669件中 61 - 70件表示
  • ビートたけし

    ビートたけしから見た吉本隆明

    1983年(昭和58年)、吉本隆明は栗本慎一郎との対談集の中で、たけしの話芸を「自分を異化することによって自然の流れとしてしまう芸風」と評した。一方、のちに吉本が「海燕」誌上で埴谷雄高と論争(1985年)になった際、たけしは『もっと阿呆になれ、吉本!』という文章を発表し「吉本さんは言い回しが難解」と批判した。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見たヴィム・ヴェンダース

    2005年(平成17年)4月、フランスの『カイエ・デュ・シネマ』創刊600号記念号の特別編集長を務める。カイエ・デュ・シネマは300号から100号毎に映画人を編集長に招いて記念号を発行しており、過去に記念号の編集長を務めた映画監督は、ジャン=リュック・ゴダール(300号)、ヴィム・ヴェンダース(400号)、マーチン・スコセッシ(500号)などがいる。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た赤塚不二夫

    1978年(昭和53年)、新宿区高田馬場の芳林堂書店前で持ちネタの全てを披露する「マラソン漫才・ツービート・ギャグ・デスマッチ」なる漫才ライブを開催したが、この企画をした高信太郎との繋がりでたけしも、高平哲郎や赤塚不二夫、タモリなどと一時期交友関係を持った。その後、「酒を飲んで軽いジョークを言いあったりする、あのシャレた笑い」が肌に合わず、自ずと距離を置くこととなった。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た崔洋一

    十階のモスキート(1983年、崔洋一監督) - 競艇場の予想屋 役ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た村上隆

    『ツーアート』村上隆共著 ぴあ 2003 のち光文社知恵の森文庫ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見たずん

    林家三平の襲名披露興行で披露して以来、三平と国分佐智子の結婚式や『とんねるずのみなさんのおかげでした』内で行われた飯尾和樹」(ずん)の披露宴、『森田一義アワー 笑っていいとも!』のテレフォンショッキング最終回等で表彰状ネタ(その人物等への表彰状を読む体裁で随所にブラックジョークなどを盛り込んで話すスタイル)をしばしば行っている。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た竹田恒泰

    自身が今上天皇を「すごい存在」と初めて思ったきっかけとして、中学生時代に母親に連れられて皇太子妃時代の皇后美智子を送りに軽井沢に行ったことを竹田恒泰と対談した際に明かしており、「強制されて行った感じはなかった」と述べている。天皇について「信仰に近いというか、神にかなり似た存在」と形容しており、「日本の歴史を振り返ると天皇は『はなからいる』存在」とも述べている。2009年に宮中茶会に招待されており、天皇と皇后がたけしの映画を見ていた事を語ったり体調を尋ねるなどされ、緊張した事を明かしている。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見たザ・ドリフターズ

    同じ浅草出身の先輩芸人で、漫才ブーム当時などすでにお笑い界のトップに君臨していた萩本欽一に対し、批判的な意見を述べていた。コント55号の毒のある笑いは好きだったが、萩本が1人で司会をするようになってからのアットホームな笑いやザ・ドリフターズの子供向けの笑いに自身の目指すお笑いと今後のテレビ界に危機感を感じたため、「萩本欽一といかりや長介を引きずり下ろしたかった、この2人の牙城を崩さない限り、ひょうきん族はありえないと思った。」と語っている。萩本やザ・ドリフターズと入れ替わるようにたけし自身がお笑い界のトップに君臨することとなる。、萩本とたけしのテレビでの共演は未だに実現していない。1985年までのお笑いBIG3は萩本、タモリ、たけしであったものの、この3人を前面に出した番組はなかった。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た久石譲

    映画音楽は『Dolls』まで、久石譲が長期にわたって担当していたが、その後は梶浦由記や鈴木慶一を起用している。水道橋博士によると、久石の起用を辞めたのは、映画そのものではなく、音楽が評価されてしまったからだと語っている。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た伊集院静

    神宮外苑の軟式球場が一種のホームグラウンドで、最盛期は年間70試合近くも行い、1991年(平成3年)の阪神タイガース・ファン感謝デーならびに1992年(平成4年)の千葉ロッテマリーンズ・ファン感謝デーで、軟式ルールながら阪神・ロッテに勝利した。作家・伊集院静が連載していたエッセイ『二日酔い主義』の中には、たけしと一緒にプレーをした記憶に触れる回が幾つかあり、『たけしのグローブ』(伊集院静『あの子のカーネーション』文藝春秋、1989年)では、たけしの使い込まれたグローブに強かな野球少年の面影を重ねて描かれていた。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

669件中 61 - 70件表示

「ビートたけし」のニューストピックワード