627件中 81 - 90件表示
  • ヘイニー・マナシュ

    ヘイニー・マナシュから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    1936年からはボストン・レッドソックス、ブルックリン・ドジャース、ピッツバーグ・パイレーツに在籍し、1939年に現役を引退した。17年間での通算安打数は2524本、生涯打率は.330に及ぶ。ヘイニー・マナシュ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・スウィッツァー

    ジョン・スウィッツァーから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    のドラフトでピッツバーグ・パイレーツから26巡目で指名を受けたが、契約を拒否し、、アリゾナ州立大学からドラフト2巡目でタンパベイ・デビルレイズに指名され、入団。にメジャーデビューを果たすが、までの3年間は今一つ冴えない成績に終わっていた。ところが、に突然飛躍。リリーフで40試合に登板し、1年通してチームを支えた。は防御率が8.05で21試合しか登板できなかった。ジョン・スウィッツァー フレッシュアイペディアより)

  • ウェストバージニア・パワー

    ウェストバージニア・パワーから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    ウェストバージニア・パワー(West Virginia Power)は、アメリカ合衆国ウェストバージニア州チャールストンに本拠地をおくマイナーリーグの野球チームである。サウス・アトランティック・リーグでプレイするこのチームはメジャーリーグのピッツバーグ・パイレーツ傘下A級チームである。このチームは2005年に開場したアパラチアン・パワー・パークを本拠地球場としている。ウェストバージニア・パワー フレッシュアイペディアより)

  • ステート・カレッジ・スパイクス

    ステート・カレッジ・スパイクスから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    メジャーリーグのピッツバーグ・パイレーツ傘下ショートシーズンA級チームで、ニューヨーク・ペンリーグに所属している。本拠地球場はメドラー・フィールド。ステート・カレッジ・スパイクス フレッシュアイペディアより)

  • リンチバーグ・ヒルキャッツ

    リンチバーグ・ヒルキャッツから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    リンチバーグ・ヒルキャッツ(Lynchburg Hillcats)はアメリカ合衆国バージニア州リンチバーグに本拠地をおくマイナーリーグの野球チームである。カロライナリーグでプレイするこのチームはメジャーリーグのピッツバーグ・パイレーツ傘下A級チームである。このチームはカルヴィン・ファルウェル・フィールドを本拠地球場としている。リンチバーグ・ヒルキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • カイカイ・カイラー

    カイカイ・カイラーから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    1921年9月にミシガン・オンタリオ州リーグのベイシティ球団からピッツバーグ・パイレーツに昇格。最初の3年間は殆ど試合に出ていなかったが、4年目の1924年に117試合に出場し、打率.354、165安打、32盗塁の活躍をしてパイレーツのレギュラー外野手となり、同年MVPの候補にもなった。カイカイ・カイラー フレッシュアイペディアより)

  • エド・アッバティッチオ

    エド・アッバティッチオから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    ビーンイーターズでの3年間を終えた翌1906年には、アッバティッチオは球界を去り、ホテル経営の道へ進もうとした。そのためこの年はどのチームでもプレイしていない。しかしピッツバーグ・パイレーツが説得に乗り出したことで翻意し、パイレーツに入団。当時パイレーツには、史上最高の遊撃手とも評されるホーナス・ワグナーが在籍していたため、アッバティッチオは二塁手としてプレイすることになったが、1907年と1908年の2年続けて146試合以上に出場し、125安打以上を記録するなど安定した働きを見せた。エド・アッバティッチオ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・リーバー

    ジョン・リーバーから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    にシカゴ・カブスからドラフト9巡目で指名されたが契約せず、にカンザスシティ・ロイヤルズからドラフト2巡目で指名され入団。7月31日にスタン・ベリンダとのトレードでダン・ミセリとともにピッツバーグ・パイレーツへ移籍。ジョン・リーバー フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・フォッグ

    ジョシュ・フォッグから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    フロリダ大学出身。、シカゴ・ホワイトソックスからドラフト3巡目で指名され契約。9月2日にメジャーデビュー。シーズン後にピッツバーグ・パイレーツにトレードされた。から3年連続で2ケタ勝利を記録。ジョシュ・フォッグ フレッシュアイペディアより)

  • ロン・ガント

    ロン・ガントから見たピッツバーグ・パイレーツピッツバーグ・パイレーツ

    打率は.251と落ちたが打点が105に増えた。トム・グラビン、デービッド・ジャスティス、ジョン・スモルツらの成長や、移籍加入したテリー・ペンドルトン、チャーリー・リーブランドらの活躍もあり、チームは前年の最下位から一気に地区優勝。ナ・リーグチャンピオンシップシリーズでもピッツバーグ・パイレーツを下してワールドシリーズに進出。シリーズは第2戦(対ツインズ、メトロドーム)で一塁走者として牽制球で帰塁する際に、ツインズの一塁手ケント・ハーベックに足をつかまれる形でベースに戻れず、アウトと判定され、抗議したが覆らなかった(通常、走塁妨害がとられてもおかしくないケースであった)。結局、ミネソタ・ツインズに敗れたが、現在のような常勝チームへの転換を果たした。1992年は17本塁打に終わったが、チームは2年連続でワールドシリーズに進出。ただし、この年もトロント・ブルージェイズに敗れ、これがガントにとって最後のワールドシリーズとなった。1993年には26盗塁に終わって3度目の「30-30」はならなかったが、自己最高の36本塁打、117打点を記録。ロン・ガント フレッシュアイペディアより)

627件中 81 - 90件表示

「ピッツバーグ・パイレーツ」のニューストピックワード