1111件中 51 - 60件表示
  • クリス・ラルー

    クリス・ラルーから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    2010年9月13日にウェーバーでピッツバーグ・パイレーツへ移籍した。移籍後は6試合に登板し、0勝1敗、防御率7.00だった。クリス・ラルー フレッシュアイペディアより)

  • レイ・シーレイジ

    レイ・シーレイジから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    レイモンド・マーク・シーレイジ(Raymond Mark Searage, 1955年5月1日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ナッソー郡出身の元プロ野球選手(投手)。左投左打。現在はMLB・ピッツバーグ・パイレーツの投手コーチを務めている。レイ・シーレイジ フレッシュアイペディアより)

  • トム・グラビン

    トム・グラビンから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    は5月に6勝0敗でピッチャー・オブ・ザ・マンスを受賞し、オールスターゲームでは先発投手を務めた。シーズン通算で20勝11敗・防御率2.55を記録し、最多勝利のタイトルを獲得。チームの9年ぶり、前年地区最下位からの地区優勝に貢献した。ピッツバーグ・パイレーツとのリーグチャンピオンシップシリーズでは2敗を喫したが、チームは33年ぶりにアトランタ移転後初のリーグ優勝を果たす。ミネソタ・ツインズとのワールドシリーズでは1勝1敗だったが、3勝4敗で敗退した。シーズン終了後初のサイ・ヤング賞を受賞した。は1954年、1955年のロビン・ロバーツ以来となる2年連続でオールスターゲームの先発投手に選ばれたが、初回1アウトから7連続安打を打たれるなど2回途中5失点の乱調だった。シーズンでは20勝8敗・防御率2.76、リーグ最多の5完封を記録し、2年連続の地区優勝に貢献。前年に続きピッツバーグ・パイレーツとの対戦となったリーグチャンピオンシップシリーズではまたも2敗を喫したが、チームは2年連続のリーグ制覇。トロント・ブルージェイズとのワールドシリーズでは第1戦に先発し、4安打無四球1失点で完投勝利を挙げたが、チームは3勝4敗で敗退。サイ・ヤング賞の投票ではシカゴ・カブスのグレッグ・マダックスに次ぐ2位に入った。トム・グラビン フレッシュアイペディアより)

  • デーブ・キングマン

    デーブ・キングマンから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    7月30日のピッツバーグ・パイレーツ戦でメジャーデビュー。翌日の同カードでメジャー初本塁打となる満塁本塁打を放つなど5打点を記録。翌日のダブルヘッダー第2戦でも2本塁打を放ち、最高のスタートを切る。打率.278・6本塁打を記録し、チームは地区優勝を果たす。ピッツバーグ・パイレーツとのリーグチャンピオンシップシリーズでは打率.111と振るわず、チームも1勝3敗で敗退。結果的にこれが自身最初で最後のポストシーズンとなった。に29本塁打・83打点を記録するが、打率は.225だった。デーブ・キングマン フレッシュアイペディアより)

  • コーディ・ランサム

    コーディ・ランサムから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    、3年ぶりにメジャー昇格を果たし、9月16日のピッツバーグ・パイレーツ戦ではポール・マホームからメジャー復帰後初の本塁打を放った。コーディ・ランサム フレッシュアイペディアより)

  • ニク・ターリー

    ニク・ターリーから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    ニコラス・カーライル・ターリー(Nikolas Carlyle "Nik" Turley, 1989年9月11日 - )は、アメリカ合衆国・カリフォルニア州ロサンゼルス郡出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。MLB・ピッツバーグ・パイレーツ所属。ニク・ターリー フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤隆 (野球)

    斎藤隆 (野球)から見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    この年はチーム最多の72試合に登板し防御率2.07、リリーフ投手中リーグ1位のWHIP0.91、同じく両リーグ最多となる107奪三振の好成績を挙げ、サイ・ヤング賞の選出投票で8位となった。後にピッツバーグ・パイレーツと契約する桑田真澄は、この斎藤の成功が自身にメジャー挑戦を決断させたと語っている。ポストシーズンではニューヨーク・メッツとのディビジョンシリーズで2試合に登板し2回2/3を無得点に抑えたものの、リードした場面での登板機会はなくチームは3連敗を喫した。オフには1年100万ドル(約1億1500万円)、出来高30万ドルで契約を更新。斎藤隆 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • ハリー・プリアム

    ハリー・プリアムから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    ナショナルリーグがチーム数を12から8に減らした1899年、カーネルズは削減される4球団の一つとなった。ドレイファスはピッツバーグ・パイレーツを買収し、ワグナーのほかコロネルズの主要選手とプリアムを連れてピッツバーグに移った。ワグナーはその著書の中で、ピッツバーグに馴染み、そこを離れることの無いようにプリアムが手配してくれたことで信頼感が増したと語っている。実際、ワグナーは引退までピッツバーグを離れなかった。ハリー・プリアム フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    2003年のシーズン開幕をメジャーで迎えたアトリーは、4月4日のピッツバーグ・パイレーツ戦に代打として初出場。ジェフ・スーパンの前に空振り三振に倒れる。初の先発は同月24日のコロラド・ロッキーズ戦で、「8番・二塁手」として出場したアトリーは、3回裏にアーロン・クックからメジャー初本塁打となる満塁本塁打を放っている。この年はメジャー定着とはならなかったが、AAA級スクラントン・ウィルクスバリで113試合に出場して打率.323・OPS.907の好成績を残し、同級のオールスターゲームに選出された。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のMLBオールスターゲーム

    2006年のMLBオールスターゲームから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    のMLBオールスターゲームは、アメリカンリーグとナショナルリーグの間で行われた77回目のオールスターゲーム。2006年7月11日にピッツバーグ・パイレーツの本拠地PNCパークで行われた。監督は、ナショナルリーグがフィル・ガーナー(アストロズ)、アメリカンリーグがオジー・ギーエン(ホワイトソックス)が務めた。2006年のMLBオールスターゲーム フレッシュアイペディアより)

1111件中 51 - 60件表示

「ピッツバーグ・パイレーツ」のニューストピックワード