74件中 31 - 40件表示
  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たルー・ゲーリッグ

    そして16年後の1925年に久々のリーグ優勝を果たすと、ワールド・シリーズで大投手ウォルター・ジョンソンを擁するワシントン・セネタース(現:ミネソタ・ツインズ)と対戦、1勝3敗と追い込まれながら、そこから3連勝し、2度目のワールドチャンピオンに輝いた。この頃後に野球殿堂入りする「ビッグ・ポイズン」ことポール・ウェイナーと、「リトル・ポイズン」ことロイド・ウェイナーの兄弟が入団。1927年のワールドシリーズに進出するが、相手はこの年60本の本塁打記録を樹立したベーブ・ルース、ルー・ゲーリッグら、野球史上に残る「マーダーズ・ロウ(殺人打線)」を擁する史上最強と言われたニューヨーク・ヤンキースだった。当時パイレーツの選手達がヤンキースの打撃練習を見た時点で敗退を確信したというのは有名な話である。パイレーツは4連敗でシリーズを終えたが、ウェイナー兄弟は以後数年にわたってパイレーツを牽引、兄弟二人で計5611本もの安打を放った。これは今なお兄弟の合計安打数のMLB記録である。しかしパイレーツはここから長い期間リーグ優勝から遠ざかった。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たラビット・モランビル

    ラビット・モランビル (Rabbit Maranville)ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たアンディ・バンスライク

    1980年代に入るとチームの勢いも衰え、優勝から遠のいた。にピッツバーグ薬物裁判に関連して主にパイレーツの選手がコカインの密売に関与したとされる疑惑が発覚した。1986年に名将ジム・リーランドが監督に就任すると、同年には超大型ルーキーであるバリー・ボンズが入団。ボンズとボビー・ボニーヤの「B-Bキャノン」、アンディ・バンスライクら外野陣トリオの活躍で1990年から1992年にかけて地区3連覇を達成した。1992年限りでボンズが地元サンフランシスコ・ジャイアンツに移籍すると、再びチームも低迷。その後2012年まで、20シーズン連続で負け越しが続いた。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たフレディ・リンドストロム

    フレディ・リンドストロム (Freddie Lindstrom)ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たデーブ・パーカー

    その後チームは低迷、マートー監督も健康上の問題から監督を退いていたが、1969年に復帰するとチームは再び快進撃を始める。マートーが指揮したパイレーツは、アフリカ系アメリカ人や中南米出身の選手が多く在籍して「ザ・ファミリー」と称される強い結束を誇り、地区優勝6回など黄金時代を築いた。1970年代にはウィリー・スタージェルが登場、1971年にはクレメンテの活躍により4度目のワールドシリーズ制覇を成し遂げるが、翌1972年に飛行機事故でクレメンテを失う悲劇に見舞われた。その後地区優勝は果たすもプレーオフで敗退を重ね、ワールドシリーズからは遠のいていたが、1975年にクレメンテの後継としてデーブ・パーカーがメジャーに定着。のヒット曲「」をテーマ曲にした1979年は、スタージェルとパーカー、抑えのケント・テカルヴらの活躍により5度目のワールドチャンピオンに輝いた。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たA.J.バーネット

    は、ニューヨーク・ヤンキースからA\.J\.バーネットを獲得。他にもエリック・ベダードなどFA選手を獲得して戦力アップを図り、さらにシーズン途中の8月24日にはロサンゼルス・エンゼルスより高橋尚成を獲得。しかしチームは9月に7勝21敗と大失速して、アメリカプロスポーツ史上初となる20年連続シーズン負け越しとなった。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たシカゴ・カブス

    は、弱点だった捕手にニューヨーク・ヤンキースからFAでラッセル・マーティンを獲得するなど効果的な補強を行い、シーズン途中の8月27日にはニューヨーク・メッツからマーロン・バードを、8月31日にはミネソタ・ツインズからジャスティン・モーノーをそれぞれフラッグシップ・ディールで獲得。9月9日のテキサス・レンジャーズ戦に勝利しシーズン82勝目を挙げ、連続シーズン負け越しのワースト記録を20年でストップさせると、9月23日のシカゴ・カブス戦に勝利し、ワイルドカードで21年ぶりのポストシーズン進出を決めた。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たトレード

    は、弱点だった捕手にニューヨーク・ヤンキースからFAでラッセル・マーティンを獲得するなど効果的な補強を行い、シーズン途中の8月27日にはニューヨーク・メッツからマーロン・バードを、8月31日にはミネソタ・ツインズからジャスティン・モーノーをそれぞれフラッグシップ・ディールで獲得。9月9日のテキサス・レンジャーズ戦に勝利しシーズン82勝目を挙げ、連続シーズン負け越しのワースト記録を20年でストップさせると、9月23日のシカゴ・カブス戦に勝利し、ワイルドカードで21年ぶりのポストシーズン進出を決めた。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たボストン・レッドソックス

    創設以降、優勝とは縁がなかったが、1900年にルイビル・カーネルズのオーナーだったバーニー・ドレイファスがパイレーツを買収した際、ホーナス・ワグナーを含む14人の選手をカーネルズから獲得して、チーム力を強化。翌1901年から1903年にかけて圧倒的な強さでナショナルリーグ3連覇を果たす。1901年にアメリカンリーグが創立され2リーグ制になり、1903年に両リーグの覇者同士で世界一決定戦としてワールドシリーズを行うこととなり、1903年、初めて開催されたワールドシリーズでは史上最多勝利の511勝を挙げたサイ・ヤング投手を擁するボストン・アメリカンズ(現:ボストン・レッドソックス)に敗れたが、再びリーグ優勝した1909年にはタイ・カッブを擁するデトロイト・タイガースを下して初のワールドチャンピオンに輝いた。この20世紀の最初の10年間でナショナル・リーグを4回優勝し、ワールド・シリーズも1回優勝するなど初期の名門チームであったが、1910年代以降は低迷した。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピッツバーグ・パイレーツ

    ピッツバーグ・パイレーツから見たセントルイス・カージナルス

    は、7月には一時的ながらナショナルリーグ中地区首位に立ったが、7月26日から8月8日にかけて喫した10連敗が響き、9月14日のセントルイス・カージナルス戦に負けた事で、19年連続のシーズン負け越しが決まった。ピッツバーグ・パイレーツ フレッシュアイペディアより)

74件中 31 - 40件表示

「ピッツバーグ・パイレーツ」のニューストピックワード