナ・ターナーのように50代になってもミニスカートにハイヒールで歌わなくちゃ」と言われ活動を再開し、『北野ファンクラブ』や『足立区のたけし、世界の北野』などに「デビル・ガールズ」名義で準レギュラーで出演。北野監督の映画『HANA-BI』『菊次郎の夏』『Dolls』などにも脇役で出演した。キャプテン (音楽グループ) フレッシュアイペディアより)

  • 瀬川昌治

    瀬川昌治から見たビートたけしビートたけし

    1978年に松竹を離れ、1984年ににっかつ(日活)ロマンポルノ『トルコ行進曲・夢の城』で衝撃的な映画界カムバックを果たす。この頃から、社会の最底辺にいる水商売の女たちや芸人たちのプロフェッショナリズム賛歌を喜劇タッチの中に盛り込むようになり、ビートたけしやタモリなどテレビタレントの意外な一面を引き出すことに成功した。現時点において最後の映画作品となっている1990年の『Mr.レディー 夜明けのシンデレラ』でも、ニューハーフをプロ根性を持つ芸人と見なし、そのプロフェッショナリズム礼賛を喜劇タッチで描いた。瀬川昌治 フレッシュアイペディアより)

  • 第64回ヴェネツィア国際映画祭

    第64回ヴェネツィア国際映画祭から見た北野武ビートたけし

    日本からはコンペティション部門に三池崇史の『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』、特別招待作品として北野武の『監督・ばんざい!』、オリゾンティ部門では青山真治の『サッド ヴァケイション』が上映された。第64回ヴェネツィア国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • 深見千三郎

    深見千三郎から見たビートたけしビートたけし

    深見 千三郎(ふかみ せんざぶろう、1923年3月31日 - 1983年2月2日)は、北海道浜頓別町出身の舞台芸人、演出家、脚本家。本名:久保 七十二(くぼ なそじ)。ビートたけしの師匠。姉は浅草の人気芸者で歌手の「美ち奴」(みちやっこ)。何度か結婚しており、最後の妻は同じフランス座の踊り子・紀の川麻里。深見千三郎 フレッシュアイペディアより)

1262件中 51 - 60件表示

「ビートたけし」のニューストピックワード