前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示
  • あいちクローバー

    あいちクローバーから見たピンクリボンピンクリボン

    2009年11月 - ピンクリボン活動に協力開始あいちクローバー フレッシュアイペディアより)

  • スタージュエリー

    スタージュエリーから見たピンクリボンピンクリボン

    ●2010年- ピンクリボン運動の支援をスタート。毎年10月のピンクリボン月間には店頭での活動と、日本対がん協会ほほえみ基金への寄付を続けている。スタージュエリー フレッシュアイペディアより)

  • 大野 靖之

    大野靖之から見たピンクリボンピンクリボン

    900回を超える学校ライブ以外にも、2005年9月11日にニッポン放送主催の青山梅窓院でのコンサートをはじめ、ピンクリボンフェスティバルや青山劇場、グローリアチャペル・キリスト品川教会、TOKYO FMホール、赤坂BLITZ等でもコンサートをひらいている。なお、ライブ活動としては学校関係が多くを占めている。大野靖之 フレッシュアイペディアより)

  • 東京タワー

    東京タワーから見たピンクリボンピンクリボン

    過去に「乳がん撲滅キャンペーン(ピンクリボンデー)」で桃色、映画『マトリックス・リローデッド』のプロモーションやアイルランドと日本の外交関係50周年の記念として緑色、地上デジタル放送のプロモーションや世界糖尿病デーで青色のライトアップになったこともある。東京タワー フレッシュアイペディアより)

  • アグネス・チャン

    アグネス・チャンから見たピンクリボンピンクリボン

    1972年、代表曲の一つである「ひなげしの花」で、日本での歌手デビューを果たす。高く澄んだ歌声と愛くるしいルックス、たどたどしいが一生懸命日本語で歌う姿が受けて、一躍人気アイドルとなった。日本ではその後も「草原の輝き」、「小さな恋の物語」、「星に願いを」、「ポケットいっぱいの秘密」、「愛の迷い子」、「恋人たちの午後」「白いくつ下は似合わない」、香港における「The Circle Game」「香港香港」、「雨中のカーネション」などヒット曲は多く、台湾やアメリカ合衆国などでも音楽活動を行っている。歌手としての活躍のほか、1998年には初代日本ユニセフ協会大使に就任。2016年には、ユニセフ・アジア親善大使にするなど、ボランティアやチャリティーなどを通じた社会奉仕や貧困や平和についての発言でも知られている。近年ではピンクリボン運動への参加や、香港浸会大学の客員教授やニュージーランドの高校の学園長などとしての教育活動も行っている。アグネス・チャン フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・リボン活動

    ピンク・リボン活動から見たピンクリボンピンクリボン

    ピンク・リボン活動 フレッシュアイペディアより)

  • ピンクリボン運動

    ピンクリボン運動から見たピンクリボンピンクリボン

    ピンクリボン運動 フレッシュアイペディアより)

  • 大原まゆ

    大原まゆから見たピンクリボンピンクリボン

    2006年6月、乳がんが再発するものの、乳がんの撲滅に向け活動を行っていた。大原まゆ フレッシュアイペディアより)

  • 松浦雅子

    松浦雅子から見たピンクリボンピンクリボン

    作風は、CMディレクター出身ならではの、スタイリッシュな映像と、細やかな女性心理の描写で知られる。近年は、ピンクリボン活動を始め、映画「MAYU?ココロの星」では、乳がんと闘う実在の女性をモデルに映画の脚本・監督を務め、全国を上映・講演で回る。松浦雅子 フレッシュアイペディアより)

  • 竹本克明

    竹本克明から見たピンクリボンピンクリボン

    1960年、岡山県に生まれる。東北新社にて、CMの演出を多数務めて後映画製作に携わるようになる。東北新社を退社後、ギャガ・コミュニケーションズ、GDHを経て、2011年に株式会社ヴァンブックを設立。『鮫肌男と桃尻女』など音楽系や先鋭的な作品を多数手がけているため、アート系のプロデューサーと思われがちだが、『バトルロワイヤル』のような大作から、ピンクリボンと連動した『Mayu-ココロの星-』や、地方発信の企画として一大ブームを巻き起こした『佐賀のがばいばあちゃん』のプロデュースにも参加するなど、その映画センスは新しいジャンルを開拓している。竹本克明 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示

「ピンクリボン」のニューストピックワード