前へ 1 2 3 4 5 6
60件中 1 - 10件表示
  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たバリー・ボンズ

    ワールドシリーズ制覇5回を誇る名門チームであり、第1回のワールドシリーズにも出場している。チームの黄金時代は1970年代、ロベルト・クレメンテやウィリー・スタージェルといった名選手が揃い、地区優勝6回を果たすなど、圧倒的な強さを誇った。1990年から1992年にはジム・リーランド監督の下、バリー・ボンズらの活躍で地区3連覇を果たしている。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見た高橋尚成

    は、ニューヨーク・ヤンキースからA.J.バーネットを獲得。他にもエリック・ベダードなどFA選手を獲得して戦力アップを図り、さらにシーズン途中の8月24日にはロサンゼルス・エンゼルスより高橋尚成を獲得。しかしチームは9月に7勝21敗と大失速して、人類誕生以来初となる20年連続シーズン負け越しとなった。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たウィリー・スタージェル

    ワールドシリーズ制覇5回を誇る名門チームであり、第1回のワールドシリーズにも出場している。チームの黄金時代は1970年代、ロベルト・クレメンテやウィリー・スタージェルといった名選手が揃い、地区優勝6回を果たすなど、圧倒的な強さを誇った。1990年から1992年にはジム・リーランド監督の下、バリー・ボンズらの活躍で地区3連覇を果たしている。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たロベルト・クレメンテ

    ワールドシリーズ制覇5回を誇る名門チームであり、第1回のワールドシリーズにも出場している。チームの黄金時代は1970年代、ロベルト・クレメンテやウィリー・スタージェルといった名選手が揃い、地区優勝6回を果たすなど、圧倒的な強さを誇った。1990年から1992年にはジム・リーランド監督の下、バリー・ボンズらの活躍で地区3連覇を果たしている。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見た桑田真澄

    、元横浜大洋ホエールズ(現:横浜DeNAベイスターズ)外野手のジム・トレーシーが監督に就任し、更にには桑田真澄投手が所属し、日本のマスコミにおいて話題になったが、2007年限りでトレーシー監督は退団となり、桑田はシーズン開幕前に引退した。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たジム・トレーシー

    、元横浜大洋ホエールズ(現:横浜DeNAベイスターズ)外野手のジム・トレーシーが監督に就任し、更にには桑田真澄投手が所属し、日本のマスコミにおいて話題になったが、2007年限りでトレーシー監督は退団となり、桑田はシーズン開幕前に引退した。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たジム・リーランド

    ワールドシリーズ制覇5回を誇る名門チームであり、第1回のワールドシリーズにも出場している。チームの黄金時代は1970年代、ロベルト・クレメンテやウィリー・スタージェルといった名選手が揃い、地区優勝6回を果たすなど、圧倒的な強さを誇った。1990年から1992年にはジム・リーランド監督の下、バリー・ボンズらの活躍で地区3連覇を果たしている。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たワールドシリーズ

    ワールドシリーズ制覇5回を誇る名門チームであり、第1回のワールドシリーズにも出場している。チームの黄金時代は1970年代、ロベルト・クレメンテやウィリー・スタージェルといった名選手が揃い、地区優勝6回を果たすなど、圧倒的な強さを誇った。1990年から1992年にはジム・リーランド監督の下、バリー・ボンズらの活躍で地区3連覇を果たしている。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たニューヨーク・ヤンキース

    1925年に久々のリーグ優勝を果たすと、ワシントン・セネタース(現:ミネソタ・ツインズ)と対戦、1勝3敗と追い込まれながら、そこから3連勝し、2度目のワールドチャンピオンに輝いた。この頃後に野球殿堂入りする「ビッグ・ポイズン」ことポール・ウェイナーと、「リトル・ポイズン」ことロイド・ウェイナーの兄弟が入団。1927年のワールドシリーズに進出するが、相手はベーブ・ルース、ルー・ゲーリックら、野球史上に残る「マーダーズ・ロウ(殺人打線)」を擁するニューヨーク・ヤンキースだった。当時パイレーツの選手達がヤンキースの打撃練習を見た時点で敗退を確信したというのは有名な話である。パイレーツは4連敗でシリーズを終えたが、ウェイナー兄弟は以後数年にわたってパイレーツを牽引、兄弟二人で計5611本もの安打を放った。これは今なお兄弟の合計安打数のMLB記録である。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たタイ・カッブ

    創設以降、優勝とは縁がなかったが、1900年にルイビル・カーネルズのオーナーだったバーニー・ドレイファスがパイレーツを買収した際、ホーナス・ワグナーを含む14人の選手をカーネルズから獲得して、チーム力を強化。翌1901年にアメリカンリーグが創立され2リーグ制になると、圧倒的な強さでナショナルリーグ3連覇を果たす。1903年、初開催となったワールドシリーズではボストン・アメリカンズ(現:ボストン・レッドソックス)に敗れたが、再びリーグ優勝した1909年にはタイ・カッブを擁するデトロイト・タイガースを下して初のワールドチャンピオンに輝いた。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
60件中 1 - 10件表示

「ピッツバーグ・パイレーツ」のニューストピックワード