前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1111件中 1 - 10件表示
  • 1927年のメジャーリーグベースボール

    1927年のメジャーリーグベースボールから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    1927年4月12日に開幕し10月8日に全日程を終え、ナショナルリーグはピッツバーグ・パイレーツが2年ぶり6度目の優勝、アメリカンリーグはニューヨーク・ヤンキースが2年連続5度目の優勝を果たした。1927年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 1903年のメジャーリーグベースボール

    1903年のメジャーリーグベースボールから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    ナショナルリーグはピッツバーグ・パイレーツが、アメリカンリーグはボストン・アメリカンズが優勝。1903年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のメジャーリーグベースボール

    2012年のメジャーリーグベースボールから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    2月17日 - ニューヨーク・ヤンキースのA.J.バーネットと、ピッツバーグ・パイレーツのマイナー所属選手2名との交換トレードが成立。2012年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • エルマー・デセンス

    エルマー・デセンスから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    1月27日にピッツバーグ・パイレーツと契約。エルマー・デセンス フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・リブジー

    ジェフ・リブジーから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    ジェフリー・ウィリアム・リブジー(Jeffrey William Livesey , 1966年5月24日 - )は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ウースター出身の元プロ野球選手(捕手)、野球指導者。右投右打。現在はMLB・ピッツバーグ・パイレーツの打撃コーチ補佐を務める。ジェフ・リブジー フレッシュアイペディアより)

  • 1900年のメジャーリーグベースボール

    1900年のメジャーリーグベースボールから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツのホーナス・ワグナー は、この年に打率.381で首位打者となった。1897年にルイビル・カーネルズよりメジャーリーグデビューし2年目の1898年にレギュラーとなったが、球団オーナーバーニー・ドレイファスはピッツバーグ・パイレーツを買収してワグナーやルーブ・ワッデル投手、選手兼任監督フレッド・クラークなどカーネルズの主力をパイレーツに移籍させた。これは翌年のチーム削減の動きに備えたもので、1899年にカーネルズは消滅した。そしてパイレーツに移籍した1900年にワグナーの才能が開花し、自身初タイトルとなる首位打者をはじめ、最高長打率・最多二塁打・最多三塁打を獲得した。パイレーツはこの年一気に2位に浮上し、翌年にはリーグ初優勝し、ワグナーはその立役者となった。この1900年から1917年まで18年間パイレーツに所属し、1898年から1916年の19年間連続100試合以上出場し、1897年から17年連続3割以上を打ち、その間に首位打者8回、打点王5回、盗塁王5回のタイトルを獲得して、1936年に最初の殿堂入りを果たした。この最初の殿堂入りに選ばれたのは5人でにベーブ・ルース、タイ・カッブ、クリスティ・マシューソン、ウオルタ・ジョンソンらがいて、この選ばれた5人の中に彼は入った。1900年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 1902年のメジャーリーグベースボール

    1902年のメジャーリーグベースボールから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1902年のできごとを記す。1902年4月17日に開幕し10月5日に全日程を終え、ナショナルリーグはピッツバーグ・パイレーツが2年連続2度目の優勝を、アメリカンリーグはフィラデルフィア・アスレチックスが初優勝した。またミルウォーキー・ブルワーズがセントルイスに本拠地を移転しセントルイス・ブラウンズとなった。1902年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    4月9日のフロリダ・マーリンズ戦で初登板し、8回5安打1失点の好投で3年連続初登板勝利を記録。5月2日のピッツバーグ・パイレーツ戦では岩村明憲とメジャー初対戦し、8回5安打1失点の投球で、メジャー通算20勝となる3勝目を挙げる。前半戦は17試合の先発で7勝7敗、防御率3.87、WHIP1.37の成績で折り返す。7月22日のニューヨーク・メッツ戦では高橋尚成と投げ合い、8回5安打無失点の好投で8勝目を挙げる。その後は好投するも打線の援護に恵まれない試合が続き、8月25日のブルワーズ戦で6試合ぶりの白星を挙げる。30日のフィリーズ戦では8回1死までノーヒットノーランの快投を見せ、メジャー移籍後初の10勝目に到達。後半戦は14試合の先発で防御率2.87、WHIP0.93と好調だったが、「勝ち負けは(自分では)どうすることもできないって、今年はつくづく感じている」と語るほど好投するも打線の援護に恵まれない試合が多く、4勝6敗に留まったが、シーズン通算では11勝、防御率3.39、投球回数196回1/3、奪三振数159と主要カテゴリーでメジャー自己最高の成績を記録した。オフにはドジャースとの契約が終了しFAとなる。ESPNが作成したFA選手ランクリストでデレク・ジーターを上回るベスト30に入り「援護が少なく、勝利数が伸びなかったため過小評価されている」と高評価を受け、複数球団が獲得を目指し去就が注目された。一部報道で古巣広島へ復帰の可能性も報じられ、日本の球団も獲得に動いたが、11月15日に1年1200万ドルでドジャースと再契約。その後記者会見では「ドジャースが必要としてくれるなら第一に考えたかった」と語り、自身のブログでは広島への復帰報道について謝罪し「日本に復帰するならカープしか考えていなかった」と改めて明言した。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • サンフランシスコ・ジャイアンツ

    サンフランシスコ・ジャイアンツから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    1965年から1968年まで、ドジャースやカージナルスに優勝を阻まれ、4年連続でリーグ2位。1969年には東西地区制が導入され、ナショナルリーグ西地区所属となったが、この年も地区2位に終わっている。1971年には初の地区優勝を飾るものの、リーグチャンピオンシップシリーズでピッツバーグ・パイレーツに敗れた。1970年代の優勝はこれのみで、以降は負け越しのシーズンが多くなり、1980年代に入っても低迷が続くこととなる。1982年にはボビーの息子、バリー・ボンズをドラフト指名したが、契約金で折り合わず、彼のジャイアンツデビューはしばらく先の事となる。1985年にはチーム史上初めてシーズン100敗を記録してしまい、前年に続き2年連続で地区最下位に沈んでしまった。サンフランシスコ・ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ・カブス

    シカゴ・カブスから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    1926年、後にニューヨーク・ヤンキースで黄金時代を築くことになるジョー・マッカーシーが監督に就任。1929年にはロジャース・ホーンスビーを獲得し、この年には久々のリーグ優勝を果たした。翌1930年のシーズン途中にマッカーシーがチームを離れると、ホーンスビーが選手兼任監督に就任。同年にはハック・ウィルソンが当時のナ・リーグ記録となる56本塁打、MLB最多となる191打点を記録したが、セントルイス・カージナルスに優勝を奪われてしまった。翌1932年には3位に沈むなど、成績が振るわなかったことから1932年のシーズン途中でホーンスビーは監督を解任され、一塁を守っていたチャーリー・グリムが選手兼任監督に就任する。グリムが監督になるとチームは一気に白星を重ね、首位ピッツバーグ・パイレーツをかわしてリーグ優勝を果たす。しかし、ワールドシリーズではマッカーシー率いるヤンキースと対戦し、第3戦ではルースの予告ホームランが飛び出すなど、いいところなく4連敗を喫してしまった。その後はグリム監督の下でチームは安定した強さを誇り、1935年にもリーグ優勝を果たすものの、ワールドシリーズではタイガースに敗れ、またしてもワールドシリーズ制覇はならなかった。シカゴ・カブス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1111件中 1 - 10件表示

「ピッツバーグ・パイレーツ」のニューストピックワード