669件中 31 - 40件表示
  • ビートたけし

    ビートたけしから見た桑田佳祐

    ミュージシャンとしてのサザンオールスターズの桑田佳祐を「大した天才だと思う」と述べており、カラオケのレパートリーとして「真夏の果実」「マンピーのG★SPOT」「SEA SIDE WOMAN BLUES」を挙げている。ただし、桑田が監督を務めた映画『稲村ジェーン』や前述の2014年の年越しライブでの紫綬褒章に関連するトラブルに関しては批判的な発言を述べていた。また、桑田も芸人としてのたけしを認めている。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た萩本欽一

    同じ浅草出身の先輩芸人で、漫才ブーム当時などすでにお笑い界のトップに君臨していた萩本欽一に対し、批判的な意見を述べていた。コント55号の毒のある笑いは好きだったが、萩本が1人で司会をするようになってからのアットホームな笑いやザ・ドリフターズの子供向けの笑いに自身の目指すお笑いと今後のテレビ界に危機感を感じたため、「萩本欽一といかりや長介を引きずり下ろしたかった、この2人の牙城を崩さない限り、ひょうきん族はありえないと思った。」と語っている。萩本やザ・ドリフターズと入れ替わるようにたけし自身がお笑い界のトップに君臨することとなる。、萩本とたけしのテレビでの共演は未だに実現していない。1985年までのお笑いBIG3は萩本、タモリ、たけしであったものの、この3人を前面に出した番組はなかった。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見たなかにし礼

    兄弟(1999年、テレビ朝日) - 原作:なかにし礼【主演】ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た甲本ヒロト

    所ジョージとは親友である一方で、たけしは所の生活スタイルに嫉妬していると告白している。2015年12月29日に放送された『一流が嫉妬したスゴい人』で、「所の生活スタイルは、発想が違っていて、俺には真似できない。俺は所から、仕事以外の楽しみ方というものをすべて教わった」と話している。また、同番組でたけしは、過去に甲本ヒロトにも嫉妬したことがあったと告白している。「俺、もしかするとお笑いじゃなくて、こういう感じの音楽をやりたかったんじゃないかなって気付かされて、嫉妬したね」と話し、甲本の歌については「悲しいのよ。不良をやろうとして不良になれない子のパンクって感じがしてね。歌での表現でしか不良をできないないのかな、と感じたんだよね。よく考えるとパンクではなくて演歌なんだよね。でも感じがパンクなんだよね。こういう歌を10代とかに聴いていたら涙したんだろうなあ」と評している。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見たたけし軍団

    1986年(昭和61年)12月、たけし軍団の軍団員とともに講談社のフライデー編集部を襲撃、住居侵入・器物損壊・暴行の容疑で、大塚警察署によって現行犯逮捕される。この事件によって写真週刊誌の行き過ぎた取材が問題視され当時の官房長官がコメントを出すなど社会現象になった。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見たLOUDNESS

    オフィス北野の社長である森昌行の証言によると、技巧的なものよりシンプルな物を好みレコーディングでも何度もやり直すのも苦手で、譜面どおりにやる事よりも自分が気持ちよいと思わなければOKを出さないとの事で、ロックで言えばビートルズよりもストーンズのような物を好んでいるという。また、ヘヴィメタルのような音楽は好んでおらず、過去にLOUDNESSの高崎晃がたけし側に曲を依頼されてデモテープを製作したが最終的に使われることが無かった。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た松本人志

    「日本は漫才師が映画撮った、みたいな雰囲気があって、松本人志が映画撮ると、“かつて映画を撮ったお笑い人”の中に必ず俺が入っている」と、異業種の人間に対する偏見が強い日本の見方には苦言を呈している。また、海外メディアが(監督・北野武としての)彼にインタビュー取材を行った際に、彼が映画製作に使う専用のオフィスへ海外メディアクルーを招き、オフィス内部の紹介やインタビューに応じる姿があった。なお、日本のメディアに対してはオフィスは基本的に非公開であったが、世界各国のメディアによるドキュメンタリーを扱った日本のテレビ番組で放送された際に、初めて明かされている。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た是枝裕和

    なお、2016年の第25回東京映画スポーツ映画大賞については発表時には監督賞・北野武(『龍三と七人の子分たち』)と発表されていた。ところが、授賞式では同賞の審査委員長を務める北野が「是枝監督に」と自身が受賞したトロフィーを会場に来ていた是枝裕和監督(『海街diary』で出席)に手渡し、これにより是枝監督が監督賞を受賞することとなった。主催者である東京スポーツの授賞式記事(受賞者一覧)では「監督賞:北野武(「龍三と七人の子分たち」)→是枝裕和(「海街diary」)」となっている。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た松井秀喜

    『野球小僧 少年たけしと少年マツイ』松井秀喜共著 ぴあ 2004ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た長嶋茂雄

    野球をこよなく好む。幼少の頃からプロ野球・読売ジャイアンツファンで、特に長嶋茂雄を敬愛している。草野球チーム(「たけし軍団」)では、投手を務めることもある。野球をする時のたけしは真剣であり、川崎球場での番組収録中、グラウンドに男性アイドルが登場したため女性ファンの歓声により、試合どころではなくなってしまった。その際に誰よりも早く「ここはグラウンドで野球をやってるんだぞ! コンサートじゃねえんだ!」とスタッフを一喝した。現在では、日本のプロ野球よりもメジャーリーグへの関心が高い。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

669件中 31 - 40件表示

「ビートたけし」のニューストピックワード