1262件中 61 - 70件表示
  • 中田カウス・ボタン

    中田カウス・ボタンから見たビートたけしビートたけし

    ひょうひょうとした語り口でボタンに毒舌を吐くのが特徴。「悪戯の帝王」の異名を持ち、ターゲットになった芸人は浜田雅功から人生幸朗まで幅広く、ターゲットとして一番狙われたのは坂田利夫である。吉本以外では逸見政孝(逸見とカウスは共にビートたけしの親友)にいたずらを仕掛けたことがある。中田カウス・ボタン フレッシュアイペディアより)

  • AカップCカップ

    AカップCカップから見たビートたけしビートたけし

    番組内ではビートたけしのスタジオコント「天才たけちゃんのカルチャーショック」が設けてある。AカップCカップ フレッシュアイペディアより)

  • 松尾 伴内

    松尾伴内から見たビートたけしビートたけし

    漫才ブームで人気芸人となったビートたけしに着目し、弟子入りするためにニッポン放送の通用口付近でいわゆる“出待ち”をした。しかし、人見知りである松尾は声を掛けるきっかけが掴めず、『ビートたけしのオールナイトニッポン』収録後のたけしをただ見送ることが続いた。松尾の存在に気付いた高田文夫は、たけしに「タケちゃん、あいつヤバイよ」と警告していたという。松尾伴内 フレッシュアイペディアより)

  • NTVハプニング大賞

    NTVハプニング大賞から見たビートたけしビートたけし

    出演は、ビートたけし、渡辺徹、山田邦子など。NTVハプニング大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 3-4X10月

    3-4X10月から見たビートたけしビートたけし

    『3-4x10月』(さんたいよんえっくすじゅうがつ)は、1990年の日本映画である。北野武監督第2作。1990年9月15日全国松竹系ほかで公開。日本国外配給に当たっての英語タイトルは"Boiling Point"。3-4X10月 フレッシュアイペディアより)

  • やったぜベイビー!

    やったぜベイビー!から見たビートたけしビートたけし

    ビートたけし原作の『あの人』をベースに製作されたドラマである。前番組『新・熱中時代宣言』の打ち切りのため、その穴埋め番組として放送された。本放送当時、出演者の高橋和也がジャニーズ事務所に所属していたため、肖像権の関係から本放送後の再放送もほとんどなく、DVDソフト化もされていない。やったぜベイビー! フレッシュアイペディアより)

  • FNS超テレビの祭典

    FNS超テレビの祭典から見たビートたけしビートたけし

    『FNS超テレビの祭典』(えふえぬえすちょうてれびのさいてん)は 1996年春・秋にフジテレビ系列で放送された番組対抗形式のバラエティ番組である。元々、フジテレビの番組対抗特番としては、『FNS番組対抗!なるほど!ザ・春秋の祭典スペシャル』が放送されていたが、メインのなるほど!ザ・ワールドが1996年3月で終了したため、新たにこの番組が放送された。司会はビートたけしと所ジョージと中居正広(1996年秋のみ)である。FNS超テレビの祭典 フレッシュアイペディアより)

  • ストロングリーグ

    ストロングリーグから見たビートたけしビートたけし

    上位へ進出するチームの競技レベルは極めて高い。名門校の野球部のOBチームや有名人も多数参加しており、彼らとの真剣勝負を体感しようと参加するチームも少なくない。かつて、甲子園、東京六大学野球などで活躍をした選手が、実際に名を連ねており、松坂大輔と(ボストン・レッドソックス)と上重聡が投げ合ったPL学園対横浜延長17回のメンバーである常盤良太(横浜)、松本勉(横浜)、本橋伸一郎(PL学園)など、甲子園を沸かせた選手が、実際に参加している。プロ野球出身のチームでは、城友博(元・東京ヤクルトスワローズ)が率いるキャリアプロモーションなどがいる。しかし、有名人の率いるチームが、必ずしも好成績を収めておらず、むしろ苦戦している傾向がある。北野武(ビートたけし)、井手らっきょ、中居正広(SMAP)、遠藤章造(ココリコ)、山本圭一(極楽とんぼ)などは、一度も優勝経験がなく、入賞の実績もない。唯一、大活躍をしているのが、うな加藤(プリンプリン)で、ヤンキースの監督として、2005年、2006年と全国軟式野球統一王座決定戦・ジャパンカップの全国大会で、2連覇を達成している。ストロングリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ストロングリーグ

    ストロングリーグから見た北野武ビートたけし

    上位へ進出するチームの競技レベルは極めて高い。名門校の野球部のOBチームや有名人も多数参加しており、彼らとの真剣勝負を体感しようと参加するチームも少なくない。かつて、甲子園、東京六大学野球などで活躍をした選手が、実際に名を連ねており、松坂大輔と(ボストン・レッドソックス)と上重聡が投げ合ったPL学園対横浜延長17回のメンバーである常盤良太(横浜)、松本勉(横浜)、本橋伸一郎(PL学園)など、甲子園を沸かせた選手が、実際に参加している。プロ野球出身のチームでは、城友博(元・東京ヤクルトスワローズ)が率いるキャリアプロモーションなどがいる。しかし、有名人の率いるチームが、必ずしも好成績を収めておらず、むしろ苦戦している傾向がある。北野武(ビートたけし)、井手らっきょ、中居正広(SMAP)、遠藤章造(ココリコ)、山本圭一(極楽とんぼ)などは、一度も優勝経験がなく、入賞の実績もない。唯一、大活躍をしているのが、うな加藤(プリンプリン)で、ヤンキースの監督として、2005年、2006年と全国軟式野球統一王座決定戦・ジャパンカップの全国大会で、2連覇を達成している。ストロングリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 大家由祐子

    大家由祐子から見た北野武ビートたけし

    1990年(平成2年)10月からは『オールナイトフジ』(フジテレビ)の司会を務めたほか、テレビドラマ、CM、雑誌グラビアなどに出演した。映画デビューは1996年(平成8年)に公開された 『キッズ・リターン』(監督・北野武)で、以降も北野作品に多く出演している。映画 『D坂の殺人事件』(1997年公開、監督・実相寺昭雄)ではヌードシーンを演じた。大家由祐子 フレッシュアイペディアより)

1262件中 61 - 70件表示

「ビートたけし」のニューストピックワード