1490件中 51 - 60件表示
  • 森本のぶ

    森本のぶから見た北野武ビートたけし

    北野武監督 映画『龍三と七人の子分たち』ではメインキャストの元ヤクザのジジイ「一龍会」と対立する詐欺集団のガキ「京浜連合」として出演。森本のぶ フレッシュアイペディアより)

  • JM (映画)

    JM (映画)から見た北野武ビートたけし

    『JM』(ジェイエム、原題:Johnny Mnemonic)は、SF作家ウィリアム・ギブスンによる同名の短編小説『Johnny Mnemonic(邦題:記憶屋ジョニィ)』を原案とした、1995年公開のサイバーパンクを主題とするSF映画。脳に埋め込まれた記憶装置に情報を記録する運び屋ジョニー・ニーモニックをキアヌ・リーブスが演じた。またヤクザの組長タカハシ役を本作がハリウッドデビューとなった北野武(Takeshi名義)が演じた。脚本は原作者であるギブスン自身が脚色している。JM (映画) フレッシュアイペディアより)

  • アウトレイジ 最終章

    アウトレイジ 最終章から見たビートたけしビートたけし

    『アウトレイジ 最終章』(アウトレイジ さいしゅうしょう)は、北野武監督による日本映画。2017年10月7日に日本公開。R15+指定。アウトレイジ 最終章 フレッシュアイペディアより)

  • オフィス北野

    オフィス北野から見たビートたけしビートたけし

    1986年にフライデー襲撃事件を起こしたビートたけしが、太田プロダクションを退社し、新たに設立した芸能事務所である。1988年、社長の森昌行がビートたけし(北野武)とたけし軍団、寺島進らの俳優のマネジメントを目的に設立。森はソナチネやキッズ・リターンなど映画監督・北野武作品のプロデューサーも務める。独立に至った経緯としては、フライデー襲撃事件から復帰後、行く先々で右翼団体に復帰が時期尚早であると街宣を掛けられたことに太田プロダクションには全く対処してもらえず、街宣を指示していた暴力団幹部らの元に自ら出向き事態を収束させたが、その際に太田プロダクションの退社を条件として提示されたという。この経緯からオフィス北野と太田プロダクションとの関係は良好であり、設立当初から太田プロダクション所属のタレントとの共演が多くある。オフィス北野 フレッシュアイペディアより)

  • ソナチネ (映画)

    ソナチネ (映画)から見たビートたけしビートたけし

    『ソナチネ(Sonatine) 』は、ビートたけしが「北野武」名義で監督した4作目の日本映画である。1993年6月5日全国松竹系ほかで公開。第17回日本アカデミー賞最優秀音楽賞受賞。ソナチネ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 関ジャニ∞クロニクル

    関ジャニ∞クロニクルから見たビートたけしビートたけし

    同年9月10日には、『FNS27時間テレビ2017 にほんのれきし』のワンコーナーとして、ビートたけしをゲストに迎え全国ネットで放送された。関ジャニ∞クロニクル フレッシュアイペディアより)

  • 1983年の日本

    1983年の日本から見たビートたけしビートたけし

    1月9日 - 日本テレビ、バラエティ番組『スーパージョッキー』(司会:ビートたけし)放送開始。1983年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 平成教育委員会

    平成教育委員会から見たビートたけしビートたけし

    番組開始から1994年9月までの正式タイトルは『たけし・逸見の平成教育委員会』(たけし・いつみの -)であり、ビートたけし(番組では本名である“北野武”名義)と逸見政孝の冠番組であったが、その後は逸見の死去、そしてたけしの交通事故による休養により、1994年10月より『平成教育委員会』が正式タイトルとなった。のちに兄弟番組として『平成教育予備校』および『熱血!平成教育学院』がレギュラー放送となった(後述)。平成教育委員会 フレッシュアイペディアより)

  • キネマ旬報

    キネマ旬報から見た北野武ビートたけし

    読者選出日本映画監督賞 北野武(『あの夏、いちばん静かな海。』)キネマ旬報 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たビートたけしビートたけし

    なお巨泉は50歳には「セミリタイア」をする人生設計を描いていたが、各方面からの慰留、また49歳の時に司会を始めた『世界まるごとHOWマッチ』に本人の意向で起用した石坂浩二やビートたけしとの絡みが楽しかったこともあり、56歳まで仕事を継続した。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

1490件中 51 - 60件表示

「ビートたけし」のニューストピックワード