627件中 41 - 50件表示
  • 椿原慶子

    椿原慶子から見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    L!VE MAJOR LEAGUE BASEBALL2008「ピッツバーグ・パイレーツ×ニューヨーク・ヤンキース」(BSフジ、2008年6月29日)のスタジオ進行アシスタントで初鳴きをした。椿原慶子 フレッシュアイペディアより)

  • 1960年の野球

    1960年の野球から見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツ(ナ・リーグ) (4勝3敗) ニューヨーク・ヤンキース(ア・リーグ)1960年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • クリス・レルー

    クリス・レルーから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    クリス・レルー(Christopher A. Leroux, 1984年4月18日 - )は、カナダ・ケベック州モントリオール出身の野球選手(投手)。MLBピッツバーグ・パイレーツに所属。右投左打。クリス・レルー フレッシュアイペディアより)

  • ラッセル・マーティン

    ラッセル・マーティンから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    ラッセル・ネイサン・コルトレーン・ジャンソン・マーティン・ジュニア(Russell Nathan Coltrane Jeanson Martin Jr., 1983年2月15日 - )は、カナダ・オンタリオ州イーストヨーク出身の野球選手。捕手、右投右打。現在は、MLB・ピッツバーグ・パイレーツに所属している。ラッセル・マーティン フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤隆 (野球)

    斎藤隆 (野球)から見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    この年はチーム最多の72試合に登板し防御率2.07、リリーフ投手中リーグ1位のWHIP0.91、同じく両リーグ最多となる107奪三振の好成績を挙げ、後にピッツバーグ・パイレーツと契約する桑田真澄は、この斎藤の成功が自身にメジャー挑戦を決断させたと語っている。ポストシーズンではニューヨーク・メッツとのディビジョンシリーズで2試合に登板し2回2/3を無得点に抑えたものの、リードした場面での登板機会はなくチームは3連敗を喫した。オフには1年100万ドル(約1億1500万円)、出来高30万ドルで契約を更新。斎藤隆 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の野球

    2006年の野球から見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    5位 パイレーツ 67勝95敗 .414 8.0差2006年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • ワールドシリーズ

    ワールドシリーズから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    からナショナルリーグは、ポストシーズンとして新たにテンプル・カップ(Temple Cup)を導入した。レギュラーシーズン優勝チームと2位のチームが7戦4勝制のシリーズを戦うもので、ピッツバーグ・パイレーツのオーナーのウィリアム・チェイス・テンプルがリーグへ寄贈したトロフィーが勝利チームに授与される。ただし、ナショナルリーグ王者はあくまでもレギュラーシーズン優勝チームであり、2位チームがテンプル・カップで勝ってもリーグ王者とはならない。結局、このシリーズはファンの興味を惹くことができず、のシリーズをもって終了した。4年間でレギュラーシーズンとテンプル・カップの両方を制したのはのボルチモア・オリオールズ(現在の同名球団とは異なる)だけで、残りの3年はいずれも2位チームがテンプル・カップを手にした。・の2シーズンはレギュラーシーズンのみを行ったのち、にはテンプル・カップと同様の試みとして、ペンシルベニア州ピッツバーグの地元紙『ピッツバーグ・クロニクル=テレグラフ』によるクロニクル=テレグラフ・カップ(Chronicle-Telegraph Cup)が開催されたが、これもその年1度きりで定着はしていない。ワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • サンフランシスコ・ジャイアンツ

    サンフランシスコ・ジャイアンツから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    1965年から1968年まで、ドジャースやカージナルスに優勝を阻まれ、4年連続でリーグ2位。1969年には東西地区制が導入され、ナショナルリーグ西地区所属となったが、この年も地区2位に終わっている。1971年には初の地区優勝を飾るものの、リーグチャンピオンシップシリーズでピッツバーグ・パイレーツに敗れた。1970年代の優勝はこれのみで、以降は負け越しのシーズンが多くなり、1980年代に入っても低迷が続くこととなる。1982年にはボビーの息子、バリー・ボンズをドラフト指名したが、契約金で折り合わず、彼のジャイアンツデビューはしばらく先の事となる。1985年にはチーム史上初めてシーズン100敗を記録してしまい、前年に続き2年連続で地区最下位に沈んでしまった。サンフランシスコ・ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • ジャッキー・ロビンソン

    ジャッキー・ロビンソンから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    1950年シーズン終了後にリッキーはピッツバーグ・パイレーツのゼネラルマネージャーに就任。その頃からドジャースのフロントとのトラブルを抱えるようになり、黒人であるロイ・キャンパネラと比較され、攻撃的であるとロビンソンは批判された。1953年に「若者が知りたいこと (Youth Wants to Know)」というテレビ番組に出演した際に、ヤンキースに黒人選手がいないので人種差別しているかという質問に、ロビンソンは「ヤンキースのフロントは黒人を差別していて、ニューヨークで唯一、一人も黒人選手を雇っていない球団である」と発言したため、記者からは怒りを買うことになった。ジャッキー・ロビンソン フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・クレメンテ

    ロベルト・クレメンテから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    1955年から1972年に不慮の死を遂げるまでの18シーズン、ピッツバーグ・パイレーツ一筋のメジャーリーグ生活を過ごした。ロベルト・クレメンテ フレッシュアイペディアより)

627件中 41 - 50件表示

「ピッツバーグ・パイレーツ」のニューストピックワード