627件中 71 - 80件表示
  • フランク・ホワイト (野球)

    フランク・ホワイト (野球)から見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    までは最多でも11本塁打であったが、徐々に長打力がつき、には17本塁打、には22本塁打を放つ。この年チームはALCSでトロント・ブルージェイズ相手に1勝3敗の不利な状態から3連勝してリーグ優勝を果たし、ワールドシリーズでもセントルイス・カージナルス相手に1勝3敗から3連勝して、球団創設以来初のワールドチャンピオンに輝く。にも22本塁打、自己最多の84打点を記録し、36歳にしてシルバースラッガー賞を受賞。この年出場したオールスターでは、マイク・スコットから本塁打を打った。出場するにあたって、チームのリー・メイ打撃コーチ(南海でプレイしたカルロス・メイの兄)から、「せっかく出るのならホームランを狙ってこい」と言われていた。開催地ヒューストン・アストロズのスコットに2ストライク0ボールと追い込まれたが、地元のファンが三球三振を望んでスコットに大声援を送っており、これにこたえて3球勝負をしてくると読み、思いっきり振ったところ、本塁打になったという。また同年オフには、メジャーリーグオールスターの一員として日米野球で来日。このシリーズではトニー・ペーニャ捕手(当時ピッツバーグ・パイレーツ)が座ったまま二塁に牽制球を投げて、落合博満を刺したプレイが有名になったが、この時の二塁手はホワイトであった。チームどころかリーグまで異なる選手との見事なコンビネーションであった。フランク・ホワイト (野球) フレッシュアイペディアより)

  • クリス・ダフィー

    クリス・ダフィーから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    に、ドラフト8巡目でピッツバーグ・パイレーツから指名を受け、プロ入り。クリス・ダフィー フレッシュアイペディアより)

  • ロブ・マコーヴィアク

    ロブ・マコーヴィアクから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    1996年に、ドラフト53巡目でピッツバーグ・パイレーツから指名を受け、プロ入り。ドラフトの評価が低かった事もあって、メジャーリーグへの道は険しいものとなったが、プロ6年目となる2001年5月19日に、パイレーツでメジャーデビューを果たした。2001年は83試合に出場し、打率.266、4本塁打、21打点という成績をマークした。2002年は、136試合に出場。小柄ながらパワーを発揮し、385打数で16本塁打を放った。2003年は出場機会が減ったが、打率で自己ベストを更新。しかし、私生活では同年5月には飲酒運転で逮捕されている。2004年は、本塁打と打点、そして盗塁などで自己ベストを更新した。2005年は本塁打こそ大幅に減ったものの、打率を再び.270台に上昇させ、2004年から三振の数を14減らした。同年12月13日に、ダマソ・マーテとのトレードで、シカゴ・ホワイトソックスへ移籍。ロブ・マコーヴィアク フレッシュアイペディアより)

  • ウォーリー・バックマン

    ウォーリー・バックマンから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    さらににはピッツバーグ・パイレーツ、にはフィラデルフィア・フィリーズ、にはシアトル・マリナーズに移籍するが、100試合以上の出場は1990年のみであった。ウォーリー・バックマン フレッシュアイペディアより)

  • ディオメデス・オリーボ

    ディオメデス・オリーボから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    1955年にシンシナティ・レッズと契約。1960年9月5日にピッツバーグ・パイレーツでメジャーデビュー。メジャーデビューは41歳という高齢で、サチェル・ペイジに次ぐ史上2位の記録(2009年4月現在)。ディオメデス・オリーボ フレッシュアイペディアより)

  • 1925年のワールドシリーズ

    1925年のワールドシリーズから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    第22回のワールドシリーズ。アメリカンリーグは前年の覇者ワシントン・セネタースとナショナルリーグは16年ぶりの出場ピッツバーグ・パイレーツとの対戦となった。結果は4勝3敗でピッツバーグ・パイレーツが16年ぶり2回目の優勝。1925年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1909年のワールドシリーズ

    1909年のワールドシリーズから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    第6回のワールドシリーズ。アメリカンリーグは3年連連続でデトロイト・タイガースが出場。ナショナルリーグは第1回以来6年ぶり出場のピッツバーグ・パイレーツとの対戦となった。結果は4勝3敗でピッツバーグ・パイレーツが初優勝。デトロイト・タイガースは3年連連続でワールドシリーズ敗退。1909年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1903年のワールドシリーズ

    1903年のワールドシリーズから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    近代メジャーリーグ第1回目となるワールドシリーズ。アメリカンリーグはボストン・アメリカンズとナショナルリーグはピッツバーグ・パイレーツとの対戦となった。結果は5勝3敗でボストン・アメリカンズが初優勝。1903年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1927年のワールドシリーズ

    1927年のワールドシリーズから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    第24回ワールドシリーズ。アメリカンリーグは2年連続出場ニューヨーク・ヤンキース、ナショナルリーグは2年ぶりのピッツバーグ・パイレーツの対戦となった。結果は4勝0敗でニューヨーク・ヤンキースが4年ぶり2回目の優勝。1914年以来2度目のスウィープ。1927年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • エミル・ブラウン

    エミル・ブラウンから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    、ルーキー級とA+トータルで61試合 ・ 打率.301 ・ 10本塁打 ・ 49打点 ・ 出塁率.395 ・ OPS.895 ・ 14盗塁と言う好成績を挙げるがメジャーから声は掛からず、同年12月9日ルール5ドラフトによりピッツバーグ・パイレーツに移籍。翌4月3日、メジャー・デビュー。初安打をフェルナンド・バレンズエラから放っている。だが壁は厚く、結果を出すまでには至らなかった。エミル・ブラウン フレッシュアイペディアより)

627件中 71 - 80件表示

「ピッツバーグ・パイレーツ」のニューストピックワード