669件中 111 - 120件表示
  • ビートたけし

    ビートたけしから見た光GENJI

    なお、このバイク事故の第一発見者は、「光GENJI」の諸星和己だったことをたけしが話していたとして、現在の付き人のシェパード太郎が記している。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た横山ひとし

    この縁から、やすしの最後の弟子である横山ひとしが、一時期オフィス北野に所属したことがあった。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た榎本健一

    色川武大は「才能は切れるが、それだけにいいところを一人占めしようとしすぎる」とし、榎本健一・藤山寛美・萩本欽一と並べて「自分の手足を切ってゆく」タイプの芸人に分類し、対極として、古川ロッパ・森繁久彌・タモリの名を挙げた。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た古今亭志ん生 (5代目)

    大河ドラマ いだてん〜東京オリムピック噺〜(2019年、NHK) - 古今亭志ん生ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た藤山寛美

    色川武大は「才能は切れるが、それだけにいいところを一人占めしようとしすぎる」とし、榎本健一・藤山寛美・萩本欽一と並べて「自分の手足を切ってゆく」タイプの芸人に分類し、対極として、古川ロッパ・森繁久彌・タモリの名を挙げた。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た橘家圓蔵 (8代目)

    11月、『花王名人劇場』(関西テレビ 企画:澤田隆治)において、人気落語家・月の家円鏡(8代目・橘家圓蔵)の共演者に抜擢される。古典派から「邪道」と言われた円鏡と、「邪道漫才師」ツービートを競演させ、「円鏡 VS ツービート」と銘打って放送されたこの企画が好感触を得たことで、「花王名人劇場」での「激突!漫才新幹線」制作への布石となり、後の漫才ブームへ繋がった。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見たいかりや長介

    同じ浅草出身の先輩芸人で、漫才ブーム当時などすでにお笑い界のトップに君臨していた萩本欽一に対し、批判的な意見を述べていた。コント55号の毒のある笑いは好きだったが、萩本が1人で司会をするようになってからのアットホームな笑いやザ・ドリフターズの子供向けの笑いに自身の目指すお笑いと今後のテレビ界に危機感を感じたため、「萩本欽一といかりや長介を引きずり下ろしたかった、この2人の牙城を崩さない限り、ひょうきん族はありえないと思った。」と語っている。萩本やザ・ドリフターズと入れ替わるようにたけし自身がお笑い界のトップに君臨することとなる。、萩本とたけしのテレビでの共演は未だに実現していない。1985年までのお笑いBIG3は萩本、タモリ、たけしであったものの、この3人を前面に出した番組はなかった。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た石倉三郎

    格闘技では、自身もジムに通った経験を持つボクシングを好み、映画『キッズ・リターン』を作った。映画の中で人を殴るシーンや『座頭市』における逆手斬りのフォームには影響が垣間見える。浅草時代を知る石倉三郎は、「タケちゃんのケンカはボクシングスタイルで結構パンチも早かった」と述べている。なお、たけし自身は1963年(昭和38年)の高山一夫 vs 勝又行雄戦、1971年(昭和46年)の金沢和良 vs ルーベン・オリバレス戦をベストマッチに挙げている。その一方で、1987年(昭和62年)のたけしプロレス軍団にまつわる騒動において苦い経験もした。また、空手で骨折し、拳の一部が変形している。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た原節子

    事故後の退院会見の際の、手首に巻いた数珠がたけしに事故をきっかけに信仰心を目覚めさせたものかと話題となったが、20年が経過した2015年、それが昭和の大女優原節子から贈られたものであったと原節子逝去のニュース番組の中で明かした。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た北野井子

    子供は妻との間に2人。長男は、博報堂ケトルのプランナーである北野篤、篤の妹である長女は、歌手・女優の北野井子。愛犬はシェパード犬の「ミケ(メス)」。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

669件中 111 - 120件表示

「ビートたけし」のニューストピックワード