386件中 31 - 40件表示
  • ワインと食品のマッチング

    ワインと食品のマッチングから見たピザピザ

    今日では、食品とワインの組み合わせの詳細な指針や助言について複数の情報源が存在する。しかしながら、多くのワイン愛好家たちは直感や食事の雰囲気、あるいは単にその時に食べたい料理と飲みたいワイン、に基づいて組み合わせを行っている。味覚は主観的な性質であることから、どのような種類のワインをどのような種類の食品に合わせても楽しみを享受することは可能である。ワイン専門家のマーク・オールドマンは、「食品とワインの組み合わせは異性とピザのようなもの。悪い時でさえ十分に良いものだ。」と指摘し、実例としてウェディングケーキとドライなスパークリングワインの組み合わせを挙げた。非常にドライなワインと非常に甘い食品との組み合わせは、オールドマンによれば、「黒板に爪を立てるに等しい」ものであり、一般的な指針に従えば「良い組み合わせ」ではないとされる。しかしながら儀式の雰囲気と味覚の主観的な性質は、あらゆる法則や指針を打ち負かしてしまうとしている。今日、多くのワイン専門家や「食品とワインの組み合わせ」の支持者たちは、ワインの様々な特性に関する理解を改めたり強調したりすることによって、より客観的な物理学的特性すなわち食品が味覚に及ぼす効果に着目しようとしている。ワインと食品のマッチング フレッシュアイペディアより)

  • コカ (料理)

    コカ (料理)から見たピザピザ

    コカはイタリアのピザとよく似ているが、チーズを使わないという点がピザとの大きな違いである。また、オリーブ・オイルをふんだんに生地に練り込むことが特徴といえる。日本でいう「惣菜パン」や「菓子パン」のようなもので、スペインではパン屋が作るのが一般的である。調理法は地方によって違いが見られる。町と季節によりコカの生地、中身や具材は様々であるため、とても種類が多い。コカ (料理) フレッシュアイペディアより)

  • ケイラ・ハンティントン

    ケイラ・ハンティントンから見たピザピザ

    まず、リックのピザショップが開店直前に火事になる。ケイラ・ハンティントン フレッシュアイペディアより)

  • ピザの歴史

    ピザの歴史から見たピザピザ

    古代ローマでは、食器代わりに平らなパンが使われていた。ピザ (pizza) の語は997年に南イタリアでラテン語で書かれた文献に登場する。ピザが現在の形に近くなったのは、16世紀にスペイン人がインカからトマトを持ち帰ってからである。18世紀にはスペイン領ナポリの貧しい住民がトマトとチーズをパンに乗せる具として使い始め、19世紀後半にイタリア王妃マルゲリータが気に入ってから一般にも広まった。ピザの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国北部

    アメリカ合衆国北部から見たピザピザ

    料理は肉関係が多いが、南部ほどではない。現在、ファーストフードといわれているハンバーガーも北部生まれといわれている(北部、南部ともに、4つの都市がハンバーガーを生み出したと自称している)。イタリアで生まれたピザが現在のように変化したのも、アメリカ北部といわれている。アメリカ合衆国北部 フレッシュアイペディアより)

  • 小吃

    小吃から見たピザピザ

    漢文化圏の都市部では、このような料理を供する小さな店や屋台が多数あり、さかんに外食する文化が高度に発達した。手軽で比較的値段が安い大衆料理というニュアンスで、日本で小吃に当たるのは、外食で食べるうどん・蕎麦・ラーメン・焼きそばなどの麺類、寿司、おでん、ピザ、牛丼、お好み焼き、石焼き芋といったイメージとなる。スナック菓子類を意味するわけではないが、もちろん杏仁豆腐などの甘いものも含まれる。小吃 フレッシュアイペディアより)

  • プルチネッラ

    プルチネッラから見たピザピザ

    「真のナポリピッツァ協会」に認定されたナポリピッツァ店舗に掲げられる看板(認定マーク)には、ナポリの道化師であるプルチネッラがピザを焼いている図柄が使用されているプルチネッラ フレッシュアイペディアより)

  • ピーア軒

    ピーア軒から見たピザピザ

    スパゲティ、ピザ、グラタン、ハンバーグ、シチュー、カレーなど多くの洋食を中心だが、和食メニューも取り揃えられており、和洋折衷織り交ぜたコース料理などもあり、宴会や法事などの会場としても使われている。また仕出しの弁当や、レトルト食品なども取り扱っている。ピーア軒 フレッシュアイペディアより)

  • カイル・マクドナルド

    カイル・マクドナルドから見たピザピザ

    カイルはブリティッシュコロンビア大学で地理学を学び、世界中の南極大陸を含む40の国々を旅してきた。彼の旅行体験の中には、シドニーでスクーターでピザの配達、西オーストラリアでオフロード・バイクでの羊飼いの仕事、タイのバンコクでの偽イタリア人サッカー選手、カンボジアでは機関銃を撃ちまくり、エクアドルのガラパゴス諸島では100枚の葉書を一度に配達、3日間だけノースウエスト準州イエローナイフに引越し、有名なホッキョクグマのかたちをしたナンバー・プレートを手に入れた。そして、旅に出て一年目にあたる2006年7月12日、サスカチュワン州のキプリングで俳優コービン・バーンセンの映画に出演する権利と引き換えにキプリングから二階建ての一軒家を手に入れた。マクドナルドは、同市の一日市長に任命される予定。また市は、世界最大の赤いクリップを製作するとも発表している。カイル・マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • ストロンボリ (料理)

    ストロンボリ (料理)から見たピザピザ

    ストロンボリは、モッツァレラを代表とするさまざまなチーズ、サラミやハムなどの肉類や野菜を使ったピザで、ターンオーバーと呼ばれる包み焼きの一種。伝統的にイタリア風ピザ生地が使用される。ストロンボリ (料理) フレッシュアイペディアより)

386件中 31 - 40件表示

「ピザ」のニューストピックワード