627件中 61 - 70件表示
  • ハリー・デービス (1873年生の内野手)

    ハリー・デービス (1873年生の内野手)から見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    1895年にニューヨーク・ジャイアンツに入団したが、目立った活躍はなく翌1896年にジェイク・ベックリーとの交換トレードでピッツバーグ・パイレーツに移籍。パイレーツでは1897年にリーグ最多となる28本もの三塁打を量産し.305の打率を残したが、翌1897年にはルイビル・カーネルズ、ワシントン・セネタースと球団を転々とした。1898年オフには一度フィラデルフィア・フィリーズとも契約を交わしたことがある(出場せず)。ハリー・デービス (1873年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • エドガルド・クレメンテ

    エドガルド・クレメンテから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    1999年には8本塁打を記録し注目された。同年8月24日に叔父がプレーしたピッツバーグ・パイレーツの本拠地スリー・リバース・スタジアムで初めてプレー。8月26日には4打数2安打と活躍し、地元ピッツバーグの往年のファンから大歓声を贈られた。エドガルド・クレメンテ フレッシュアイペディアより)

  • マット・キルロイ

    マット・キルロイから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    1886年、20歳の時に当時のボルチモア・オリオールズ(現存せず)に入団、チームの先発投手として68試合に登板して66試合を完投、1年目から600イニングス近くを投げた。この年の勝敗は29勝34敗で、負け数と自責点はリーグ最多だったが、ルイビル・カーネルズの投手だったトード・ラムジーと奪三振の数を争い、キルロイのシーズン奪三振数は実に513にも達した。同年のラムジーの奪三振数は499で、キルロイはメジャーリーグでシーズン500奪三振を達成したただ一人の投手となった(年現在)。またこの年の10月6日の試合では、ピッツバーグ・アレゲニーズ(現パイレーツ)を相手にノーヒットノーランも達成した。マット・キルロイ フレッシュアイペディアより)

  • ロン・ライト (野球)

    ロン・ライト (野球)から見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    1994年にドラフト7巡目でアトランタ・ブレーブスに入団、その後ピッツバーグ・パイレーツ、シンシナティ・レッズ、タンパベイ・デビルレイズのマイナーを経て2001年オフにシアトル・マリナーズと契約する。2002年の4月14日の試合に、怪我をしたエドガー・マルティネスの代役として指名打者で登場した。メジャーリーグの出場はこの1試合のみ。3打数ヒットなしで、その内容は三振、三重殺、併殺と全くいいところなしだった。彼は年時点で「メジャーで三重殺を打った最も打数の少ない選手」である。ロン・ライト (野球) フレッシュアイペディアより)

  • ベーブ・アダムズ

    ベーブ・アダムズから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    1906年にセントルイス・カージナルスでメジャーデビューを果たす。その年は1試合登板に終わったが、翌1907年9月にピッツバーグ・パイレーツへと移籍すると、徐々に力を付けはじめ、1909年にシーズンで12勝、防御率1.11の驚異的な数字をマークすると、ワールドシリーズでも第1戦、第5戦、第7戦で勝ち投手となり、チームのワールドシリーズ制覇に大きく貢献した。この年以降、パイレーツの先発投手に定着。長きに渡って好成績を残し続け、1926年に引退するまでに20勝を2度、10勝を11度記録した。ベーブ・アダムズ フレッシュアイペディアより)

  • エド・アコスタ

    エド・アコスタから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    1967年のシーズン前にヒューストン・アストロズに入団し、マイナー時代にピッツバーグ・パイレーツへと移籍。1970年にパイレーツでメジャー初登板を果たした。しかしデビュー戦で0.1回3失点とメジャーの洗礼を浴びるなど、目立った活躍は出来なかった。そのため1971年8月にサンディエゴ・パドレスへと移籍。移籍後は8試合で防御率2.74と好投を見せるが、翌1972年に登板機会が急増するとそれに伴って防御率も悪化し、この年限りでメジャーの舞台から退いた。エド・アコスタ フレッシュアイペディアより)

  • ブランドン・ジョーンズ

    ブランドン・ジョーンズから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    ブランドン・ジョーンズ(Brandon Lamon Jones, 1983年12月10日 - )は、MLBのピッツバーグ・パイレーツに所属する外野手。右投左打。アメリカ合衆国フロリダ州パナマシティ出身。ブランドン・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • コロンバス・バックアイズ

    コロンバス・バックアイズから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    しかし球団は運営が苦しかったためか、アメリカン・アソシエーションには2年しか加盟せず、1884年のシーズン終了後に主力選手を放出して解散してしまった。放出された選手を受け入れたのは、1年目の監督だったフィリップスが指揮していたピッツバーグ・アレゲニーズであった。コロンバス・バックアイズ フレッシュアイペディアより)

  • ロッキー・チェリー

    ロッキー・チェリーから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    2007年4月23日、ミルウォーキー・ブルワーズ戦の延長12回表にメジャー初登板。しかし、1アウトからプリンス・フィルダーに本塁打を打たれ1回1失点で敗戦投手となった。5月1日のピッツバーグ・パイレーツ戦で6回に2番手として登板し、メジャー初勝利を挙げた。ロッキー・チェリー フレッシュアイペディアより)

  • カル・エイブラムス

    カル・エイブラムスから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    その後、シーズンオフにトレードでピッツバーグ・パイレーツへ移籍。パイレーツでは打撃に更に磨きがかかり、外野のレギュラーを奪取。規定打席もクリアし、当時24歳の若き主砲フランク・トーマスに次ぐ15本塁打も記録した。1954年は開幕から調子が上がらず控えに甘んじるが、シーズン途中にボルティモア・オリオールズへ移籍すると復活し、アメリカンリーグの規定打席をクリアして打率.293を残した。カル・エイブラムス フレッシュアイペディアより)

627件中 61 - 70件表示

「ピッツバーグ・パイレーツ」のニューストピックワード