前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
74件中 1 - 10件表示
  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たバリー・ボンズ

    ワールドシリーズ制覇5回を誇る名門チームであり、第1回のワールドシリーズにも出場している。チームの黄金時代は1970年代、ロベルト・クレメンテやウィリー・スタージェルといった名選手が揃い、地区優勝6回を果たすなど、圧倒的な強さを誇った。1990年から1992年にはジム・リーランド監督の下、バリー・ボンズらの活躍で地区3連覇を果たしている。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たウィリー・スタージェル

    ワールドシリーズ制覇5回を誇る名門チームであり、第1回のワールドシリーズにも出場している。チームの黄金時代は1970年代、ロベルト・クレメンテやウィリー・スタージェルといった名選手が揃い、地区優勝6回を果たすなど、圧倒的な強さを誇った。1990年から1992年にはジム・リーランド監督の下、バリー・ボンズらの活躍で地区3連覇を果たしている。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たラルフ・カイナー

    戦後、1946年にラルフ・カイナーがデビューしていきなり新人で本塁打王となり、この年から1952年にかけて7年連続本塁打王に輝いた。ラルフ・カイナーが現れて次の年1946年にはタイガースから右の強打者ハンク・グリーンバーグをトレードで獲得したもののチームの優勝にはつながらなかった。しばらく下位に低迷することが多くなったが、しかし1955年にロベルト・クレメンテ、1956年にはビル・マゼロスキーがメジャーデビューするなど若手選手が充実し、1960年にはダニー・マートーの指揮の元で33年ぶりのリーグ優勝を果たし、ワールドシリーズではミッキー・マントル、ロジャー・マリスの強打コンビとホワイティ・フォード投手の強豪ヤンキースと対戦し、3勝3敗の後の最終第7戦で、9回裏9対9の同点からマゼロスキーがレフトにサヨナラ本塁打を打ち、地元ファンの歓喜の中での劇的な幕切れで3度目のワールドチャンピオンに輝いた。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たロベルト・クレメンテ

    ワールドシリーズ制覇5回を誇る名門チームであり、第1回のワールドシリーズにも出場している。チームの黄金時代は1970年代、ロベルト・クレメンテやウィリー・スタージェルといった名選手が揃い、地区優勝6回を果たすなど、圧倒的な強さを誇った。1990年から1992年にはジム・リーランド監督の下、バリー・ボンズらの活躍で地区3連覇を果たしている。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見た高橋尚成

    は、ニューヨーク・ヤンキースからA.J.バーネットを獲得。他にもエリック・ベダードなどFA選手を獲得して戦力アップを図り、さらにシーズン途中の8月24日にはロサンゼルス・エンゼルスより高橋尚成を獲得。しかしチームは9月に7勝21敗と大失速して、アメリカプロスポーツ史上初となる20年連続シーズン負け越しとなった。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たワールドシリーズ

    ワールドシリーズ制覇5回を誇る名門チームであり、第1回のワールドシリーズにも出場している。チームの黄金時代は1970年代、ロベルト・クレメンテやウィリー・スタージェルといった名選手が揃い、地区優勝6回を果たすなど、圧倒的な強さを誇った。1990年から1992年にはジム・リーランド監督の下、バリー・ボンズらの活躍で地区3連覇を果たしている。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たホーナス・ワグナー

    創設以降、優勝とは縁がなかったが、1900年にルイビル・カーネルズのオーナーだったバーニー・ドレイファスがパイレーツを買収した際、ホーナス・ワグナーを含む14人の選手をカーネルズから獲得して、チーム力を強化。翌1901年から1903年にかけて圧倒的な強さでナショナルリーグ3連覇を果たす。1901年にアメリカンリーグが創立され2リーグ制になり、1903年に両リーグの覇者同士で世界一決定戦としてワールドシリーズを行うこととなり、1903年、初めて開催されたワールドシリーズでは史上最多勝利の511勝を挙げたサイ・ヤング投手を擁するボストン・アメリカンズ(現:ボストン・レッドソックス)に敗れたが、再びリーグ優勝した1909年にはタイ・カッブを擁するデトロイト・タイガースを下して初のワールドチャンピオンに輝いた。この20世紀の最初の10年間でナショナル・リーグを4回優勝し、ワールド・シリーズも1回優勝するなど初期の名門チームであったが、1910年代以降は低迷した。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たビル・マゼロスキー

    戦後、1946年にラルフ・カイナーがデビューしていきなり新人で本塁打王となり、この年から1952年にかけて7年連続本塁打王に輝いた。ラルフ・カイナーが現れて次の年1946年にはタイガースから右の強打者ハンク・グリーンバーグをトレードで獲得したもののチームの優勝にはつながらなかった。しばらく下位に低迷することが多くなったが、しかし1955年にロベルト・クレメンテ、1956年にはビル・マゼロスキーがメジャーデビューするなど若手選手が充実し、1960年にはダニー・マートーの指揮の元で33年ぶりのリーグ優勝を果たし、ワールドシリーズではミッキー・マントル、ロジャー・マリスの強打コンビとホワイティ・フォード投手の強豪ヤンキースと対戦し、3勝3敗の後の最終第7戦で、9回裏9対9の同点からマゼロスキーがレフトにサヨナラ本塁打を打ち、地元ファンの歓喜の中での劇的な幕切れで3度目のワールドチャンピオンに輝いた。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たダニー・マートー

    戦後、1946年にラルフ・カイナーがデビューしていきなり新人で本塁打王となり、この年から1952年にかけて7年連続本塁打王に輝いた。ラルフ・カイナーが現れて次の年1946年にはタイガースから右の強打者ハンク・グリーンバーグをトレードで獲得したもののチームの優勝にはつながらなかった。しばらく下位に低迷することが多くなったが、しかし1955年にロベルト・クレメンテ、1956年にはビル・マゼロスキーがメジャーデビューするなど若手選手が充実し、1960年にはダニー・マートーの指揮の元で33年ぶりのリーグ優勝を果たし、ワールドシリーズではミッキー・マントル、ロジャー・マリスの強打コンビとホワイティ・フォード投手の強豪ヤンキースと対戦し、3勝3敗の後の最終第7戦で、9回裏9対9の同点からマゼロスキーがレフトにサヨナラ本塁打を打ち、地元ファンの歓喜の中での劇的な幕切れで3度目のワールドチャンピオンに輝いた。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たジム・リーランド

    ワールドシリーズ制覇5回を誇る名門チームであり、第1回のワールドシリーズにも出場している。チームの黄金時代は1970年代、ロベルト・クレメンテやウィリー・スタージェルといった名選手が揃い、地区優勝6回を果たすなど、圧倒的な強さを誇った。1990年から1992年にはジム・リーランド監督の下、バリー・ボンズらの活躍で地区3連覇を果たしている。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
74件中 1 - 10件表示

「ピッツバーグ・パイレーツ」のニューストピックワード