669件中 81 - 90件表示
  • ビートたけし

    ビートたけしから見た深作欣二

    『その男、凶暴につき』(1989年)は、監督:深作欣二 主演:ビートたけしで映画化を予定し、配給の松竹は両者の間で交渉を進めたが、スケジュールや条件で合致せず、深作が辞退した。そこで松竹は人物的魅力と話題性から、たけし(以下、映画の項目では映画監督での活動名(本名)での「北野」で表記)に監督を依頼したところ、テレビの仕事と両立させることを前提として承諾。1週間おきの撮影という珍しい形態が採用された。映画監督・北野武としてのデビュー作『その男、凶暴につき』は、1989年(平成元年)に予定通り公開された。この時のことを後年関根潤三の著書の推薦文で「(映画監督について)あんなに大変な仕事はあるのかと思った。」と述べている。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見たとんねるず

    たけしに影響を受けた芸能人は多く、とんねるず、爆笑問題、さまぁ〜ずなどが挙げられる。その理由は「たけしの芸風に直接影響を受けた」「マルチタレントとしての先輩として尊敬している」など、さまざまである。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見たマーチン・スコセッシ

    2005年(平成17年)4月、フランスの『カイエ・デュ・シネマ』創刊600号記念号の特別編集長を務める。カイエ・デュ・シネマは300号から100号毎に映画人を編集長に招いて記念号を発行しており、過去に記念号の編集長を務めた映画監督は、ジャン=リュック・ゴダール(300号)、ヴィム・ヴェンダース(400号)、マーチン・スコセッシ(500号)などがいる。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た桜井章一

    『達人に訊け!』奥本大三郎,毛利衛,桜井章一,戸田奈津子,藤原正彦,北原保雄,藤田紘一郎,中村祥二,岡部幸雄,岡野雅行共著 新潮社 2006 のち文庫ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た宇崎竜童

    魚からダイオキシン!!(1992年、宇崎竜童監督) - AZUMA 役ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た和田アキ子

    愛称は「たけし」、多くの芸能人からは「たけしさん」と呼ばれるが、タモリや和田アキ子からは「たけちゃん」、たけし軍団やたけしを慕っている後輩芸人からは「殿」と呼ばれており、所ジョージからは「北野さん」や「おじさん(おいさん)」と呼ばれ、明石家さんまからはたまに「おっさん」「ビート」「タケ」と呼ばれる。笑福亭鶴瓶からは「兄さん」とも呼ばれている。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た松方弘樹

    I'll be back again...いつかは(1986年4月21日。「TAKESHI&HIROKI」名義) - オリコン8位ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た逸見太郎

    逸見の長男・太郎は、1998年の映画HANA-BIで俳優デビューをしている。父の死後、留学を取りやめてデビューすることを強く望み、周囲に力添えを貰えるよう相談していた。しかしたけしは反対し、逸見の希望通り留学を全うし卒業することを勧めた。太郎はその意見に従いエマーソン大学を卒業してから帰国。改めて芸能界に臨んだ。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見た日本テレビ放送網

    1982年(昭和57年)から1984年(昭和59年)にかけて、番組出演中に弟子志願者(正式な門下は取らない主義の為“ボーヤ”と呼ばれる)が押しかけ、相当の数が集まった事(たけし軍団)から、集団で行うバラエティを模索。日本テレビ『スーパージョッキー』、TBS『笑ってポン!』等が始まった。また、博識が評価されて、毎日放送『世界まるごとHOWマッチ』等で文化人的な出演要請も増えた。ビートたけし フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけし

    ビートたけしから見たトヨタ自動車

    トヨタ自動車(2011年、豊臣秀吉役。以前はビスタ(初代後期・昭和59年)カローラセダン(9代目)の広告にも出演していた。2012年より同役で新型クラウンの広告に出演し、ジャン・レノや松嶋菜々子と共演。)ビートたけし フレッシュアイペディアより)

669件中 81 - 90件表示

「ビートたけし」のニューストピックワード