60件中 11 - 20件表示
  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たエリック・ベダード

    は、ニューヨーク・ヤンキースからA.J.バーネットを獲得。他にもエリック・ベダードなどFA選手を獲得して戦力アップを図り、さらにシーズン途中の8月24日にはロサンゼルス・エンゼルスより高橋尚成を獲得。しかしチームは9月に7勝21敗と大失速して、人類誕生以来初となる20年連続シーズン負け越しとなった。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たルー・ゲーリック

    1925年に久々のリーグ優勝を果たすと、ワシントン・セネタース(現:ミネソタ・ツインズ)と対戦、1勝3敗と追い込まれながら、そこから3連勝し、2度目のワールドチャンピオンに輝いた。この頃後に野球殿堂入りする「ビッグ・ポイズン」ことポール・ウェイナーと、「リトル・ポイズン」ことロイド・ウェイナーの兄弟が入団。1927年のワールドシリーズに進出するが、相手はベーブ・ルース、ルー・ゲーリックら、野球史上に残る「マーダーズ・ロウ(殺人打線)」を擁するニューヨーク・ヤンキースだった。当時パイレーツの選手達がヤンキースの打撃練習を見た時点で敗退を確信したというのは有名な話である。パイレーツは4連敗でシリーズを終えたが、ウェイナー兄弟は以後数年にわたってパイレーツを牽引、兄弟二人で計5611本もの安打を放った。これは今なお兄弟の合計安打数のMLB記録である。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たビル・マゼロスキー

    戦後、7年連続本塁打王に輝いたラルフ・カイナーが現れたものの、チームは下位に低迷することが多くなった。しかし1955年にロベルト・クレメンテ、1956年にはビル・マゼロスキーがメジャーデビューするなど若手選手が充実。迎えた1960年には33年ぶりのリーグ優勝を果たし、ワールドシリーズ第7戦をマゼロスキーのサヨナラ本塁打で制するという、劇的な幕切れで3度目のワールドチャンピオンに輝いた。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たダニー・マートー

    40 ダニー・マートー (Danny Murtaugh)ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たジャック・デンプシー

    1921年8月5日、フォーブス・フィールドで行われたパイレーツ対フィリーズ戦で、MLB初のラジオ中継が行われている。これを行ったのが地元ピッツバーグに世界最初のラジオ局として創設されたKDKAであり、1ヵ月前の7月2日にはジャック・デンプシー対ジョルジュ・カルパンチェの世界戦の中継や、翌8月6日に全米オープンテニスの中継も行っている。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たラルフ・カイナー

    戦後、7年連続本塁打王に輝いたラルフ・カイナーが現れたものの、チームは下位に低迷することが多くなった。しかし1955年にロベルト・クレメンテ、1956年にはビル・マゼロスキーがメジャーデビューするなど若手選手が充実。迎えた1960年には33年ぶりのリーグ優勝を果たし、ワールドシリーズ第7戦をマゼロスキーのサヨナラ本塁打で制するという、劇的な幕切れで3度目のワールドチャンピオンに輝いた。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たバーニー・ドレイファス

    創設以降、優勝とは縁がなかったが、1900年にルイビル・カーネルズのオーナーだったバーニー・ドレイファスがパイレーツを買収した際、ホーナス・ワグナーを含む14人の選手をカーネルズから獲得して、チーム力を強化。翌1901年にアメリカンリーグが創立され2リーグ制になると、圧倒的な強さでナショナルリーグ3連覇を果たす。1903年、初開催となったワールドシリーズではボストン・アメリカンズ(現:ボストン・レッドソックス)に敗れたが、再びリーグ優勝した1909年にはタイ・カッブを擁するデトロイト・タイガースを下して初のワールドチャンピオンに輝いた。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たボビー・ボニーヤ

    1980年代に入るとチームの勢いも衰え、優勝から遠のいたものの、1986年に名将ジム・リーランドが監督に就任すると、同年には超大型ルーキーであるバリー・ボンズが入団。ボンズとボビー・ボニーヤの「B-Bキャノン」、アンディ・バンスライクら外野陣トリオの活躍で1990年から1992年にかけて地区3連覇を達成した。1992年限りでボンズが地元サンフランシスコ・ジャイアンツに移籍すると、再びチームも低迷、その後20シーズン連続で負け越しが続いている。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たロイド・ウェイナー

    1925年に久々のリーグ優勝を果たすと、ワシントン・セネタース(現:ミネソタ・ツインズ)と対戦、1勝3敗と追い込まれながら、そこから3連勝し、2度目のワールドチャンピオンに輝いた。この頃後に野球殿堂入りする「ビッグ・ポイズン」ことポール・ウェイナーと、「リトル・ポイズン」ことロイド・ウェイナーの兄弟が入団。1927年のワールドシリーズに進出するが、相手はベーブ・ルース、ルー・ゲーリックら、野球史上に残る「マーダーズ・ロウ(殺人打線)」を擁するニューヨーク・ヤンキースだった。当時パイレーツの選手達がヤンキースの打撃練習を見た時点で敗退を確信したというのは有名な話である。パイレーツは4連敗でシリーズを終えたが、ウェイナー兄弟は以後数年にわたってパイレーツを牽引、兄弟二人で計5611本もの安打を放った。これは今なお兄弟の合計安打数のMLB記録である。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たルー・バイアーバウアー

    1882年にナショナルリーグに対抗するリーグとしてアメリカン・アソシエーションが設立される際、リーグ設立メンバーの一人デニー・マックナイトが、このリーグに参加するため1881年10月に創設した「アレゲニー・ベースボール・クラブ」が球団の始まりである。球団名はピッツバーグ近郊に流れる河川(アレゲニー川)からとったものだった。創設者のマックナイトは当初アメリカン・アソシエーションの代表を務めていたが、他球団の契約を無視した強引な選手の引き抜きなどが理由で1886年にリーグから追放処分を受けた。チームはオーナーの交代を機に1887年にナショナルリーグに鞍替えし、1891年には「パイレーツ」と改名する。これは1890年のプレイヤーズ・リーグの創設と解散の混乱に乗じ、当時のフィラデルフィア・アスレチックスの二塁手だったルー・バイアーバウアーと、ワシントン・ナショナルズの捕手だったコニー・マックをこっそり引き抜いたことで、相手側から「盗人行為」と批判を受け、それを当時のオーナーウィリアム・A・ニミックが開き直って、自らをパイレーツ(=海賊行為者・略奪者という意味)と名乗ったのが始まりで、今日に至るという。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

60件中 11 - 20件表示

「ピッツバーグ・パイレーツ」のニューストピックワード