1262件中 81 - 90件表示
  • 放送問題用語

    放送問題用語から見たビートたけしビートたけし

    「ジャップ」・「ニップ」は、自国日本人に対する侮蔑語であるため、通常用いない言葉。但し、欧州では「JAPAN」を「JPN」だけでなく「JAP」と略す場合があり、その読みとしては現在も使われている。過去に新谷かおるが週刊少年サンデー上で「ジャップ」というタイトルのスパイ漫画を連載し始めたが、各所からのクレームにより連載途中でタイトルを変更するという珍現象が起こったことがある(変更後のタイトルは「バランサー」)。ただし演出効果を求めたり宣伝として映画の内容を伝えるためにあえて使用するケースもあり、北野武監督作品「BROTHER」のセリフがこれに当たる。放送問題用語 フレッシュアイペディアより)

  • タモリ・たけし・さんまBIG3 世紀のゴルフマッチ

    タモリ・たけし・さんまBIG3 世紀のゴルフマッチから見たビートたけしビートたけし

    通称は「ゴルフマッチ」「BIG3ゴルフマッチ」「世紀のゴルフマッチ」「BIG3ゴルフ」。お笑いタレントタモリ・ビートたけし・明石家さんまの『BIG3』3名の冠番組である。タモリ・たけし・さんまBIG3 世紀のゴルフマッチ フレッシュアイペディアより)

  • たけしの日本教育白書

    たけしの日本教育白書から見たビートたけしビートたけし

    『たけしの日本教育白書』(たけしのにっぽんきょういくはくしょ、英称:A white paper on education)とは、2005年から2010年までフジテレビ系列で、教育をテーマに毎年1度放送された教育特別番組・討論番組・教養番組であり、ビートたけしの冠番組である。ハイビジョン制作が実施されている。2012年2月25日には後継番組となる『たけしのニッポン人白書』が放送。たけしの日本教育白書 フレッシュアイペディアより)

  • 綾小路 きみまろ

    綾小路きみまろから見たビートたけしビートたけし

    芸風は立川談志、上岡龍太郎、ビートたけし、毒蝮三太夫等によって確立された毒舌漫談というジャンルであるが、中高年世代が持つ人生の悲哀をユーモラスに語るのが特徴で、とりわけ中高年(メインは40代後半以降の所謂団塊世代。尚、きみまろ自身も1950年生まれの為、団塊世代にあたる)に人気が高いため「中高年のアイドル」とも言われる。しかし本人は「毒蝮三太夫さんの様に『クソババア』とは言えない」と述べている(漫談の基本スタイルやきみまろ自身がいつも口にしているセリフについては、を参照の事)。きみまろ自身、50歳を超えて漸くブレイクした事から、「遅咲き」と自負している。綾小路きみまろ フレッシュアイペディアより)

  • 笑っていいとも!春・秋の祭典スペシャル

    笑っていいとも!春・秋の祭典スペシャルから見たビートたけしビートたけし

    なお、以前に放送がされていた愛川欽也・楠田枝里子司会の「FNS番組対抗!なるほど!ザ・春秋の祭典スペシャル」、1996年春と秋にはビートたけしと所ジョージを司会に据えた(1996年秋は現在、『森田一義アワー 笑っていいとも!』の火曜レギュラーである中居正広(SMAP)も司会を勤めた)「FNS超テレビの祭典」が放送された。笑っていいとも!春・秋の祭典スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 北野ファンクラブ

    北野ファンクラブから見たビートたけしビートたけし

    番組は『オールナイトニッポン』同様ビートたけしと高田文夫をパーソナリティに迎え、最近の時事問題から深夜放送ならではの下ネタまで幅広いジャンルから毎回話題を取り上げて爆笑トークを展開した。セットも予算の関係から「北野」の印判をイメージしたパネルと東京スポーツ、黒板数枚(グレート義太夫・ダンカンがイラストデザインやレイアウトをし、毎回チョークで書き込んだ)だけという地味なものであった。初期の放送では、床面にミステリー・サークルが大きく描かれたパネルが敷かれていた。北野ファンクラブ フレッシュアイペディアより)

  • いきものがかり吉岡聖恵のオールナイトニッポン

    いきものがかり吉岡聖恵のオールナイトニッポンから見たビートたけしビートたけし

    番組の途中に突然スタジオに登場。大沢はニッポン放送で放送される自身の番組大沢あかねのハイジャンプ・レディオ!を宣伝する権利をかけたビートたけしのものまね対決を吉岡に申し込み、吉岡がこれに応じた。番組スタッフの審査の結果大沢が勝利したので、大沢は45秒間の番組宣伝を行い去っていった。いきものがかり吉岡聖恵のオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

  • 景山民夫

    景山民夫から見たビートたけしビートたけし

    高平哲郎、萩本欽一などを公然と批判。ビートたけしから「この人ほど番組潰してきた作家はいない」と評されている。この辺りの顛末は、当時『宝島』誌に連載していた自身のエッセイ『極楽TV』に詳しい。景山民夫 フレッシュアイペディアより)

  • たけしが鶴瓶に今年中に話しておきたい5〜6個のこと

    たけしが鶴瓶に今年中に話しておきたい5〜6個のことから見たビートたけしビートたけし

    『たけしが鶴瓶に今年中に話しておきたい5〜6個のこと』(たけしがつるべにことしじゅうにはなしておきたいごろっこのこと)とは、TBS系列で不定期に放送されるトーク・特別番組である。ビートたけしと笑福亭鶴瓶の冠番組。ステレオ放送、文字多重放送を実施している。たけしが鶴瓶に今年中に話しておきたい5〜6個のこと フレッシュアイペディアより)

  • エランドール賞

    エランドール賞から見たビートたけしビートたけし

    特別賞 - 金城武、北野武、東海テレビ帯ドラマ制作スタッフ、「火曜サスペンス劇場 」(NTV) 制作スタッフ、黒澤明、淀川長治、木下恵介エランドール賞 フレッシュアイペディアより)

1262件中 81 - 90件表示

「ビートたけし」のニューストピックワード