515件中 11 - 20件表示
  • ビートたけし

    ビートたけしから見た高倉健

    夜叉(1985年、降旗康男監督、高倉健主演)ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た所ジョージ所 ジョージ

    たけしが司会のバラエティ番組などにおいて、他の出演者(主に女優や子供タレント、たけしより先輩のタレント等)がくだらないことを言ったり、話が噛み合わなかったりなどちょっとしたミスをするとたけしの近くにいるタレント(例:「世界まる見え!テレビ特捜部」の所ジョージ)やたけし軍団などの後輩芸人をたけしがピコピコハンマーやハリセン、メガホンで叩いて笑いに変えることがある(例:たけし「あいつを何とかしろ!ピコッ!)。これは、たけしが過去に出演した映画「戦場のメリークリスマス」において監督の大島渚が、たけしがNGを出した場合、本業が俳優でないたけしへの配慮として助監督が代わりに叱られるというものから来ている(詳しくは戦場のメリークリスマスの『エピソード』欄を参照)。このたけしのやり方によって、普段はなかなかツッコめない女優や先輩タレント相手または、ロケなどでちょっと離れた場所にいるタレントにも(間接的ではあるが)結果的にツッコむことができるので、このツッコミをマネする芸人もいる。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た諏訪内晶子

    北野武の宵越しスーパートーク(1998年元旦、井上ひさし・諏訪内晶子・市川猿之助との対談)ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た井上ひさし

    1972年(昭和47年)夏、浅草のストリップ劇場・浅草フランス座で、芸人見習い志願としてエレベーターボーイを始める。当時、たけしと思しき人物を見た井上ひさしは「不機嫌そうな青年」と、その印象を述べている。やがて、同劇場の経営者兼座長であった深見千三郎に師事し、前座芸人・北千太としてコント(軽演劇)を学ぶ。初舞台は、痴漢のコント。幕間コントに出演して腕を磨き、芸人としてタップダンスの修業にも励む。座員の多くが深見を近付き難い存在として見ていたが、たけしは物怖じしなかったため、深見から気に入られた。深見に師事するものの舞台に関係の無い一般の場所で周囲の状況を考慮せず予告無しで深見はギャグ(ボケ)を連発、間髪入れずに師を即興で罵倒という技術を仕込まれ、この特異な芸の仕込みに北野は深見に四六時中振り回される形となり芸を習得、模索する事になる。この指導もあり舞台ではアドリブを駆使し、言葉の拾い方に独特の斬新さがあったため一目置かれ、後に誕生する漫才コンビ・ツービート独自の芸風の基礎として取り入れられ漫才ブームで駆使し一気に開花する。長じて、フランス座の新人芸人とコントコンビを組むことを考える。舞台(コント)が活動の主軸を旨としていた深見は、漫才での活動を望んだ弟子の北野を即刻破門(後に解除)、漫才を主軸に活動の場を放送媒体に移す。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た糸井重里

    蓮實重彦、淀川長治、町山智浩、山根貞男、黒澤明、ジョン・ウー、クエンティン・タランティーノ、リュック・ベッソン、ジュード・ロウ、サミュエル・L・ジャクソン、松本人志、太田光、ウッチャンナンチャン、さまぁ〜ず、香取慎吾、蜷川幸雄、トータス松本、糸井重里など。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見たなかにし礼

    兄弟(1999年、テレビ朝日) - 原作:なかにし礼【主演】ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見たLOUDNESS

    オフィス北野の社長である森昌行の証言によると、技巧的なものよりシンプルな物を好みレコーディングでも何度もやり直すのも苦手で、譜面どおりにやる事よりも自分が気持ちよいと思わなければOKを出さないとの事で、ロックで言えばビートルズよりもストーンズのような物を好んでいるという。また、ヘヴィメタルのような音楽は好んでおらず、過去にLOUDNESSの高崎晃がたけし側に曲を依頼されてデモテープを製作したが最終的に使われることが無かった。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た松本人志

    「日本は漫才師が映画撮った、みたいな雰囲気があって、松本人志が映画撮ると、“かつて映画を撮ったお笑い人”の中に必ず俺が入っている」と、異業種の人間に対する偏見が強い日本の見方には苦言を呈している。また、海外メディアが(監督・北野武としての)彼にインタビュー取材を行った際に、彼が映画製作に使う専用のオフィスへ海外メディアクルーを招き、オフィス内部の紹介やインタビューに応じる姿があった。なお、日本のメディアに対してはオフィスは基本的に非公開であったが、この海外メディアによるドキュメンタリーを扱った日本のテレビ番組で放送された際に、初めて明かされている。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た黒澤明

    蓮實重彦、淀川長治、町山智浩、山根貞男、黒澤明、ジョン・ウー、クエンティン・タランティーノ、リュック・ベッソン、ジュード・ロウ、サミュエル・L・ジャクソン、松本人志、太田光、ウッチャンナンチャン、さまぁ〜ず、香取慎吾、蜷川幸雄、トータス松本、糸井重里など。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た井手らっきょ井手らっきょ

    学ラン姿のガダルカナル・タカとセーラー服姿の井手らっきょ(スキンヘッドそのまま)がカップルに扮し東京見物するコンセプト。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

515件中 11 - 20件表示

「ビートたけし」のニューストピックワード